2024年5月21日

カフェクレエル 具だくさんミネストローネ (荻窪)

R0011336001

外を歩いていると暑いくらいだけれど、頭を過るのは具沢山のやさしいスープ。スープランチを出してくれるお店がもっとあってもいいと思っているが、実際には多くない。だからこそ、出してくれるお店は大事にしたい。

伺ったのは、荻窪駅北側の寿通りにあるカフェクレエル。喫茶店と気軽なレストランの間のような居心地の良さと料理が旨い喫茶店。扉を開けると、カランコロンと控えめにベルが鳴って、奥行きのある景色と、「いらっしゃいませ」と迎えてくれるところから好きだ。

広々とした4人卓を一人占めして、ソファーでのんびりしていると、サラダに続いて、トースト、そしてスープが届く。ミネストローネと聞くと、トマトベースの赤いスープをイメージしがちだが、こちらのものは、トマトはなし。キャベツや玉葱、人参、セロリなどに、ベーコンと花のように細工がされたソーセージ。口にすると、じんわりと沁みいる温度だけではない温かさ。お店の方のお人柄が窺えるよう。

そして、すっかり気に入ってしまったバタートースト。瑞々しいパンと芳ばしさ、そしてたっぷりと塗られるバターの贅沢さと背徳感。そして、やっぱり珈琲の美味いこと。アイスコーヒーは、ひんやりさっぱりとしているのに、味わい豊か。

店に入ったときは比較的空いていたが、12時になると続々とご近所にお勤めと思わしき方がやって来る。ハンバーグも美味しいし、カレースパゲッティも気になっているんだ。近くにこんな店があったら通いたくなること必至。お店を切り盛りするお父さん、お母さん、どうぞ永くお元気で。

【お店情報】
カフェクレエル 天沼3-30-2 地図

| | コメント (0)

2024年5月20日

オトノハ 五目あんかけ焼麺定食 (阿佐ヶ谷)

R0011333001

久しぶりに餡かけ焼きそばが頭を過る。餡かけ焼きそばの好みを言えば、麺はやわらかいのも好いが、パリッと焼いたり揚げたりしてあるのが好み。この界隈では、オトノハのランチの定番メニューの一つのあんかけ焼麺がそうだ。揚げた極細麺にたっぷりと餡がかかった好きなタイプ。

満席で入れないこともある店。中を覗いてみると、珍しく余裕のある店内。天候が悪い日のほうが入りやすいと聞いているが、今日もそうなのかもしれない。

待っていると、厨房から、パチパチ、シャーッという音が聞こえてくる。あれは、副菜を揚げる音かな?とか、日替わりを炒める音だろうかなんて想像するのもまた楽しい。そうこうしているうちに、湯気が立ち上る焼麺が届く。

湯気を濛々と立ててやって来た焼きそばは、皿にこんもり。こんなにボリュームあったっけ。揚げた麺自体も小高い山のようだし、その上にもたっぷりと餡がかかる。

揚げ麺に箸とれんげを入れると、パリパリッと小気味いい音。崩れたところには、とろりと餡が垂れる。そこを持ち上げて頬張ると、口の中でもとろり、パリパリ。さらに、野菜のシャキシャキや海老や烏賊のプリプリが加わって、彩りや食感の鮮やかなこと。見た目はたっぷりあるが、食感も味わいも軽やかで、あっという前にぺろり。

今日の副菜は、副菜は揚げわんたん。こちらもパリッと軽い皮に、味わい深い餡、薬味ダレの風味が美味い。味噌汁も根菜や油揚げがたっぷりと入っていて香りも好い。隅から隅まで、手が加えられた丁寧な料理で、食後は幸福感で満ちる。

そうこうしているうちに、あっという間に空席は埋まって、いつもの行列。

【お店情報】
オトノハ 阿佐谷南1-14-12 地図

| | コメント (0)

2024年5月17日

阿波や壱兆 しらすと薬味野菜のそうめん (阿佐ヶ谷)

R0011305001_20240518070001

暑いくらいの日差しに、今日はさっぱりとしたものだと目指したのは、阿波や壱兆。大好物の半田そうめんの専門店。すだちそうめんはもちろんのこと、暑い時期に向く季節メニューが出てないかと期待して。

メニューを見ると、ちょうど春メニューが終わったところで、新しいメニューは出ていない様子。けれども、すだちそうめんに、しらすと薬味野菜のそうめん。冷かけも考えると、今の気分に合うものが目白押し。

暑いとはいえ、ムシムシと茹だるような暑さというわけではないんだなぁ…。それなら、すだちそうめんや冷かけなどは、もう少ししたら訪れるであろう、蒸し暑い日に取っておきたい。としたら、今日は、しらすと薬味野菜のそうめんだ。

届いたどんぶりには、しらすと目にも鮮やかな薬味野菜がこんもりと。箸を入れ、そうめんをグッと持ち上げると、ふわりと出汁と、かいわれ菜に大葉、水菜に茗荷、胡麻等々、薬味野菜の広がる香り。それにしらすの旨味とやわらかい塩気が、つるつるもちもちの半田そうめんに好いアクセント。飲んだ後の〆にも最適だろう。

店内に入ったときから、客が多かったが、今日はこの日和に誘われたか、店内は満席で、一人客が出ると、また一人やって来るという状況。そして、やっぱり冷かけが人気。次こそ、すだちそうめんかな…なんて思いながら、店を出る。

【お店情報】
阿波や壱兆 バイパス店 阿佐谷南3-2-3 ローレルビル 1F 地図

| | コメント (0)

2024年5月16日

呉さんの台湾料理 日替わりランチ (荻窪)

R0011277002_20240516203001

そういえば、呉さんの台湾料理も少しご無沙汰かもしれないと、店のInstagramを確認する。平日のランチは、木曜と金曜のみで、しかも日替わり。今日の料理が麻婆豆腐と知ったら、居ても立っても居られない。

一人と告げてカウンターの端に陣取ると、店の方が注文を取りに来てくれる。といっても、ランチタイムは日替わり1種類のみ。ライスかお粥を選ぶのみ。ここに来る目当ての一つが中華粥。もちろん中華粥をお願いする。

厨房から調理する音が聞こえてきたと思ったら、あっという間に運ばれてくるのも魅力の一つ。麻婆豆腐は、香りからしてもう上質。辛味は控えめで、甘さとコクのあるタイプ。この味わいと存在感ある挽肉が、滑らかな豆腐にたっぷりと絡んでこっくり美味い。味わいの豊かさと品の良さが好きだ。

副菜は、玉子としめじの炒めもの。やわらかい玉子にプリッと食感を残したしめじは、味わい控えめながら、食感もごちそう。それに中華粥は、ぽってりとしてじんわりと染みる旨味。やわらかい大根とシャキシャキのセロリや、香りもご馳走。毎日食べたいくらいだ。お代わりは3杯まで。もちろん、お代わりする方も多数。

店に来たときは空いていたが、12時を過ぎると、続々と客が訪れてほぼ満席。さて、自分も席を立とう。

【お店情報】
呉さんの台湾料理 天沼3-1-5 地図

| | コメント (0)

2024年5月15日

三州屋 カツオ叩き定食 (銀座)

R0011274003

今日はどうしても鰹。高知のアンテナショップのレストランで藁焼きもいいなと頭をかすめたが、鳥豆腐も久しぶりだし、ここは三州屋で鰹だ。ここには、いつもカツオ叩き定食がある。

なんてったって、定食としての有様が好い。鰹の他に、件の鳥豆腐はもう一つのメイン料理。それに旨いご飯とたっぷりと盛られた漬物。素敵だ。

早々に届いたカツオ叩きは、厚切りの切り身が7切れ程。それに生姜や葱、穂紫蘇と薬味も揃った待望の皿にニンマリ。まだ脂の少ない若い鰹に薬味を乗せてパクリ。軽やかな身の旨味に爽やかな香気。続けざまに、ご飯を介して鳥豆腐をズズッと。そして合いの手に漬物。どこを切り取っても幸せな流れ。

隣の若い二人組は、外回り途中の昼食らしい。しかも、初めての三州屋のようで「すごい!」「美味しい!」と盛り上がっている。その初々しさが、若い鰹と初夏に似て爽やかで眩しい。

【お店情報】
三州屋 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0)

«ハーマーズグリル 週替わりランチ (阿佐ヶ谷)