2024年7月17日

サバイディー クイッティアオトムヤム (阿佐ヶ谷)

R0004180001_20240717185401

久しぶりの在宅勤務で、昼に外に出てみたら、想像していたよりも日差しもあって暑いくらい。これなら、大好きな半田そうめんを食べようと店へ向かうと、店の前に人だかりが見える。ホントに?と近づいてみると、店内は満席だし、並んでいるのは、外国からの旅行者らしき方々。

これは、今日は近づけない。けれどもすっかり麺気分。隣のフォーの店もいいし、タイ料理の老舗のピッキーヌも好きだけど、たまにはサバイディーでタイヌードルにしようと思いつく。

サバイティーは、オープン以来、ずっとお世話になっているタイ・ラオス料理の店。ほとんどが週末や祝日の昼間に、飲みながらグランドメニューをいただく店。ランチメニューも豊富でリーズナブルなことで人気の店。

ランチメニューからお願いしたのは、クイッティアオトムヤム。所謂トムヤムラーメンだ。お願いすると、すぐにセットの生春巻きが運ばれてきて、ほどなく麺とライスが届く。あゝ、この赤い色、このナンプラーの香り。今日食べたかったのはこの感じと胸が躍る。具には、海老が2尾に、パクチーなど。風味豊かなスープはとても好みのタイプだし、これが米麺に染みて、啜るとスープの香りが広がって、またニッコリ。

店に入って出るまでに、15分ほどとサービスの早さにはいつも感心。また週末に。

【お店情報】
サバイディー 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南2-17-2 地図

| | コメント (0)

2024年7月16日

萬福 エビ玉定食 (銀座)

R0011897002_20240717023501

今日は東銀座で13時。行きたいと思っていた店が幾つかあったけれど、13時というのにどこも行列。一方、近くの萬福に目をやると珍しく行列がない。店の中を覗いてみると、ちょうど席を立ったばかりの方が一人いらっしゃって、入れ違いでカウンター席を確保。その後も続々と客が来て、絶妙のタイミングだったことを知る。

かなり久しぶりだが、メニューに変わった様子はない。この時期だったら、冷しそばのとりごま味だが、今日は過ごしやすいから、気になっていたエビ玉にしよう。

スープが運ばれてきたと思ったら、玉子を割って炒める音が聞こえてくる。この臨場感堪らない。そうしているうちに、エビ玉とご飯が届く。とろとろやわらかな半熟玉子に、ぷりぷりの赤い海老。そしてグリーンピースの淡い緑。もう見た目からご飯を呼ぶ。塩もバチッときいていて、エビ玉を頬張ったところにご飯で追いかけてもいいし、オンザライスにもぴったり。シンプルな構成のセットだからこその醍醐味。

周りを見るとやはり冷しそばが人気だし、中華そばや炒飯に餃子という方も。客は絶え間ないが、どことなくのんびりとした雰囲気もどこか懐かしい。

【お店情報】
萬福 銀座2-13-13 地図

| | コメント (0)

2024年7月11日

山形屋海苔店 海苔を愉しむお結び御前 (京橋)

R0011837001

ずっと来てみたいと思っていたランチにようやっと。京橋の中央通り沿いにある山形屋海苔店の本店の喫茶スペースで提供されているお結び御前。予約せずに伺ったこともあるが、いつも予約で一杯。今日はどうしても出社ならず、予約をして訪問。

目当てのお結び御前は、11:30~、20食限定で提供。12席ほどのスペースだが、12時前でもほぼ満席。この時点で既に10食ほどは提供済み。やはり予約が安心だ。

メニューは1種類のみ。お茶とおしぼりをいただいた際に、焼き魚の種類(鯛の味噌漬け焼き又はサーモンの塩焼き)を問われるだけ。しばらくすると、焼き魚や吸い物、小鉢が揃えられた膳が届く。

吸い物はばら干し海苔。旬野菜のお浸しには、海苔黒酢のドレッシング。明石たこのやわらか煮なら、わさび海苔など、海苔が至る所に使われている。出汁が別に出される吸い物なら、椀に出汁を注ぎ入れると、海苔の香りがふわりと立つし、ドレッシングならこういう使い方もあるかと新しい発見。

メインのおむすびは、膳が揃ってから、目の前で一つずつ握ってくれる。一つ目は、有明海産の海苔を巻いたもの。頃合いを見て握ってくれる二つ目は、三河湾産の青まぜの焼きのり。温かくご飯をやわらかく結んだおむすびは、ほっとして、思わず笑みが零れる美味しさ。

特に二つ目のおむすびは、目の前に届いた途端、海苔の香りに包まれるほど。余りに嬉しそうな顔をしていたのか、「この海苔、本当に香りがいいんですよ。そして白いご飯にもよく合うんです」とニッコリと教えてくれた。

海苔の素晴らしさは勿論、おかずも見事。特にサーモンの塩焼きや、たこのやわらか煮は、おむすびに匹敵する美味しさ。これは、予約をしてもまた来たくなる。

【お店情報】
山形屋海苔店 京橋本店 京橋2-6-21 パイロット阪急阪神グリーンビル1F 地図

| | コメント (2)

2024年7月10日

ハーマーズグリル 牛タンシチュー (阿佐ヶ谷)

R0011827001_20240710192601

先週ロースステーキをいただいたハーマーズグリルに、日を置かずに再訪。というのも、今週の週替わりランチの牛タンシチューがどうしても食べたかったからだ。

肉推しの店だから、もちろん週替わりメニューの肉推し。先週は、ブラックペッパーチキンで、来週はハヤシライスだそうだ。

カウンター席に座って待っていると、ソースの好い香りが漂って来た…と思っていると、カウンター越しに料理が届く。おぉ、スキレットに入って熱々でやって来た。牛タンの塊が2つに、つやっつやのソース、アスパラや人参、玉ねぎなどの野菜。これは、テンションが上がる。

ナイフを出してくれたが、牛タンは箸で簡単に切れるほどの柔らかさ。口にしてもほろほろとほどけて、舌の上に残る旨味とソースの芳醇な香りとコク。ランチでなければ赤ワインがほしいところ。

けれども、ランチセットとしての、こんもりと装われたサラダに2種類のマリネとスープ、グレープフルーツで大満足。次来るときは、定番か週替わりか。悩むことになりそうだ。

【お店情報】
Meat Kitchen HARMER's GRILL 阿佐谷南3-37-5エレガント阿佐ヶ谷 201 地図

| | コメント (0)

2024年7月 9日

きょうのランチェ 白と緑のゴーヤチャンプルー (荻窪)

R0011798003

このところ、ゴーヤチャンプルーが食べたいと思っていたのだけれど、特に在宅勤務だとランチで出している店が中々ない。そんな中、今週の週替わりメニューにゴーヤチャンプルーを見つけてやって来たのが、きょうのランチェ。

荻窪駅の南側、Barの間借りでランチ営業をしていて、栄養士と野菜ソムリエの方が作る野菜たっぷり、小鉢がたくさん付いた定食が3種類。ゴーヤチャンプルーのつもりで来たのに、アジフライもメニューにあって一瞬悩んだが、今日はやっぱりゴーヤなのだ。

サラダや副菜などを盛り付ける一方で、ゴーヤチャンプルーは注文が入ってから調理。ジューッという豆腐や豚肉を炒める音に続いて、玉子をかき混ぜる音。そうしていると、自分の前に料理が届く。

ゴーヤチャンプルーを中心に、サラダに茄子の煮浸し、キャベツとコーンの炒め物、瓜の浅漬けにご飯と味噌汁がセット。ゴーヤはメニューにも書いてあるとおり、白と緑の2種類使い。大振りの豆腐に豚肉、それらにたっぷりと絡まる玉子。今日はここで正解。

具沢山のスープを目当てに来ることが多かったが、こういう料理も好い。次は季節の料理を味わいに。

【お店情報】
きょうのランチェ 荻窪5-29-1 地図

| | コメント (0)

«らせん屋 旬野菜と豚しゃぶ肉の山盛り和風サラダ (阿佐ヶ谷)