2021年5月 7日

阿波や壱兆 きのこの出汁カレー温麺 (阿佐ヶ谷)

R0015483001

昼休み中にやっておきたいことがあって、サッと食べられるところと、阿波や壱兆に来る。好物の半田そうめんの専門店。そうめんと出汁のシンプルなものから、様々な味が愉しめるアレンジメニューが揃っているところも魅力だ。

前回は、定番的な田舎ぶっかけを頂いたが、今日はアレンジ系を頂こうとメニューを捲る。豆乳を使ったもの、カレー系、鯖缶を使ったトマト味のつけ麺など、どんなのだろうと興味をそそられるものが勢揃い。今日は中から、きのこの出汁カレー温麺を。

「お待たせしました」と運ばれてきた途端に、マスク越しにも届くカレーの香り。あゝ、これは堪らない。先ずはカレーを一口とレンゲで啜ると、カレーライスのカレーとも、蕎麦屋のカレーとも違う、出汁の効いた和風のカレー。それに想像以上のスパイス感。なるほど香り高いはずだ。

そして、そうめんを持ち上げると、しめじと挽肉が絡まって、ズズッとすすれば、つるつるでモチモチの存在感と旨味、香りで口いっぱい。やっぱりこの食感好きだ。最後は残ったカレーにご飯を入れて食べきりたいくらいに大満足。

今後来るころは、すだちそうめんが美味しい季節だろうか。まだまだ食べてみたいメニューが沢山。たのしみだ。

【お店情報】
阿波や壱兆 バイパス店 阿佐谷南3-2-3 ローレルビル 1F 地図

| | コメント (0)

2021年5月 6日

ツバキ亭 ハンバークステーキ (荻窪)

R0015444002_20210506193601

今日は味噌汁だ。そうとすると、先ず思い浮かぶのが和食だが、味噌汁が合う洋食というのも好いじゃないか。それならば、先日伺って、接客ぶりに感心したツバキ亭なんてどうだろう。宿題にしているハンバーグステーキを、今日は目当てに。

12時を過ぎると、行列が出来る人気店。12時前に到着したところ、今日も中々の繁盛ぶり。一人と告げると、カウンター席を案内してくれた。前回は、日替わりのカキフライについつい浮気してしまったが、今日は初志貫徹でハンバーグステーキ。

カウンターの愉しいところは、目の前で調理される様子を見ることができるところ。ハンバーグステーキなら、パンパンとタネを叩いて成形し、焼いている。一方で、今日の日替わりというチキンカツの大きいこと。大きさも厚さも手のひら以上。

そうこうしていると、「お待たせしました~」とハンバーグが届く。いかにも、ハンバーグステーキらしい焼き色と、たっぷりと敷かれた赤味のあるソースが印象的。しっかりした焼き色に硬派に見えるが、口にすると挽肉がほろりとほどけるよう。流行りに肉汁たっぷりではなく、よく練られた柔らかさというところが好い。

それに、このソース。添えられたスパゲティーに絶対合うと思っていたが想像以上。仄かな酸味は、山盛りキャベツにも合うし、味噌汁ともよく合う。そして、忙しい中でも、快活で気持ちの良い接客は見事。しょうが焼きも気になるし、近くまた。

【お店情報】
ツバキ亭 上荻1-6-12 2F 地図

| | コメント (0)

2021年4月30日

翠海 本格四川マーボー豆腐 (阿佐ヶ谷)

R0015316001

中華な気分で、翠海へ行こうと思いつく。茄子を使った炒め物や、イカの炒め物なんかがあるとうれしいなと思って来たが、生憎、今週の週替わりにはない模様。そうとすると、お願いするのは、定番の麻婆豆腐だ。

前身の店の時代から、麻婆豆腐や担々麺が、この店の名物の一つ。初めて注文するだろう方には、「うちのは辛いけど大丈夫?」と声がかかるのがお決まり。そう、唐辛子の唐さもあるが、山椒がガツンと聞いた痺れ系の辛さが魅力。

テーブルに届いた途端に、鼻を擽る山椒の香り。いざ口にすると、確かに痺れが来るが、ただ痺れるだけではなく、広がるコクや旨み、香り。豆腐のツルツル、挽肉のゴロゴロという鮮やかな食感。五感が呼び覚まされる感じ。ご飯、スープ、副菜、ザーサイがセット。

いつもなら、休日の昼間にグランドメニューでゆっくりと飲みに来る店。いつもはニコニコと明るい女将さんも、「お酒が提供できなくなっちゃって…」と寂しそう。GW中にテイクアウトでもしに来ますかね。

【お店情報】
翠海 阿佐谷北2-13-2 阿佐谷北口駅前ビル(パサージュ)2F 地図

| | コメント (0)

2021年4月28日

せんなり スンドゥブチゲ定食 (高円寺)

R0015285001

昨日ユッケジャンが食べられなかったのが、尾を引いていて、今日こそは辛い汁物と、向かうは高円寺にあるせんなり。新高円寺駅近くの焼肉店。焼肉の他、ユッケジャンやコムタンスープ、スンドゥブチゲなども並ぶ。昨日食べられなかったのはユッケジャンだが、ここでは何故かスンドゥブのほうが好みで、今日もスンドゥブチゲ(900円)をお願いする。

「熱くなってますから、気をつけて下さいね」とやって来たチゲは、本当にグツグツと湯気を立て沸きながら届く。豆腐や玉子、浅利の他、小さいながらも豚肉に海老、貝柱などが入って具沢山。玉子の具合も完璧で、最後まで半熟。ご飯と混ぜて、玉子たっぷりのおじやにして食べるのが、いつもの愉しみ。

チゲの他、盛りのいいサラダに、3種類の日替わりおかず、ご飯の他に、韓国風の海苔巻きまでがセットという大盤振る舞い。焼肉店らしく、半個室的な大きいテーブルを一人占め、換気もばっちりというのもありがたい。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2021年4月27日

おにぎりのさんかく山 香味だれの豚しゃぶサラダ (荻窪)

R0015271001

新たなユッケジャン探訪に向かったところ、ちょうど満席になってしまったようで、「もう少しお時間がかかりそう」との案内に、「また今度来ます」と告げて、回れ右。時刻は、12時少し前。さんかく山のオープン時間にぴったりじゃないかと思い出す。

握りたてのほかほかおにぎりと、野菜たっぷりのけんちん汁のセットがすっかり気にいってしまったおにぎりのさんかく山。けんちん汁もいいが、レンコンのはさみ揚げや、アジフライ、チキン南蛮など、その他の定食も美味しそうで、今日はそういう定食を食べてみようと考える。

好物の生姜焼きも気になったが、お願いしたのは、豚しゃぶサラダ。時々食べたくなるが、定番としてメニューに置いてある店があまり知らない。

「お待たせしました~」と届いた定食は、盛り沢山。おにぎり2つに味噌汁、メインの豚しゃぶに3種類の小鉢、漬物がずらりと並ぶ。豚しゃぶも中々立派で彩り豊か。たくさん野菜と食べてほしいという店のコンセプトもあり、野菜もたっぷりだが、豚肉も負けず劣らずたっぷりと。しかも、しっとりとやわらかくて、口当たりがとても好い。香味ダレもさっぱりとして、これは絶対夏バテ知らず。ほんのり甘い玉子焼きが一切れ付くというのも、ちょっとうれしい。

おにぎりは、好物の鮭と昆布佃煮。注文が入ってから握ってくれるから、温かくて、海苔もパリッとしたところと、しっとりしたところがある好みのタイプ。それに、海苔が全面に巻いてあるのも、好きなところ。米のほどけ具合、塩加減もとても好い。

食後には甘味付き。今日はバニラアイス。アイスクリームの日は、食べ終わると頃合いを見て、出してくれるところも気が利いている。そして、これで800円というのだから、本当に素敵だ。けんちん汁の定食もいいが、おかずの定食も好い。ちなみに定食の味噌汁は、+100円でけんちん汁に変更可。健康的な定食に、豊富なバリエーション。大好きだ。

【お店情報】
おにぎりのさんかく山 荻窪5-29-9 地図

| | コメント (0)

«燗酒屋 鰯の梅煮定食 (阿佐ヶ谷)