2020年1月24日

TOKYO Mar Mare 濃厚ブイヤベース (八重洲)

R0010020001

たっぷり食べたい気もするし、汁物がほしい気分でもある。どこかピタッとくるランチはないだろうかと、あれやこれやと考える。なるほど、ビュッフェスタイルの店はいいかもしれないなぁ。量も好みどおり、スープなんかがあれば最高だ。

それで、やって来たのは、TOKYO Mar Mare。メイン料理に、サラダやスープ、ドリンクバーがセットになったランチが人気。メイン料理は、5種類ほど。週替わりのメニューのローストポークと悩んで、今日は、定番の濃厚ブイヤベース(1,100円)をお願いする。

濃厚というとおり、届けられると辺りが魚介の香りで一杯になる。そして、スープにもしっかりと香りと出汁が染みていて、汁物欲が満たされる。具もゴロゴロと。あさりにムール貝、烏賊に鱈。ワインが欲しくて仕方がない。

スープは、今日はかき玉。しかもふわふわの玉子がふんだんに入って、大満足。そうこうしているうちに、入口辺りに行列が出来始めた。さて、次の方に席を空けましょう。

【お店情報】
TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0)

2020年1月23日

松永牧場 肉団子鍋 (銀座)

R0009994001

寒くて、今日は絶対鍋にしようと決めていた。幾つか気になっているところは少々遠く、また、気に入っている松永牧場の肉団子鍋は、ランチの営業時間が12:00~になったことで、少々伺い難くなってしまった。恐らくギリギリ時間内に戻れるはずという感じ。

けれども、今日はどうしても食べたくて、実際どうだろうと試してみようとやって来た。店のある8Fのフロアに辿り着くと、11:59。店はもう開いていた。食べたいものは決まっているから、お茶とお手拭きを頂いた時点に即お願いする。

大抵、肉団子鍋は15分程で届く。クツクツと沸く鍋、立ち上る湯気。ああ、これだけで幸せだ。野菜がたっぷり入っているが、その下には、ゴロンと大きな肉団子が3つ。みっちりと具沢山であるせいで、モヤシや韮、キャベツを鍋から掬うたびに湯気がゆらりと立ち上って、また温かさがやって来る。柑橘の香りの芳しいポン酢も好いし、旨味がたっぷり染みたスープ。出来ることなら、素麺は細いうどんなんて入れてみたい。

今日はさっぱり食べたくで、今日はスタンダードな肉団子鍋だが、辛いチゲ鍋仕様も可能。その時は半熟玉子がついてきて、最後に玉子入りのおじやみたいにして食べるのが好きだ。

職場に戻れば、キッチリ3分前。これなら、またランチにこの鍋が食べに来られるそうだ。

【お店情報】
松永牧場 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F 地図

| | コメント (0)

2020年1月22日

アロッサ 本日のランチ (銀座)

R0009986001

久しぶりの定点観測とやって来たベルビア館。とりあえずと、8階でエレベーターを降りてみると、珍しく、アロッサの前に行列がない。こんな日もあるもんだと店の中を覗くと、カウンターに空席を見つけて、久しぶりのアロッサ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月21日

でーびる沖縄 豚の生姜焼き (銀座)

R0009976001

久しぶりにきつね庵でうどんでもと思い立ち、伺ったところ、タイミング悪く、少々お時間がかかりますとのこと。それで、この近くなら宿題にしている生姜焼きをと、でーびる沖縄。ゴーヤや麩のチャンプルーに、前回は、カレー味のチャンプルー、はたまたポーク玉子等々、ボリューム満点のランチの店。その名のとおり、沖縄料理店だが、生姜焼きやチキン南蛮も人気で、次こそはと思っていたもの。

この店の好きなところは、その活気。挨拶の声も好いし、チャンプルーや生姜焼きをジャッジャッーと炒める音は途切れることなく聞こえてくる。そんな調子で出来上がった生姜焼きも、出来立てほやほや。湯気をたっぷり上げて届く。

あー、やっぱり。これもまた、大きな皿にたっぷりとボリューム満点。それに、生姜の香りがプーンと食欲を誘う。豚肉とやや厚切りの玉ねぎというシンプルな作りで、ご飯に間違いなく合うやつ。千切りキャベツに生姜焼きのタレがチラッとかかっているのが、これまた憎い。

ランチメニューから、カレー味のチャンプルーなど幾つかのメニューが減って、サーターアンダギーもなくなったが、それでも値段は据え置きで、相変わらずのボリューム。だから今日も変わらず大繁盛。

【お店情報】
でーびる沖縄 銀座3-8-10 地図

| | コメント (0)

2020年1月20日

いわた カキフライ定食 (銀座)

R0009968003_20200120234201

焼魚を食べに出たはずなのに、目の前には、なぜかカキフライ。保志乃かいわた辺りで、何か焼魚、できればぶりの照り焼きなんてあるといいなぁとやって来た銀座7丁目。

保志乃のメニューを眺めてから、いわたへ来ると、望みどおりの「ぶりの照り焼き」を発見。ヨシヨシと暖簾を潜って、入口すぐの注文場所で、改めてメニューを見ると、なんと「カキフライ定食」(1,200円)の文字が目に飛び込んできた。いわたのフライの大ファンだし、それも牡蠣。この機会を逃す手はない。

厨房からは、ジューッとフライを揚げる音。待っている間もワクワクが止まらない。いわたのカキフライは、一度、お楽しみ定食のフライの一つに入っていたことがあっただけ。だから、待っている時間さえも格別だ。

届いたカキフライは、殻に入っていた形のまま揚げましたと云わんばかりの小判状。荒い衣に齧り付けば、中はシルキーで、レアでも揚げすぎでもない、そうココ!と言いたいくらいの好みの火入れ。火を入れたことによってキュッと締まって、身の旨味が口一杯。それに芳ばしい衣がサクサクとして、とても旨いカキフライ。やっぱり好きだ。

メンマの煮物にひじき煮、香の物。卓上にはふりかけが置かれていて、ピカピカのご飯のおかずに事欠かないのも、いわたの定食の魅力。今年もお世話になります。

【お店情報】
銀座いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0)

«エスペロ 日替わりランチ (銀座)