2022年9月26日

瓜坊の定食屋さん 鶏肉と茄子の味噌炒め (荻窪)

R0004451001

そろそろここの料理が食べたいなぁとやって来たのは、瓜坊の定食屋さん。メインの料理の他に、3種類の副菜と旨い白飯と味噌汁、漬物。メインの料理も和洋折衷。毎日日替わりで8種類ほどあるから、食べたいものが絶対に見つかるという安心感。

今日も店前まで来て、店頭に貼られた今日にメニューを確認する。以前いただいた納豆オムレツもあれば、今日は暑いが、鮭のクリームグラタンも絶対美味しいに違いない。さてどうしよう。中に貼ってあるメニューを改めて見てみると、店頭にはなかった、鶏肉と茄子の味噌炒めの文字が目に入る。秋の茄子に味噌に炒め。これ絶対好きなやつ。

副菜が用意されている一方で、メインの料理が調理される。ご飯と味噌汁が揃うと、目の前に運ばれてくる。なるほど、こういう感じか。赤味噌で育ったから、茄子の味噌炒めと聞くと、勝手に濃い色の料理を想像していたが、色白の綺麗な味噌炒め。味わいも味噌のコク味が活きた穏やかな味。副菜も色とりどり。今日印象的だったのは蕪の煮物。干し蝦の風味が利いて、やさしいが風味豊かで、とても好きだ。

そして、何といっても一杯ずつ仕上げてくれる透明感のある味噌汁と、ほかほかご飯。そろそろグラタンが美味しい季節になってくるだろうし、次来るときが楽しみだ。

【お店情報】
瓜坊の定食屋さん&お惣菜お弁当 荻窪5-7-11 地図

| | コメント (0)

2022年9月25日

米平 (青森)

R0004074001

日本中に、まだ知らない素敵な店があるだろうことを想像させるドキドキ感。だから旅って素晴らしい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022年9月22日

ピッキーヌ カウソイ (阿佐ヶ谷)

R0004445001

朝は肌寒かったから、温かいものがいいなぁと思っていたが、昼が近づいてくると日も差してきて、想像以上に温かい。これなら鍋でなくてもいいなぁ…なんて考えだしたら、先日振られて心残りだった、ピッキーヌのカウソイを思い出した。

タイの麺料理の中でも、カウソイは好きだ。カレー味というのも好いし、何より、上には
揚げた麺、下には茹でた麺と、異なる麺が楽しめるというところが素敵。それに、カウソイに出会ったのがピッキーヌだったということが大きいのかもしれない。ピッキーヌのは、麺が少し太めで食感の存在感が面白いし、カレーが美味い。

先ずはスープをいただいて、その後揚げ麺をつまんでポリポリと。ホントはシンハーが片手に行きたいところだ。一頻り楽しんだところで、揚げ麺も沈めてしまって、食感の違いを楽しむんだ。バリバリした麺とつるつるの麺が散らかる感じが面白いし、少しカレーを吸ってしんなりしてきたところも好きだ。しかも、これで今どき650円。揚げ春巻きなどが付くセットでも900円。

ずっと気になっていた、コロナ渦対策のテイクアウト半額キャンペーンは、ようやく終了を迎えた様子。そのせいだろうか、店内のお客様がグッと増えていた。日常が少しずつ戻ってきている気がする。

【お店情報】
ピッキーヌ 阿佐谷北2-9-5 地図

| | コメント (0)

2022年9月21日

イスタンブール ほうれん草とひよこ豆のオーブン焼き (銀座)

R0004435001

在宅勤務で寂しいと思うのは、外国の料理のランチを出してくれる店が少ないこと。今日は、日常ではない味が欲しい気分。コリドー街を探索がてら歩いていると、あゝ、そうだ。イスタンブールも随分とご無沙汰ではないかと気がついた。

イスタンブールは、コリドー街の中ほどにあるトルコ料理店。ランチタイムには、ケバブ&ライスに、ケバブラップ、日替わりが2種類ほど。ケバブ&ライスをいただくことが多かったが、日替わりをみると、「ほうれん草とひよこ豆のオーブン焼き」が目に入る。写真を見ると、ほうれん草にひよこ豆の他、チーズに玉子。これ、絶対好きなやつ。

先ず、スープとサラダが届く。そうそう、このサラダのハーブ使いの特徴的なドレッシングが好きなんだ。それに、スープはレンズ豆。滑らかだが、豆のホクホクとした風味があってやさしい味。

そして、メインの料理が届いた。オーブンで焼かれていて、皿全体から、立ち上がるような熱気。一面に敷かれたほうれん草にひよこ豆。その上には溶けたチーズと目玉焼き。頬張ると、シンプルだからこそのほうれん草の味が引き立って、想像どおりの好きな味。それに、玉子は程よい焼き加減でご機嫌。

食後には、異国情緒あふれる店内で、ゆったりとトルコ紅茶を頂いて、気分をリフレッシュ。こういう昼休みが必要なのだ。

【お店情報】
イスタンブール 銀座店 銀座7-2-2 地図

| | コメント (0)

2022年9月20日

らせん屋 若鶏のジンジャーソテー (阿佐ヶ谷)

R0004416001

少し肌寒いし温かいものをと、ある店に向かっている途中、あれ?火曜日は定休日ではなかったかと思い出し、念のためと店前まで来ると、やっぱり休み。この辺りで他の店といえば、まず思い浮かぶのがらせん屋だ。旨い洋風料理が気軽に食べられるから、昼に夜にと伺っている地元の人気店。

扉を開けると団体のお客様もいらっしゃって、かなりの盛況。テーブルが1卓だけ空いていて、そこに滑り込み。ここに来ると、豚しゃぶの山盛りサラダをいただくことが多いが、今日は、日替わりの肉料理を。ソテーや煮込み、ソースのアレンジも様々で、今日は若鶏のジンジャーソテー。

届いた料理は、相変わらず綺麗な盛り付け。それに、ナイフを入れると、パリッという音が聞こえそうな焼き目がそそる。頬張ると、皮目の香ばしさに続いて、生姜の爽快な香りがふわり。パンを選んだが、ご飯にも合いそうだ。ブロッコリーや人参の他、大根のソテーが付け合わせ。

食後には、セットのドリンクと、懐かしい小さいお菓子のサービス。来ると必ず、ビールやワインを片手に楽しんでいらっしゃる方がいるという雰囲気も好きなところ。もうしばらくしたら、牡蠣のグラタンも出てくるだろうし、これからが楽しみだ。

【お店情報】
らせん屋 阿佐ヶ谷店 阿佐谷北2-5-10 地図

| | コメント (0)

«三州屋 アナゴフライ定食 (銀座)