2022年12月 5日

ピッキーヌ カウソイ (阿佐ヶ谷)

空の色からして寒々しいし、今日は、らせん屋で牡蠣のクリーミーグラタンを食べて温まろうと思っていたんだ。店へ向かう最後の角を曲がったところで、先客が一人店に入るのが見えた。この方が席を案内されるまでに少し時間がかかっていたから、もしかして満席かなぁ…なんて思っていたら、予想どおり。しかも、まだこれから料理が出る段階で、席が空くまで、随分と時間がかかりそう。

これなら退散するしかないけれど、次どうしようか。この近くの12時開店の店には、少し時間があるし、それならここだ、ピッキーヌ。東京でも老舗のタイ料理店。けれども、ランチメニューは、かなりリーズナブルで、タイヌードル単品なら650円。しかも、とても美味しい大好きな店。

暑い時期なら、辛くて酸っぱい料理がうれしいが、この寒さならカウソイだ。カレー味というのも好いし、何より、上には揚げた麺、下には茹でた麺と、異なる麺が楽しめるというところが素敵。それに、カウソイに出会ったのがピッキーヌだったということが大きいのかもしれない。ピッキーヌのカウソンは、麺が少し太めで食感の存在感が強めで、何よりカレーが旨い。

いつも揚げ麺をつまんでポリポリと食べて、茹で麺を頂くが、今日は最初から揚げ麺をカレー浸して。最初の方の麺の食感の異なる感じも面白いし、揚げ麺がカレーを吸ってしんなりしてきたところも好きだ。あゝ、麺を食べ終わった後のカレーにご飯を入れたい。

寒暖差の大きい此の頃。皆様どうぞご自愛を。

【お店情報】
ピッキーヌ 阿佐谷北2-9-5 地図

| | コメント (0)

2022年12月 2日

よし田 牡蛎南ばん (銀座)

R0005183001

今週は牡蠣をまだ食べていないし、久しぶりに玉子サンドも食べたいし。一口に牡蠣と言っても、フライもあれば、天ぷらもあるし…と悩んだ挙句、足を向けたのは、よし田。目当ては牡蛎南ばん。これも牡蠣シーズンの楽しみの一つだ。

こちらの牡蛎南ばんの特長の一つは、立派な牡蛎。火が入っているにも関わらず、ぷっくり丸々としてはち切れんばかり。齧り付くとぷりんと身が弾けて、潮の香りと、出汁が染みた牡蛎の身の旨味がじわり。旨味がじわり。

もう一つの特長が、関東風と関西風の汁の用意があること。最近は関東風が好みで専らこちら。件の牡蛎に関東風らしい醤油が利いた汁が染みたところが好きなんだ。若芽やとろりと柔らかくなった葱も名脇役。

昼からビールを飲りながら、サッカーに見入っている方もいらっしゃって、うらやましい限り。とはいえ、後半日で週末。さて、もうひと頑張りしましょうか。

【お店情報】
そば所 よし田 銀座6-4-12 KNビル 2F 地図

| | コメント (0)

2022年12月 1日

カフェストラーダ 若鶏とごろごろ野菜のクリーム煮込み (荻窪)

R0005168001

今日は確実に寒くなると聞いていたから、ランチはこれにしようと決めていたものがあった。それが、カフェストラーダの若鶏のごろごろ野菜のクリーム煮込み。期間限定メニューがいつもあって、今の時期のメニューがこれ。ビーフシチュー的な煮込みを出してくれる店はいくつかあるが、クリームシチューやクリーム煮込みはあまりないし。

セットのサラダとパンに続いて、目当てのクリーム煮込みが届く。器自体も熱々で、「お気をつけて」とやって来た。メニュー名のとおりに、野菜と鶏肉がごろごろ。ブロッコリーの他、南瓜、じゃがいも、人参等々、ホクホクとした野菜が多いのが素敵。クリーム煮込みらしく、シチューというよりも、サラッとあっさりとして、穏やかでやさしいコク味。食べ進めると、ぽかぽかと胃から身体が温まって来る。ちなみに、このメニューは、12/6頃までだそう。

老舗洋食店から独立したお父さんと、バリスタの息子さんが営む店。だから、ドリンクにもこだわりがあって、とても好きだ。コーヒーの他、クラフトビールなどもあったり、自家製のデザートなどもあったりして、カフェとして使うのも楽しそう。

そんなこともあってか、12時を過ぎると、近くにお勤めらしい方々が続々と。予約までして来る方もいらっしゃって、人気の程が窺えるというものだ。定番には、煮込みハンバーグシチューもあるし、昨シーズンから楽しみにしている冬季限定のボルシチなど、これからの季節にぴったりなメニューもあって、寒いのは苦手だが、これからも楽しみなのだ。

【お店情報】
カフェ ストラーダ 荻窪4-21-19 荻窪スカイハイツ1F 地図

| | コメント (0)

2022年11月30日

田舎亭 はなれ 銀サケの粕漬け焼き (阿佐ヶ谷)

R0005161001

今日は午後一からWEB会議があって、早く戻って来られそうなところと考える。一方で、食べたいものもあるしなぁ…。それなら、好きな店が並んでいる中杉通りの中華料理か、京風料理。今日の日替わりのメニューを見てから考えようとやってくると、中華の鶏と野菜の辛し煮込みなんかも気になったが、魚の西京焼きや粕漬け焼きに惹かれて、田舎亭の暖簾を潜る。

京都のおばんざいをメインに提供する店で、テイクアウトとイートインの両方可。ランチなら、おばんざいと焼魚などの定食や、和風のロールキャベツが人気。以前は西京焼きをいただいたから、今日は粕漬け。

お茶を飲んで待っていると、厨房から好い香りが漂って来る。あゝ、これ漬けた魚が焼けるときの芳しいさ。慎重に様子を見ながら焼いてくれているのを見ていると、こちらの届くのが待ち遠しくて仕方ない。

届いたのは、焼魚とおばんざいの盛り合わせに、ひじきの炊き込みご飯と白和え、味噌汁がセット。来るたびに、違うご飯というのも好きなところだ。良い香りを漂わせた焼魚は、ふっくら風味も良く、じんわり旨味が広がっていく。それに、おばんざいなら、今日は艶々の煮豆にグッとくる。

最初は落ち着いていた店内も、12時を回ると、ランチを召し上がる方、お弁当を買っていく方とで大忙し。何度か拝見して気になっている昆布巻も食べたいし、また。

【お店情報】
京都祇園 石堀小路 田舎亭 はなれ 阿佐谷南1-16-12 地図

| | コメント (0)

2022年11月29日

マツノヤ 放牧和牛ライス (荻窪)

R0005152001

今日は肉。ハンバーグなどではなくて肉。それで、先月伺って美味しかったマツノヤを思い出す。放牧和牛をじっくり焼き上げたものを古代米や玉葱スライス、美味しいドレッシングで食べるランチ。肉が美味しいのはもちろんのこと、トッピングがいろいろとあるし、放牧和牛ライスというド直球な名前も面白くて、また伺おうと思っていたところ。

前回はトッピングなしをお願いしたから、今日はどうしようと考えて来た。ソースやニンニクチップ、半熟たまご、シチューやポテトサラダ等々。お願いしたのは、野菜を目一杯、総量の60%くらいまで乗せたプレート。

以前のこれぞ肉!という潔さもよかったが、こちらは、見た目にもたっぷりとあって、彩りも素敵。そして、和牛の艶、色味の見事さは相変わらず。グラスフェッドの肉は柔らかく、噛むと味わい豊かな赤身。野菜はシャキシャキで、自家製のソースが、野菜だけでなく、肉にも古代米にもよく合う。うん、好い一皿。

ランチの営業日は、火・水・木のみ。いいにくの日ということもあってか、小さな店内は大盛況。しかも、リピーターが多いというところも納得。次は、一人向けのメニューも多くある夜かなぁ。こちらも楽しみだ。

【お店情報】
肉とハーブ マツノヤ 荻窪5-29-8 2F 地図

| | コメント (0)

«釜めし 大統領 釜めし+スンドゥブ (銀座)