2019年7月19日

ムーチョ モダン メキシカーノ ポーチドサーモン (丸の内)

R0008368001

昨晩の愉しい酒のせいだろう。今日は、酸っぱくて辛いものが欲しくて仕方がない。タイ料理も頭を過ぎったが、何となくメキシカン。サルサソースっぽい味が食べたい。それで、やって来たのは、TOKIAのムーチョモダンメキシカーノ。明るくてフレンドリー、活気のあるメキシコ料理店。

ランチメニューも充実していて、タコスにチキンファフィータ、エンチラーダ、トスターダサラダ等々。うむ、悩む…。エンチラーダは好物だし、なんて思っていると週替わり(1,000円)のランチが目に入る。ポーチドサーモン。ソースがハラペーニョ・ラビゴットソースとあって、ピンと来た。食べたいのはコレ。

セットのスープとドリンクに続いて、料理が運ばれてきた。サラダにメイン料理のサーモン。フライドポテトと元気になりそうな黄色いライスのワンプレート。たっぷりと厚みのあるサーモンは、しっとり柔らか。そこに、フレッシュで爽やかな辛味と酸味がいいアクセント。香草もたっぷり添えられていて、そうそう、今日欲しかったのはこういう味。

丸の内にお勤めらしい方々で大盛況。次は、エンチラーダ気分のときに。

【お店情報】
MUCHO MODERN MEXICANO 丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 2F 地図

| | コメント (0)

2019年7月18日

酒の穴 お好みランチ (銀座)

R0008327001

和食の気分。しかも魚。ついでに云えば、他にも何か野菜のおかずがあると好いのだが。魚系の定食の店を幾つか思い出してみたが、ピンと来ない。ふむ、他にはどこかなかっただろうか。そうだ!こういう時は、酒の穴だ。

茶碗蒸しが食べたいときにやって来る酒の穴。特に、3種類の料理を選んで作る「お好みランチ」(1,130円)が気に入っていて、たびたびやって来る店。選べる料理の中に大きな茶碗蒸しがあって、これを目当てにやって来ることが多いが、他にも刺身や煮魚、焼魚、揚げ物など、様々な料理が選ぶことが出来るのだ。

それで、今日はかますの開き、ほうれんそうの胡麻かけ、そしていつもの茶碗蒸し。淡白で品の良いかますも好いし、たっぷりと胡麻ダレがかかったほうれん草も好物の一つ。それに、中に種類も量も具材がふんだんに入った茶碗蒸し。量がたっぷりとあって、好物が、食べても食べてもまだあとるいう倖せよ。

茶碗蒸しは本当に人気で、売り切れることも多いもの。注文前に「まだ茶碗蒸しありますか?」と聞く方も多くて、今日も12時10分頃には売り切れた模様。茶碗蒸し目当てであれば、早い時間が必須。

【お店情報】
酒の穴 銀座3-5-8 銀座らん月B1 地図

| | コメント (0)

2019年7月17日

謝謝ラーメン ニラ玉子炒め定食 (日比谷・有楽町)

R0008306001

ここ半年ばかり、ずっと気になっているものがあった。日比谷の高架の向い。昼時になると行列ができる町中華。これが食べたいと気になっていたのは、ニラ玉子炒め。店前に出されているメニューの写真を見ると、惜しまれつつ閉店した中華シブヤのニラ玉のように、炒めた野菜の上に焼いた玉子の帽子をかぶせたようなやつだからだ。

ほとんどの日に行列があって、食べるものを決めているときに限って行列がなかったりして、中々伺えず仕舞いだったが、今日はどうだと向かったら、行列はなし。会計する人を待つだけで、席にありつくことが出来た。

注文はもちろん、ニラ玉子炒め定食(820円)。皿の上には、眩い黄色。しかもこのふわっとした感じと襞。焼きすぎでも半熟でもなく、程良い空気感を保った玉子で、かなり好みの口当たり。下のニラやもやし、豚肉の炒めものを巻いて食べるのも好い。定食には、餃子が3つ、ライス、味噌汁、卓上には漬物がセットの満腹ランチ。

テーブルは勿論相席必至。「いつも」「毎度」の客が多い日常の店で、回転は頗る速い。酒場に「ニラ玉」があると、ついつい注文してしまうが(「ニラ玉」は店によって様々でとても面白いと思っているが、その話はまた別の機会に)、また一つ、好きなニラ玉を見つけた気分だ。

【お店情報】
謝謝ラーメン 有楽町1-3-8 かどやビル 地図

| | コメント (0)

2019年7月16日

王十里サランチェ サムゲタン (銀座)

R0008281001

何だかサムゲタンの気分で、王十里サランチェへ向かう。もう少し暖かくなってもと思う日和に、温かい汁ものが恋しい。一方で、この店なら、愛しのユッケジャンもあるが、今日は辛いものよりも、旨いスープと鶏肉をたっぷりと愉しみたい。

ランチタイムは12:00~と書いてあるが、到着したのは数分前。声をかけてみると、「どうぞ、どうぞ」と入れてくれて、一番乗り。けれども、12:05にはもう満席という相変わらずの人気ぶり。

サラダとチヂミやキムチ、ナムルなどに続いて、サムゲタン(1,300円)がやって来る。そうそう、このスープ。見た目にも濃厚なスープは、鶏肉や高麗人参、なつめ等々のエキスが染み出て滋養たっぷり。ほかほかと身体の中から温まる。

たっぷりと入る鶏肉は、スプーンで簡単にほぐれるほどにやわらか。前回店の方に教えて貰ったとおりに、スプーンを使って大きくほぐすととても食べやすく美味しさ倍増。大満足。

お隣の方は、二人でユッケジャンと鉄板鶏カルビを頼んで、取り皿を貰ってシェア。なるほど、そういう愉しみ方もいいな。――まぁ、生憎、ランチを誰かとという予定はないけれど。

【お店情報】
王十里サランチェ 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0)

2019年7月11日

トロヤン ブルガリアン ランチビュッフェ (銀座)

R0008243001_20190711225501

時々、猛烈にヨーグルトの味が欲しくなる朝がある。大抵、ヨーグルトドリンクを買ってということが多いが、今日は、トロヤンでランチにしようと考えた。メイン料理に前菜ビュッフェのランチ(1,100円)には、ブルガリア料理店らしい、ヨーグルトを使った料理や飲み物がいくつか並んでいるからだ。

特に好きなのが、水切りヨーグルトで作ったサラダのスネジャンカ。口当たりはしっかり水切りがされているからもったりとしているが、味わいはシンプルで爽やか。それでいて仄かに胡瓜の青さやハーブが香るところが好きだ。

メイン料理は、いつも豚肉と野菜の煮込みのカヴァルマを頼むが、新しく鶏肉の赤ワイン煮込みと白身魚のポワレが並んでいて(限定5食)、白身魚のポワレを。ソースはヨーグルトソースで、さっぱりとしてとても夏向き。

ビュッフェのほうには大きな変化はないが、肉団子の味付けが変わっていたり、フライがあったりと、少し変化がある様子。テーブルはほぼ満席。相変わらずの盛況ぶり。

【お店情報】
ブルガリアンダイニング トロヤン 銀座1-9-5 ホテルユニゾ銀座一丁目1F 地図

| | コメント (0)

«テクストゥーラ Lunch Plate (日比谷)