2019年11月15日

いちにぃさん 蒸しとうふセット (銀座)

焼魚と迷ったが、湯気を求めてやって来たのは、インズに入るいちにぃさん。そばつゆで頂く黒豚しゃぶしゃぶが名物で、ランチメニューの黒豚ねぎしゃぶが好きな店。一方で、せいろで黒豚や野菜のせいろ蒸しがランチタイムには人気で、今日の目当てもそれ。

黒豚が入るもの、野菜や豆腐がメインのものと3種類あって、ここ最近は、決まって蒸しとうふのセットだ(890円)。

せいろの半分ほどに豆腐、その向こうには野菜や茸とバランスばっちり。付いているポン酢を熱々の豆腐にチョンと漬けて、火傷しないように、ハフハフと食べるのが好き。それに甘い玉子焼き。小さい頃に母が作ってくれていた玉子焼きは甘くて、いつもそれを思い出す。そして、大きな器にたっぷりと装われる豚汁付きというのも好い。

いつも賑わっている店だが、今日はいつも以上の賑わい。冬を予感させる空気の冷たさに、同じように、湯気を求めてきた方が多いのだろうか。咳をしている人も増えてきた今日この頃、どうぞ皆様ご自愛下さい。

*写真は後程追加
【お店情報】
いちにぃさん 銀座店 銀座西3-1 銀座インズB1 地図

| | コメント (0)

2019年11月14日

銀座スイス カキフライ (銀座)

R0009350001

銀座スイスでカキフライ。洋食のカキフライで好きなところの一つだ。先日前を通りがかったとき、カキフライのメニューが出ていることを見つけて、それで。海老フライとのセットなどもあるが、お願いするのは、決まってカキフライの5つ付(1,600円)。お馴染みのあさりとベーコンのポタージュに続いて、ほどなく揚げ立て熱々のカキフライが届けられる。

こんもりと立体的に盛り付けられたカキフライ。高温でカラリと揚げられ、目にも、香りも食欲を誘うキツネ色。ナイフを入れると、牡蠣のエキスがじゅるりと溢れる。断面を見れば、幾つかを纏めて揚げてある様子。好きなところは、口にしたときの牡蠣の瑞々しさと透明感。それに、衣の芳ばしさや食感、香りが、いいアクセント。レモンやタルタルも好いが、そのまま頂くのが一番特長が分かって好きだ。

カキフライの周りを彩る付け合わせのサラダのドレッシングの品の良さや、トマト味のペンネに浅利が混じっていたりするところも、グッと来る。

帰り道、煉瓦亭の前を通れば、こちらにも「カキフライ、カキバター焼き、始めました」という貼り紙。寒さと共に、牡蠣の季節も本格始動。

【お店情報】
銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (0)

2019年11月13日

母さんの台所 昼定食 (銀座)

R0009343001jpg

焼いた魚の和定食。そして、小鉢が幾つかあるといいのだが。そういうとき、思い浮かぶ店の一つがここ。母さんの台所。定食屋や居酒屋ではなく、クラブのような内装の店。けれども、ここの20食限定の昼定食(1,000円)がとても好い。

魚が3~5種類、肉は生姜焼き。それに小鉢が並べられた膳が付く。お母さんが「今日は秋刀魚がありますよ」と云ってくれたが、今日は鮭。こちらも秋だ。注文が入ってから焼いてくれる鮭は、大振りで存分に脂も乗ったもの。ご飯が止まらなくなる飯泥棒。

小鉢は、昆布の煮物に玉子焼き。鶏手羽と大根煮、しらたき炒めに、雑魚と青菜。それにサラダ。居合わせた初めていらっしゃった方から、「わぁ~、すごい」と声が上がって、「そうでしょう」と心の中でニヤニヤ。自慢したくなるランチ。

飲食店など入っているようには見えない、素っ気ないビルの1階。一見入りにくく見えるが、いざ入ってみると、不思議とアットホームで、大満足のランチが頂けるお気に入り。

【お店情報】
母さんの台所 銀座7-5-16 地図

| | コメント (0)

2019年11月12日

ドブロ 若鶏のコンフィ (京橋)


Img_20191112_120922001_20191113075701

ふと或る店の女将さんのことを思い出して、昼に寄ってみようと思ったが、昼も夜も人気店。今日も12時前だというのに遠くからでも店前に並んでいる人の列が見える。半ば予想はしていたが、やっぱりかぁとちょっと残念。そして、問題はどうするかだ。この辺りは、京橋にお勤めの方でいい店はどこも一杯。

ドブロはどうだろう。こちらも人気の店だが客席数が多め。訪ねてみると、お一人ならばと席に案内してくれた。滑り込みセーフ。

クロアチア料理店だが、ランチタイムは、ボリューム満点の洋風メニューがズラリと並ぶ。メカジキのステーキや、鮪のレアカツ&エビフライ、サーモンソテー。そう云えば、魚ばかり頂いてきたなと思って、今日は若鶏のコンフィ(1,000円)。基本は1本だが、2本、3本というオーダーも可能。「1本で大丈夫ですか?」と心配気に聞かれたのは、気のせいだったことにしたい。

さて、やって来た若鶏のコンフィ。ナイフを入れると、サクッという音として、中から湯気がふわっと上がる。あゝ、これはいい香りだ。堪らず口にすると、その熱さでハフッとなる。皮目はサクサクで、身はしっとりとしてホロホロ、ジューシー。店の方が「冷めないうちにお召し上がり下さい」とニッコリと言い残していった訳がよく分かる。熱が落ち着いてからも旨いが、出来立ては格別だ。

ランチメニューは、魚料理が5種類、肉料理が4種類。まだまだ食べたいものがある。そして、一人ビールからの白ワインを召し上がっていた方が羨ましいくて仕方ない。

【お店情報】
ドブロ 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2019年11月11日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0009340001

今朝から、どうしても、この玉子サンドが食べたかったんだ。はまの屋パーラーの、愛しの玉子サンドゥイッチ。けれども人気店。振られることも多いが、今日は不思議と行ける気がしていたんだ。来てみると、案の定行列もないし、店の中に入ってみると、半分ほどしかテーブルが埋まっていなくて、「お好きなところへどうぞ」という状態。

店の方は若い方ばかりではなく、人生の先輩が必ずいらっしゃるのが面白いところ。店の雰囲気にとても合うし、どこか懐かしい感じがするところが好い。今日注文を聞いてくれた方も、落ち着きと明るさがあって、とても気持ちがいい。

注文が混み合っていない分、サンドイッチが届くのも、いつもより幾分早い気がする。トーストして色がついたものと、白いままのものが半分ずつ(コーヒーセット:1,000円)。半分だけトーストしてもらうのが、最近のお気に入り。トーストした方は、パンのカサカサとした食感や香ばしい香りと存在感たっぷりの玉子のコントラスト。そのままのほうは、ふんわりと柔らかいパンが玉子と一緒に溶けていく感じが好きだ。両方愉しめるというのが、本当に好い。

12時を過ぎても、外には行列がなく、のんびりモード。いつもより少しだけゆっくりと寛いでいく。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町店 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0)

«Swing Stomp Sway (高円寺)