2021年1月26日

只今 おばんざいランチ (銀座)

R0014263002

久しぶりの出社で悩むのは、やはりランチのこと。行きたい店、お会いしたい方が多くあって、どこか一つに絞るのは難しい。カキフライなど、季節の食べたいものも色々あって、悩みに悩んで、只今へ。今日の気分は、おかずが色々だったからだ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年1月25日

蒲重蒲鉾店 おでんのテイクアウト (阿佐ヶ谷)

R0014255001

ランチタイムにWeb会議が設定されたから、今日はテイクアウトでお昼にしようと考える。最近は、店内飲食だけでなく、テイクアウトのお弁当を始めている店も多いから、どこにしようかと悩んだが、いいものを思い出した。阿佐ヶ谷パールセンターに、かまぼこ屋があり、そこでおでんも販売しているのだ。

蒲重蒲鉾店は、昭和11年創業の老舗かまぼこ店。家族経営で、最近は、3代目のお嬢さんも手伝っている姿も見える。店頭には、自家製のさつまあげ(おでん種)がずらりと並んでいて、奥のショーケースには、はんぺんやロールキャベツ、煮凝りなどが並ぶ。まだ、さつま揚げが揚げ立ての時などは、「そのままでも美味しいわよ。揚げ立てだから、少し袋の口を開けておきますね」なんて、声をかけてくれる温かさが好い感じなのだ。

おでんは、店頭の右端で販売されていて、以前は、店の端で食べることも出来たが、現在は、この状況のため、テイクアウトのみ。けれども、1つ80円からと、とてもリーズナブルで、さつま揚げだけでなく、このおでんのファンも多い。

今日は、好物の玉子と昆布、大根、こんにゃくに、自家製のはんぺんとさつま揚げ。さつま揚げは、数種類あって、大好きな紅生姜を。自家製はんぺんは、ふわふわなめらか。さつま揚げも、滑らかで、魚の旨い味がする。大根やこんにゃくにも、出汁がしみしみ。やっぱり旨いなぁ。

この商店街も、個人店が少なくなって来ているが、ぜひ、続けてほしい店。また、お伺いします。

【お店情報】
蒲重蒲鉾店 阿佐谷南1-47-10 地図

| | コメント (0)

2021年1月24日

只今 (銀座)

R0013603002

予感的中。昼のお気に入りの店は、やっぱり夜も好きだった。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年1月22日

らせん屋 牡蠣のクリームグラタン (阿佐ヶ谷)

R0014223001

テレワーク中に、絶対にランチで食べようと思っていたのが、らせん屋の牡蠣のクリームグラタン(1,200円)。旨い洋風料理が気軽に食べられるから、昼に夜にと伺っている地元の人気店。

お伺いすると、席間をとっているからゆったりとしているが、席はほぼ埋まっている。カウンターの1席を頂いて、お願いするのは、もちろん牡蠣のクリームグラタン。羊のハンバーグやメンチカツも旨いが、今日は目移りなんてしない。

そういえば、ランチのセットのサラダを頂くのは、初めてかもしれない。サラダランチもあるからだろうか。セットというのは立派なサラダ。野菜も瑞々しくて、量もたっぷり。これは嬉しい。

そして、お目当てのグラタンが届く。目にも、牡蠣の存在が確認できるというのがそそる。フォークを入れて一掬い。ふわっと立ち上る湯気と香りが、もう堪らない。ふぅふぅと少し冷まして頬張ると、牡蠣だけでなく、牡蠣の風味を抱いたクリームソース、それをたっぷりと纏ったマカロニまでもご馳走。それに、仕上げの粗挽き黒胡椒が、少々大人の香りと味わいへの仕上げ。

食後には、コーヒーを頂いて大満足。今度は、アルコールが飲める時間に、ゆっくりと頂きにきたいなぁ。

【お店情報】
西洋食堂 らせん屋 阿佐ヶ谷店 阿佐谷北2-5-10 地図

| | コメント (0)

2021年1月21日

テンポラネオ食堂 日替わり定食 (荻窪)

R0014209001

ずっと気になっていた店がある。荻窪駅の南側、人気の洋菓子店Le Coeur Purの裏手に、ひっそりと看板を上げるテンポラネオ食堂。昼も夜も、拘りの日替わり定食(1,200円)1本のみを提供。興味はあるが、夜の米は液体のため、伺う機会がなかったのだ。テレワークなら行けるじゃないかと、いそいそとやって来た。

まるで普通の民家のようなアプローチ。伸びる石畳を抜けると店が表れる。席はかなり絞って合って、カウンター3席とテーブル2卓。ゆったりと寛げる雰囲気だ。目の前には、「セルフサービスのほうじ茶を飲みながら、ゆっくりとお待ち下さい」という案内。お一人で一汁三菜を拵えるのだから、ゆったりと待たせてもらおう。

今日のメニューは、鶏むね肉のパン粉焼きに、いわし丸干し、ほうれん草のおひたし、10種類程の野菜がたっぷりの味噌汁、土鍋で炊いた雑穀ご飯、自家製のぬか漬けと盛り沢山。中でも印象的だったのが、いわし丸干し。頭からガブッと齧り付くと、身と脂の濃い旨味、香りにグッと来る。味噌汁には、トマトやズッキーニなど、あまり味噌汁になじみのない野菜も入るが、澄んだ出汁の味わいが何とも奥深い。

隅々まで気が配ってあって、透明感のある料理たち。ちょっと居住まいを正したくなるような、それでいて、ぬくもりがあって優しい。これは何度も伺いたくなる。

【お店情報】
テンポラネオ食堂 荻窪5-18-9 杜ビル1F 地図

| | コメント (0)

«阿波や壱兆 田舎ぶっかけ (阿佐ヶ谷)