2022年7月 1日

プラバート Bランチ (阿佐ヶ谷)

R0003469001

暑い日が今日も続く。こうなったらカレーだ。それなら、南阿佐ヶ谷駅すぐにある南インド料理店。ドーザやポロッタなどが、ランチから愉しめるし、ランチメニューも計7種類と豊富。そして美味い。こういう店が近くにあるという幸せ。

種類が多いから、いろいろと食べてみたいと思うが、ここの店で大好きになったのがポロッタ。うずを巻くように薄い層を重ねて焼いたパンで、パイのようにサクサクとして軽やかなのが特徴。他の店で食べる機会もないし、やはりポロッタは外せない。今日もお気に入りのポロッタが入るBセット。2種類のカレーとタンドリーチキン、ミニライス、サラダ、デザート、ドリンクまでがセットという充実ぶり。

カレーは、日替わりと、マトンやチキン、キーマ、野菜からの選択。そういえば、野菜をお願いしたことがなかったかもと、マトンと野菜を選択すると、スパイス感の鮮やかなマトンに対し、穏やかでやや甘さも感じるようなやさしい野菜。ナンやポロッタは、1枚おかわり可で、もちろん、おかわりする方多数。

タンドリーチキンも香りよくジューシー。デザートとアイスチャイと、短い時間でも、満足させてくれるランチ。ワインを片手に楽しんでいるご常連さんらしき方もいらっしゃって、うらやましいことこの上ない。さあ、あと半日で週末だ。

【お店情報】
プラバート 阿佐谷南1-15-6 第2熊倉ビル 2F 地図

| | コメント (0)

2022年6月30日

ハーマーズグリル タンドリーチキン (阿佐ヶ谷)

R0003457001

熱くなると、肉の気分になるのはなぜだろう。それならと向かったのは、阿佐ヶ谷にあるハーマーズグリル。先日初めて伺って、美味しさと居心地の良さで、絶対にまたと思っていた店。

先日いただいたのは、ハラミステーキ。ランチタイムは、ステーキやハンバーグなどの定番の他、日替わりのメニューもあって、目移りする。今日気になったのは、日替わりにあった豚肉のトマト煮と、定番のタンドリーチキン。トマト煮も絶対好きだが、この気温。スパイス感を求めて、タンドリーチキンを。

運ばれてくると、これが何とも好い香り。堪らず頬ばると、欲していたスパイスの香りと味わい。それに肉の旨味がじんわりと混ざって美味いこと。それにチキンは骨付き肉でびっくり。こういう感じがグリルの店らしくてとても好い。たっぷりのサラダに紫キャベツのピクルス、ご飯とスープがセット。

前回もそうだったが、ランチライムから飲んでいる方がいらっしゃるというところも素敵。帰り際に夜の様子を聞いたりして、もう夜にも伺う気は満々。楽しみで仕方ない。

【お店情報】
Meat Kitchen HARMER's GRILL 阿佐谷南3丁目37−5 エレガント阿佐ヶ谷 201 地図

| | コメント (0)

2022年6月29日

瓜坊の定食屋さん 豚肉とピーマンのオイスターソース炒め (荻窪)

R0003434001

しばらく間が空くと、伺いたくなってウズウズする店が幾つかある。瓜坊の定食屋さんも、その一つだ。カテゴリーのとらわれないメインの料理と、4種類の副菜。美味しい白米に味噌汁。大好きな定食の店。

店頭で一度立ち止まって、今日のメニューを確認する。以前いただいて美味しかった納豆オムレツに、しらすとズッキーニのグラタン、鮭の西京焼きなど6種類。なんだろう。暑い日が続き始めて、何故だか、豚肉が食べたい欲求。豚肉とピーマンのオイスターソース炒めを見つけて、今日はこれだと狙い撃ち。

小鉢の用意がされ、続いてご飯に味噌汁。メインの料理が整って、こちらに運ばれてくる。ずらりと並ぶ器たちは、やはり壮観。先ずは、すっかりファンの味噌汁を一口。具は違えど、過剰な味付けはなく、出汁の美味しさがじんわりと沁みる味噌汁。思わず、「ほぉーっ」と息を吐くような落ち着きをくれる。

そして、今日のメインのオイスターソース炒めは、以外にも色白な仕立て。けれども味わいはしっかりあって、豚肉はしっとり。なんでもない素材の組み合わせだが、ときめく味わい。副菜もどれも好いが、今日は葱とシラスの実山椒炒めが秀逸。山椒の爽やかな香りと、胡麻油のコク味が、ご飯に何とも美味しい。

リピーターの方も多く、カウンターだけの小さい店だからこその距離感も心地いい。さて、次はどんな料理に出会えるだろう。今から愉しみなのだ。

【お店情報】
瓜坊の定食屋さん&お惣菜お弁当 荻窪5-7-11 地図

| | コメント (0)

2022年6月28日

岩戸 いわし天婦羅定食 (銀座)

R0003395003_20220628221801

年中好きだが、この時期には是非食べたいものがある。岩戸のいわし天婦羅だ。あっという間に梅雨は明けてしまったが、この時期の鰯は大好物。岩戸の鰯と云えば、美しい夜の鰯刺しが名物の一つだが、梅雨時期の丸々と太った鰯は格別なのだ。

いわしや穴子の天婦羅は、まず、ご飯や味噌汁、天つゆのセットが運ばれてきて、揚げ立ての天麩羅を待つスタイル。それほど待つわけでもないのだが、もうすぐ出てくるものを想像して、ドキドキワクワクが止まらない。

「お待たせしました~」とやって来たのは、長さはそうでもないが、中々に太った鰯。衣を通してもピッカピカなのが見てとれる。サックリ熱々の衣の下には、待ち望んだふっかりした鰯。ギュッと噛みしめると、鰯の香りと甘い脂がジワジワ溢れる。茄子やピーマンの天ぷらもついて、あゝ幸せ。満足満足。それに、女将さんもお変わりないようで何より。

今年は、まだ冷し汁の文字を見ていないが、やってくれるだろうか。どうやら厳しい夏になりそうだから、出してくれるとうれしいのだが。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 第三太陽ビル1F 地図

| | コメント (0)

2022年6月27日

阿波や壱兆 すだちそうめん (阿佐ヶ谷)

R0003384001_20220628055701

早くも梅雨明けだそうで、外に出ると、本当に真夏の暑さ。こう暑いとカレーでシャキッとしようなんて思って外に出たが、歩いている途中で、この暑さには、やっぱり素麺だと思い直して、南阿佐ヶ谷の半田そうめん専門店の阿波や壱兆。

そうめんと出汁のシンプルなものから、様々な味が愉しめるアレンジメニューが揃っていて、いつもは温かいのだが、冷たいそうめんもたくさん。けれども、涼を求めるなら、すだちそうめんが一番だろう。

注文をすると、しばらくするとザブザブと麺を洗う音が聞こえてくる。喉越しのよい冷たい麺、冷たい出汁を想像して、迎える準備はもう万端。

カウンター越しに届いたどんぶり。目の前に据えると、マスク越しにも届くすだちの爽やかな香り。それに、一面にあしらわれた極薄切りのすだちと、そこから透けて見える出汁と白い麺。受け取ったどんぶりも冷たくて、もう旨い。

先ずはと出汁をいただくと、ひんやりすっきりとした出汁が喉から胃へと駆け抜ける。堪らず、もう一口、さらにもう一口。そして、そうめんを艶やかで滑らかでつるつるの喉越しと、むっちりとしたコシ。爽やかさと食べ心地の良さを実感。

夢中になっていたからだろうか。思わず、そうめんと一緒にすだちが口に入ってしまったが、極薄いで、麺のコシが強いせいだろう。違和感なく、むしろ酸味と香りが増して、暑さを払うような爽やかさ。ついつい、もう1枚とやってしまった。

やっぱりこれはいいなぁ。すだちそばも好きだが、この出汁は、ここのそうめんならでは。今夏は厳しい暑さになりそうだし、頼もしい見方だ。

【お店情報】
阿波や壱兆 バイパス店 阿佐谷南3-2-3 ローレルビル 1F 地図

| | コメント (0)

«フォンテーヌ 玉子サンド (神楽坂)