2017年1月19日

赤から 赤から鍋 (銀座)

Gr004601001
冬のランチ鍋探訪。それで、赤からで「赤から鍋」。以前は、猛烈食堂という名前でエスニックなランチを提供していたが、赤からにリニューアルして、エスニックに加えて赤からで提供されているメニューが提供されるようになったらしい。

 

赤からは、ギンザグラッセにも入っているが、名古屋の赤味噌と赤唐辛子を使った「赤から鍋」が名物の店。そんな鍋が今日の目当て。

 

つくねに油揚げ、豆腐、モツ、もやし、白菜等、食感賑やかな鍋。見た目は赤いし、辛味もあるが、味噌らしいコク味や甘味も感じる。スープを飲めば、じんわりと胃から温まって、寒い季節はやっぱり鍋だと思わせる。セットのサラダや小鉢がエスニックテイストなのが融合店の面白さ。

 

ランチタイムには、赤から鍋(990)やパッタイ、フォーなどの単品メニューの他、エスニック料理のビュッフェも提供していて、入口でどちらかを申告するシステム。どちらも中々の人気のようだが、一番気になったのは、夜メニューのレモンサワーの充実ぶりだ。

 

【お店情報】

赤から 有楽町店 銀座西2-2 銀座インズ2 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日

牡蠣Bar カキフライサラダプレート (銀座)

Gr004589003
Facebook
で「ランチ始めました」という投稿を見て、気になっていた牡蠣Bar。紹介されていたのは、牡蠣エキスと牡蠣たっぷりの「牡蠣まみれカキポタつけうどん」だったが、カキフライや生牡蠣なんかもあると書いてあって、余裕が出来たらと絶対に行くんだ!と決めていた。

 

場所は、ヴォージュが入るビルの3階。カレーが人気のHARE GINZAの隣。カウンターと奥に小さなテーブルが1卓の小さな店だ。

 

オススメという「つけうどん」も気になるが、好きなのはやっぱりカキフライだと、「カキフライサラダプレート」(1,000)をお願いする。「バゲットにつけてもどうぞ」と出してくれたポテトサラダとバゲットに続いて、フライヤーからずっといい音を立てていたカキフライがやって来た。

 

小振りなフライが5つ。けれども、その大きさ以上の強い旨みに驚いた。香ばしいカリカリサクサクの薄い衣の下は、火が入っているものの、しっとりと艶やかな牡蠣。齧り付くと、牡蠣の身自体のミルキーな旨みがダイレクトにググッとやって来るんだ。これは堪らない。この倍は食べたい。

 

メニューには書いてなかったが、「寒いですから」とスープのサービス。もしかして、件のつけ麺のつけ汁のベースだろうか。こちらも旨みたっぷり。何を戴くかは悩ましいが、兎に角、すぐにまた。

 

【お店情報】

牡蠣Bar 銀座5-4-15 西五ビル3F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日

焼肉トラジ 牛タンシチュー (丸の内)

Gr004580001
こう寒いと、欲するのは温まるもの。先ず思い浮かぶのはチゲだったが、他に違うものはないだろうかと考えてみる。升本で豚キムチ鍋という手もあるが、チゲと似ているし、他に何かなかったっけ?そうだ、シチューはどうだ。国際フォーラム横のトラジには、牛タンシチューがあったはず。

 

東京スクエアガーデンのトラジとは違って、こちらはランチも焼肉がメイン。ご飯メニューとして、牛タンシチュー(1,300)や、石焼ピビンパ、炎のジャン麺が用意されている。

 

やって来たのは、チゲ用の鍋でグツグツと沸いたシチュー。うわ~、これは温まりそうだ。中にはスプーンでも簡単にほどけるほど柔らかく煮込まれた牛タンに野菜。はふはふと頬張ると、舌の上にはコックリとした旨み。この熱、コク味。やはりこの季節にはありがたい。

 

サラダに水ムチ、ご飯、バゲット。食後には棒アイス付き。あまりの寒さに、職場に戻るころには少し冷えてしまったが、暖かな幸せを感じるには十分。

 

【お店情報】

焼肉トラジ 東京フォーラム横店 丸の内3-7-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日

Capio (阿佐ヶ谷)

Gr004244004
こんな店を待っていた!12月にオープンしたばかりの新店に、ハマってしまって、1ヶ月間でもう3回。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日

ビフトロ バイ ラコクシネル 牛ハツのロースト (京橋)

Gr004532005_2
年末に伺えなかったから、年始の挨拶にとラコクシネル。今日は空席が外から確認できて、よろこび勇んで、店に入る。

 

そうだ、今日はFacebookでメニューを確認してこなかった。と店内の黒板を見ると、三元豚ロースのグリエ、牛ハツのロースト、香潤鶏ムネ肉のソテーとある。気になるのは、絶対牛ハツ。けれども、ワインなしで食べるのはある意味拷問だなぁ。それなら違うのにしようか――。

 

なんて考えていたら、こちらの考えを見透かしたように、「今日は珍しいところで、牛ハツがおすすめですよ」なんて勧められしまった。こうなったら、話には乗っておけというもんだ。

 

これがまた、見事な薔薇色でそそる。そして、どう考えてもワインが欲しいやつ。肉厚で外側カリッと中がプリッ。野菜の豊富に乗って(特に、慈姑が嬉しい)、ボリュームも満点、大満足。食後にはコーヒーと小さなケーキ。

 

やっぱり好きだ。今年もよろしくお願いします。それよりも、今年こそ、夜に伺わなくては。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«美々卯 牡蠣そば (京橋)