2020年10月23日

いちにぃさん 蒸しとうふセット (銀座)

R0012986001

昼休みの直前までweb会議があって、バタバタと外に出ると、小雨交じり。どうしようか。なんとなく気分は和食。揚げ物の気分ではない。味噌汁はほしいなぁ…などと考えながら歩いていると、閃いた。いちにぃさんの蒸しとうふセット(950円)だ。あっさりとした和食で、湯気があるし、そして大きな豚汁付き。

心配は、行列のできる人気店だということだが、来てみると、順番待ちの発券機には、まち人数0人。珍しいこともあるもんだと、腰をかけて料理を待っていると、続々と客がやって来るのが耳に届く。それにしても、入口で席を案内してくれる店員さんの相変わらずの名調子。もう、これがないと寂しいな。

さて、やって来た蒸しとうふ。豚肉が入ったせいろ蒸しもあるが、断然こっちだ。ポン酢にチョンとつけて食べる蒸し立て熱々の豆腐が好きだ。それに甘い玉子焼き。小さい頃に母が作っていた玉子焼きは甘くて、いつもそれを思い出す。そして豚汁。大きな器にたっぷりと提供されるところが好い。

素敵庵も閉店して、インズ1の地下で営業している店はここだけ。随分と寂しくなったものだ。

【お店情報】
いちにぃさん 銀座店 銀座日3-1 銀座インズ1 B1 地図

| | コメント (1)

2020年10月22日

銀座スイス ポーク生姜焼きとオムレツ (銀座)

R0012968001

今日は玉子だ!と向かったのは、銀座スイス。ずっと気になっていたのが、ポーク生姜焼きとオムレツのランチ(1,320円)。大好物の盛り合わせだけに、今後来たら是非にと思っていたのに、メニューの載っている日とない日があって、食べたいとやって来ては、何度か振られてきたものだ(法則も今は不明。もしかすると週替わりかも)。

今日はどうだろうと、店前でメニューを確認すると何とある!よしっと引き戸を威勢良く開けると、オッと、お客さんで一杯。満席かと思ったが、唯一空いていたテーブル席を案内してくれた。

注文をしてしばらくすると、黄色い愛しのオムレツがこちらに向かってやってくる。隣には、堂々と厚切りの豚肉。それに生姜の香りが食欲を誘う。その誘いに乗っかって、先ずは、生姜焼きと一口大にして噛み締めると、今度はカレーの香りがふわり。あゝ、これはご飯がほしくなる。

そして、オムレツ。ぽってりとして焼き目一つない麗しさ。ナイフを入れると、中からとろりと見事な半熟。口当たりの優しいことにもうっとりする。マカロニサラダや、千切りキャベツや貝割れ大根に施されたドレッシングも素敵。少し背を伸ばして洋食をといった頃の匂いがして好きだ。

やはり人気はカツカレーだろうか。ハンバーグと日替わりフライのランチも人気。皆、ゆったりとニコニコと過ごす雰囲気も好い。

【お店情報】
銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (0)

2020年10月21日

999 トムヤムラーメン (日比谷)

R0012960001

なんだか辛いものでスッキリとしたくて、久しぶりにタイ料理で辛いものをと思いつく。そういえば、日比谷のJR高架下に出来た日比谷グラメゾンに、タイ料理屋が出来たんじゃなかったっけ。メイン料理に沢山サイドメニューがついてくるランチだったと記憶している。

やって来て思い出した。中野にもある店だ。パクチー鍋に興味があったが、いつも満席の繁盛店。なるほど、そこの姉妹店か。チープでキッチュな椅子やテーブルにタイポップスで雰囲気もバッチリ。

さて、ランチ(900円)。カオマンガイにカオカームー。ガパオライスにパッタイ、グリーンカレーにトムヤムラーメン。定番どころが勢揃い。今日目当ての辛いマークがついている中から、トムヤムラーメンをお願いする。

お盆の上には、皿が一杯。メインの他、蒸籠に入った蒸し春巻きに、サラダ、冷奴にスープ、季節の小鉢はタイの肉じゃがだそうだ。これにタイ茶のドリンクバー付き。ココナッツミルクが香るトムヤムスープには、大きな海老がドンと乗る。器がやや小さめかと思ったが、中には麺がたっぷり入って、辛くてほんのり甘くて満足。

【お店情報】
タイ屋台999(カオカオカオ) 日比谷店 内幸町1-7 日比谷グルメゾン 地図

| | コメント (0)

2020年10月20日

ふじむら カキフライ (築地)

R0012940002

ふじむらのカキフライは、早い時期から出ていたはずだと思い出し、ふじむらまで一走り。少々遠いが、牡蠣のためならエンヤコラ。

遠いことも懸念だが、繁盛店ゆえの行列も心配だ。案の定、2組ほど待っていたが、消毒と検温、それに先に注文をしていると、数分で案内された。回転の良さも魅力的。

さてやって来たカキフライ。おぉ、大きい。今シーズンの最大級。先ずは何も付けずにそのまま大きく口を開けてガブリ。よく揚げの香ばしい衣の下には、火が入って締まった身がブリンとその存在を主張する。その後にはエキスがタラリと落ちる。こんなこともあろうかと、茶碗を持っておいたんだ。次は辛子。レモンにタルタルと、愉しみ方も様々。もう一皿食べたいくらいだ。

小鉢が2つに、卓上には漬物と梅干。旨いご飯に味噌汁がついて1,100円はお見事。それに、店やお店の方の活気が、大変に気持ちがいい。カキフライを待っていた人も多いのだろう。聞いていると、よく注文が入っていて、店を出る頃には残り2台。カキフライを目指す方は、お早めに。

【お店情報】
築地 ふじむら 築地2-14-12 地図

| | コメント (0)

2020年10月19日

涵梅舫 マーボー豆腐 (銀座)

R0012923001

温まるものが食べたい。具体的には何だろうと考えてみると、そうだ、麻婆豆腐だ。それなら、久しぶりに行ってみようと思い立った店に行ってみると、なんと予約で一杯とのこと。残念だが、このご時勢に素晴らしいこと。それなら、自分の麻婆豆腐ランチの定番、涵梅舫にやって来る。

麻婆豆腐(1,100円)が食べたいとここに来るのは、単純に、ここの麻婆豆腐が好きだからだ。先ず、熱々の土鍋で届けられ、蓋が取られると、途端に広がる湯気と共に立ち上がる香りが好い。それに、山椒の痺れ具合が特に好み。口に運ぶと、豆腐の滑らかさや、ゴロッと入る挽肉の噛み応え、辛味と痺れ、コク味が次々とやって来て、とても賑やか。

合間には、前菜として運ばれてくるザーサイや青梗菜、玉子スープで小休止。最後には、杏仁豆腐でクールダウン。熱さと辛味で火照った体もいい塩梅にポカポカ。

こちらにも随分と客が戻ってきている様子で、やはり人気は麻婆豆腐。麻婆豆腐と同じくらいに好きだった、週替わりの海老玉子炒めが復活しないかなぁ。

【お店情報】
銀座 涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8階 地図

| | コメント (0)

«シュウマイルンバ (西荻窪)