2018年8月15日

ラ・コクシネル 豚バラ肉のコンフィ (京橋)

R0004622001_2

今朝、出勤前に厚切りの豚肉を見てしまったから、気分はすっかり厚切りの豚肉。そういうとき、思い出す店の一つが、ラ・コクシネルだ。大抵、ボリュームのある肉料理が並んでいて、豚肉料理が並んでいることも多い。問題は、入れるかどうかだ。テラス側から覗いてみると、僅かだが空席がありそうだ。

 

今日のランチ(1,250円)は、豚ロースのポワレに、メカジキのソテー、豚バラ肉のコンフィの3択。うーん、これは難問だ。魚も珍しいから気になるけれども、昨日は昼も夜も魚だったし。予定どおり、厚みのある豚肉から考えると、豚バラ肉のコンフィだな。

 

それで、届いたのは期待どおりの厚みのある肉。周りは香ばしく焼いてあるが、コンフィされた豚肉はしっとり柔らか。脂の部分なんてトロトロで堪らない。それに程良くピリリ利くマスタードソースがとても好い。


そして、いつも愉しみなのが、周りを彩る野菜たち。夏らしい万願寺どうがらしや、立派なトマトも添えられている。それぞれ色どりだけでなく、香りも味も濃くて、次はどれを食べようかとワクワクするのだ。

 

食後には、今日は2種類のケーキと珈琲を。伺ったときにはまだ少し余裕のあった店内も、テラス席まで満席と、変わらぬ繁盛ぶり。いつも気持ちよく、美味しい。伺うたびに、大好きだと思う店。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日

京すし 煮魚膳 (京橋)

R0004621001

盆の期間なら入れるんじゃないかと、今日は、京すしを目指す。前に伺おうとしたところ、行列が出来ていて、諦めたところ。もしかしたら、夏休みかもしれないなぁとやって来たら、ありがたいことに営業中。しかも、明日から19日まで夏休みだそうだ。滑り込みセーフ。

 

今日こそはの目当ては、どんぶりではなく、焼魚膳か煮魚膳(1,400)。煮魚は鰈、焼魚は週替わりとあって悩んだが、鰈は好きだし、焼魚の方が食べる機会が多いからと、煮魚膳を貰う。

 

届いたものを見て思わずニッコリ。厚みのある立派な鰈だこと。むっちりとした皮とふっかりとした身に、煮汁に身をつけ、葱を乗せて口にすると、ふわりとほどけて、程好く品の良い味付けがじんわり。これは好いもんだ。それに、刺身に玉子焼き、しらすおろしに香の物。美味しいご飯に蜆の味噌汁付き。少々贅沢だが、大満足だ。

 

丼も大好きだし、焼魚も気になるが、この煮魚を知ると、次悩むなぁ。

 

【お店情報】

京すし 京橋2-2-1 京橋エドグラン1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0004613003

最近、やって来ては行列が出来ていて、振られてばかりのはまの屋パーラー。ランチタイムに入るのは、もう無理かもしれないと、半ば諦め気味になってはいるが、朝の電車の空き具合に、もしかしたら、今日なら入れるんじゃないかと思い立つ。

 

店の夏休みもチェックをすれば、去る1112日が休みで、今日から営業しているという。けれども、夏休みで東京に遊びに来てなんていう人もいるかもしれないしなぁなんて、過度な期待はしないようにやって来ると、「お好きなところにどうぞ」という具合。あゝ、久しぶりだ。

 

注文はもう決まっている。玉子・サンドゥイッチを半分はトーストで、半分はそのままで(コーヒー付き900円)。

 

交互に食べてみると、特長が良く分かる。トーストなら、焼いたからこその香ばしさに、カサカサとしたパンと玉子の食感の面白さ。そのままならば、指が沈むほどに柔らかいパンから、直接焼き立ての玉子の温かみがジンワリ届き、パンと柔らかい玉子が同じように口溶けるところ。特に、今日は玉子に柔らかいところがあって、パンと混ざってとろける感じが心地好く、うっとりする。

 

周りの注文を聞いていると、トーストの玉子とフルーツサンドのハーフが人気の様子。久しぶりに玉子以外もという気がないでもないが、やっぱり玉子だと思うのだ。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日

燗酒屋 (阿佐ヶ谷)

R0003937001

夏こそ燗酒。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日

サイゴン ブンチャーゾー (有楽町)

R0004593001

台風が去ったら、真夏が舞い戻って来た。こういうときは、米よりも麺。いろいろと思う浮かぶものはあるが、夏に一度は食べておかなくてはと、サイゴンへ来る。

 

ここの夏向きの麺といえば、ブンチャーゾー(1,000)。素麺や冷麦のような細く丸い米麺「ブン」に、揚げ春巻きや豚肉を乗せた和え麺。

 

冷たい麺に甘酸っぱいタレがさっぱりとして夏っぽいが、みっちりと詰まった肉々しい揚げ春巻きに、香ばしく焼かれた厚みのある豚肉までのって、ボリュームとスタミナも満点。野菜も入って、考えてみれば、夏に相応しいバランス食。

 

豚肉のタレが染みた麺も好いし、ナッツの食感や香草の香りも賑やかで、テーブルに備え付けの調味料で、好みの味に仕立てながら、あっという間にペロリの夏バテ知らず。まぁ、自分について云えば、暑いからといって、食欲が落ちるなんてことはないのだけれど。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«岩戸 豚汁定食 (銀座)