2017年4月26日

有薫酒蔵 さばの西京漬け (銀座)

R0000056003_2

早めに職場に戻らなければいけないけれども、昼はちゃんと摂りたい。とすれば、岩戸や三州屋のある辺りに来るのが一番。

 

それで、有薫酒蔵の曜日替りのランチや、日替わり的な料理はなんだろうと見てみると、「さばの西京漬け」(900)が目に留まる。これ、絶対好きなやつだ。

 

運ばれてきたのは、丸々つやつやとした西京焼き。鯖だけでも好物だというのに、旨味がギュッと詰まって、まるで旨味の塊みたいだ。白い飯はもちろんだが、ちびちびとつつきながら、酒のあてにしたら最高だろうな。西京焼きの隣には、大根や菜っ葉の煮物。小鉢には、ひじきの煮物に玉子焼き、漬物とご飯の友も盛り沢山。


母性的で家庭的。けれども、実際には家庭では難しい。そんなここの定食がやっぱり好きだ。

 

【お店情報】

有薫酒蔵 銀座店 銀座2-2-18 西欧ビル B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日

アンリシャルパンティエ たまごのサンドイッチ (銀座)

R0000035004_2

最近、ゆで卵のサンドイッチに興味が湧いてきている。理由は定かではないが、天邪鬼気質ゆえ、オムレツタイプの玉子サンドが、あまりに流行っているのも一つのような気がしないでもない。

 

それで、気になってきたのが、アンリシャルパンティエのたまごのサンドイッチ(1,296)。メニューの写真には、パンと同じくらいたっぷりと玉子が挟んであって、立派な値段だけれども、どうしても気になってしまってやって来た。

 

時々、写真で見たのとは全然別でなんて聞くが、このサンドイッチはそのもの、いやいやそれ以上のボリューム感。洒落て澄ました顔しているのに、パンよりも玉子の部分が厚いくらいで、指先で摘まんで持ち上げると、ズッシリと重さを感じる。

 

絶妙な分量、力加減で成り立っているのだろう。摘まんで一口食べると、指と唇の圧で横から玉子が溢れ出す。こぼれそうなところを、また一口。次溢れたところと一口。どこから食べても、玉子が途切れることがない幸せ。そんな玉子は、味付けがとても控えめ。だからこそ、玉子感を存分に楽しめるのがとても好い。

 

なお、11:0014:00は、ランチセットとして、+400円でスープとドリンクが付けられる。軽食としては、他、オムライスやシーザーサラダ、シーフードのココット等がある。

 

【お店情報】

アンリシャルパンティエ 銀座メゾン サロン・ド・テ 銀座2-8-20 ヨネイビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日

御膳房 海鮮八宝菜 (銀座)

R0000012003_2

食べたかったのは八宝菜。どこでも食べられそうなメニューなのに、これが意外に思いつかない。あんかけ焼きそばや汁そば。中華丼なんかはいくつも思い出せるのに、八宝菜は出てこない。

 

確かあったんじゃないかと思って、やって来たのは御膳房。ビルの前に少しだけ出ているメニューを確認すると、あったあった。定番ランチセットの中に「海鮮八宝菜」(1,250)

 

「海鮮」と謳っているだけあって、海老に烏賊、帆立等々がふんだんに。さっぱりした塩味だからこそ、海老や烏賊のぷりぷりとした食感が映える気がする。

 

メインの料理に、サラダ、スープ、サーザイと小鉢、それに杏仁豆腐付き。提供が早いのも、短い昼休みにはありがたい。

 

【お店情報】

御膳房 銀座店 銀座2-6-5 銀座トレシャス11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日

この冬美味しかったもの

Gr005047001

馴染みの店だと中々ここでは書ききれないが、この冬もたくさん美味しい料理を頂いた。Twitter Instagram では、その時々に紹介しているが、ここで書けなかったこの冬美味しかったものを総まとめ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日

EIKO スンドゥブチゲ (銀座)

Gr005289001

食べたかったのは、味噌汁に玉子を入れたもの。けれども、ランチ圏内で、食べられる店が思い浮かばない。それなら近いものはないだろうかとアレヤコレヤと考える。例えば、味噌煮込みうどんとか、そうだ、チゲもそうか。それで、久しぶりにEIKOでスンドゥブチゲ(880)とやって来る。

 

今日も中々の繁盛ぶり。入口ですれ違った先客の席がちょうど空いて、滑り込み。食べたいものは決まっているから、すぐにスンドゥブチゲをお願いする。

 

相変わらずの濛々グツグツ。火傷しそうだと、気を付けながら、スープを啜る。続いて、あふあふと豆腐やあさり、玉葱。辛いけれども自然な味わいが好きだ。肝心の玉子は最後のほうまで残しておいて、少し残したスープにご飯を入れて、辛いおじやみたいに食べる。これが好き。

 

食べている途中、そういえば月曜日もそんなことを云ってたなと思い出したが、好きなんだから、立て続けになっても仕方がない。むしろ当たり前。

 

【お店情報】

韓国味工房EIKO 銀座本店 銀座1-5-2 西勢ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«北野 旬魚の炭火焼き (銀座)