2018年9月21日

妻家房 スンドゥブチゲ (有楽町)

R0004941001

昨晩の雨から急に気温が下がったし、今日も引き続きの雨。自然と温まるものが欲しくなる。豚汁か、はたまたチゲか。ソルロンタンは先日食べたから、ユッケジャンでもいいなぁ――なんて思い浮かべる。今日は辛いの。スンドゥブチゲだな。

 

それでやって来たのが妻家房。昼時は、行列のできる繁盛店だが、駆け足でやってくれば、よかった。席は空いている。お茶を持ってきてくれたその場で、目当てのスンドゥブチゲ(1,280)を注文して、後は、やってくるのを待つばかり。

 

スンドゥブチゲの最初の醍醐味は、グツグツと湧きたってやって来る見た目と立ち上る湯気、香り。それだけで、お腹がグッとなりそうだ。特別「海鮮入り」とは書いていないが、アサリに烏賊、帆立などがふんだんに入る。

 

大好物の玉子は、最後のほうまで取っておいて、8割くらいに火が入るまで待つのが自分流。ご飯を少し入れて、黄身をたっぷりと絡ませて食べるのが好きだ。これを食べずして、スンドゥブチゲを食べた気にはならないくらいに。

 

セットとしてキムチにコリッとした食感のチャンジャ、たっぷりと付く韓国のりが嬉しい。帰る頃には、今日も満席。大盛況。

 

【お店情報】

妻家房 有楽町イトシア店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日

BEEF UP TOKYO カットステーキ (京橋)

R0004933001

カオソイが食べたくて、久しぶりのタイ料理屋に向かったが、来ない間にメニューが随分と変わっていて、カオソイは無くなってしまったらしい。それで、ここまで来たならばと足を向けたのがBEEF UP TOKYO。前に頂いたラムステーキをもう一度と思ってのこと。

 

こういう日もあるもので、ラムステーキもメニューから姿を消している。代わりにサラダにステーキが乗ったステーキハウスサラダや、ステーキ重などが並んでいる。そうだなぁ、前に悩んだ300gのジャンボステーキにも惹かれるが、今日はカットステーキを(150g1,200)

 

スープとサラダが届いて暫くすると、ジューッという食欲を刺激する音と肉の香り。その後に続いては視覚への刺激。ステーキが鉄板で音を立てて運ばれてくる姿は、幾つになってもワクワクするというものだ。肉はサガリで、柔らかく脂は軽くてあっさり。故にぺろり。

 

右も左も、ジャンボステーキにソースをつけて、大盛ライスにバウンドさせながらモリモリと頬張る若者。頼もしい。

 

【お店情報】

BEEF UP TOKYO 京橋3-6-18 東京建物京橋ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日

保志乃 鯖一夜干しセット (銀座)

R0004924001

今日は焼き魚だと決めていた。けれども、問題はどこで何を頂くかだ。干物もあれば、西京焼きも好いし、それぞれを出す店も幾つかあるから悩ましい。

 

こういうときは、少々信号に運をまかせて、渡れないからこっちの道にと進んだ結果、晴海通りまでやって来た。ここまで来たなら、あそこだ、保志乃。十数種類の魚系のランチが揃う店。

 

でも、ちょっといわたも気になる。今日のお好み定食がアジフライだったら悩むなぁなんて、一応店先に出ているメニューを確認。どうやら今日のフライは、メンチカツとイカフライ。メンチは旨いし、イカフライは頂いたことがないから気にはなるが、初志貫徹で焼き魚だと舞い戻る。

 

さて、店は決まったが、何を頂くかだ。西京焼きに、季節ものとして秋刀魚の塩焼き。それに鯖の一夜干しに、ぎんだら照り焼。うーん、悩ましいが、ここは鯖一夜干だ(1,080)。理由の一つは、刺身がセットになっていること。季節の刺身が2種類ほど。今日は鯵のタタキに戻り鰹。メイン料理ではないのに、この揃えが好ましい。

 

それに一夜干しは、香りだけでもう旨い。色良く焼けた皮に箸を入れると、ふっかりした身。程よくのった脂と香りがご飯を呼ぶというやつだ。これに小鉢(今日はひじきの煮物)にふりかけ付き。


定食類ならこれで最高値というのは魅力的だし、料理の提供が早いというのも、仕事合間のランチには打って付け。そんなわけで、一人で、グループでと近くに勤めるサラリーマンで、今日も賑わっている。

 

【お店情報】

吟漁亭 保志乃 銀座7-4-14 光ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日

バルピノーロ トンテキ定食 (銀座)

R0004916001

何時だったが。昼餉をとった後、銀座ファイブを通って職場まで戻る途中、トンテキという文字とやけに迫力のある写真が目に留まった。たしか、ここはイタリアンバルではなかったか。調べてみると、リニューアルをして、ランチタイムには、トンテキや重量系のナポリタンをウリにしているらしい。

 

周りを見てみると、実際出るのも、トンテキ(950)とナポリタン。ナポリタンやミートソースは300g400g、カレーwithナポなんてのは600gオーバーだそう。やはり男性客が多いが、女性の姿もあって頼もしい。

 

トンテキは、熱々のスキレットでジュージューとやって来る。こちらも中々立派な大きさで、たっぷり200g。それにこちらもたっぷりと添えられた千切りキャベツ。甘みの利いたタレで、白いご飯をすすめるやつ。味噌汁と漬物がセット。

 

銀座ファイブも、長くある店もあるが、閉店する店も数多い。好きなところ、気になるところは、できるだけ足を運びたいと改めて思う。

 

【お店情報】

バルピノーロ銀座 銀座5-1 銀座ファイブB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日

赤津庄兵衛 (荻窪)

R0004216001

佳き肴と酒と、好き人と

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«EIKO ソルロンタン (銀座)