2017年9月21日

髭戎 黒酢たっぷりの豚生姜焼き (銀座)

R0001392001

2週間前にも来たが、どうしても今日は髭戎。というのも、今月でランチが終わってしまうというコメントを頂戴したからだ。宿題の生姜焼き(1,100円)を食べないと後悔しそうだ。それ以前に、この店がすっかり好きになっている。

 

最近は、カウンターに1席しか空席がない日もあったが、今日はテーブルに先客がいらっしゃるのみ。もう頂くものは決まっているからと落ち着いて座っていると、「今月でランチを止めるんです」と告げられて、知っているというのに、寂しさが募ってしまう。

 

充実サラダに続いて、生姜焼きが届く。黒酢たっぷりとあるが、強い個性ではなく、柔らかい黒酢の香りとコク味が、しっとりと旨味の強い豚肉によく合う。それに、小鉢の上に載っている薬味や、メインの料理に添えられるマッシュポテト、スープも気が利いていて好きだ。

 

食後のドリンクにはコーヒーと小さい甘いもの。それに最後だからと、食用のほおずきを。甘味と酸味がギュッと弾けて、なんだか少しだけ切ない。

 

【お店情報】

髭戎 銀座4-3-2 銀座槁ビル5F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日

トラジ ピビンBAR (京橋)

R0001379004

最近の食事を思い返してみると、明らかな野菜不足。とはいえ、サラダの気分ではないんだ。そうだなぁ、例えば惣菜のビュッフェのランチとか。そうだ、久しぶりにトラジでピビンBARはどうだ。

 

ピビンBARは、京橋店限定メニュー。ブッフェスタイルでピビンパを自分で作るというもので、プルコギやチヂミなどの韓国惣菜やスープ、デザートも、60分間食べ放題。

 

皿に、3種類あるご飯や、ナムル等を装って仕上げていく。それにしても、ナムルの種類の多いこと。定番の小松菜やもやし、蕨、人参の他、レンコンや枝豆、ブロッコリーやカリフラワー、筍等。他にも、キムチ、トマトやスプラウトなどの生野菜など併せて20種類程。

 

「解毒力」「抗酸化力」「免疫力」なんていう説明書きもあったりして、女性向けに推した印象を受けるが、野菜を摂りたい人、ご飯は控えたいけどお腹一杯食べたい人にも好く、男性客もかなり多い。さらに、トラジらしく焼肉をプラスする人も。

 

自分もナムルをたっぷり。若芽スープに、カレー、プルコギなど韓国惣菜にデザートまで。昔はブッフェが苦手だったが、食べたいものだけ食べられる有り難さを、しみじみ感じる今日この頃。

 

【お店情報】

トラジ 京橋店 京橋3-1 東京スクエアガーデン 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日

しるの店 おふくろ (高松)

R0001031003

この汁を口にせず、高松の夜は終われない。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日

涵梅舫 日替わりランチ (銀座)

R0001364001

珍しく「これが食べたい!」というのが湧いてこない。それで、好きな店が並ぶ銀座1丁目から2丁目の辺りをうろうろして、ベルビア館までやって来た。久しぶりにあの大好きな麻婆豆腐にしようか、と涵梅舫までやって来ると、これまで目にしたことのなかった「日替わりランチ」(1,080)というメニューが見える。

 

しかも、今日のメニューは「海老と玉子炒め」。あゝ、これは玉子の神様が引き寄せてくれたに違いない。

 

いつもの玉子スープと前菜に続いて、玉子炒めがやって来た。おう、これは見るからに好きなやつ。たっぷりの玉子炒めとぷりぷりの海老。好みのしっかりと焼けている表と柔らかいところのある焼き加減。それに品のいい塩ベースの味付け。アクセントの葱。こちらで海鮮湯面を頂いたことのある人なら、あの感じと云えば分かるだろう。それにしても、好きなものだけでお腹いっぱいになるって幸せだ。

 

テーブルにあった日替わりメニューには「木曜日」と書いてあった。ということは、日替わりというよりも曜日替わりなんだろうか。それを確かめに、また来なくては。

 

【お店情報】

涵梅舫 銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月13日

保志乃 鯖一夜干セット (銀座)

R0001344001

今日は魚。こういうとき、先ず思い浮かぶのは三州屋だが、名残りの夏のような陽気に、生憎鶏豆腐の気分になれない。そうだなぁ――、それならと保志乃にやって来た。魚料理の店。ランチライムでも常時10数種類の魚のランチが並ぶ。

 

定番ものもあれば、季節もの、今日なら新さんまの定食などが1,000円前後。近くに勤めるサラリーマンで賑わう店だ。

 

今日は煮魚よりも焼魚、と鯖一夜干セット(1,080)。セットというのは刺身付き。せっかくの魚気分だから、欲張って。

 

見た目にも香ばしい鯖の一夜干し。色良く焼けた皮に箸を入れると、ふっかりした身。程よくのった脂と香りがご飯を呼ぶというやつだ。刺身は2種類。小鉢は蓮の金平。ふりかけが付くというのもなんだか好い。料理の提供が早いのも、短い昼休みには魅力。

 

【お店情報】

吟漁亭 保志乃 銀座7-4-14 光ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«EIKO ユッケジャン (銀座)