2021年7月27日

らんふぁ 焼鮭定食 (阿佐ヶ谷)

R0016536001

微妙な空模様に、あまり余裕のない昼休み。そんなときは、ほっとできる近場の店。今の癒しの店といえば、らんふぁ。たい焼きやたこ焼き、焼きそばなどを売る軽食屋。2階の食事スペースの雰囲気と定食に一遍で気に入ってしまった店。

下から店を見上げると、何人か先客がいらっしゃる様子。けれども、いつも自分が座る席は空いていることを確認して2階へ。ベテランの先輩方がそろい踏みで、お店の方とも楽し気に話している。

さて注文だ。焼肉、鯖と来たから、今日は定食の残りの一つの焼鮭定食。暫くすると、「お待たせしました~」と料理が届く。メイン料理の他に、手作りの小鉢が3種類付くというのも、好きなところ。今日は、玉子焼きに、わかめの酢の物、茄子と油あげの煮物。家庭的で如何にも手作りというところが好い。鮭もふっくら。こういうおかずは、毎日食べても、きっと美味しい。しかも、780円とお手頃価格。

後からやって来たご常連は、「いつもの」という注文。何がいつものだろうと興味を持ってみていると、自分と同じ焼鮭定食。これもいいですよね。そばやうどんもあって、皆それぞれ楽しんでいる。日常に添う普通だけれど、それがとても心地いい食堂。また来ます。

【お店情報】
らんふぁ 阿佐谷南1-13-14 地図

| | コメント (0)

2021年7月26日

阿波や壱兆 田舎ぶっかけ (阿佐ヶ谷)

R0016525002

今日は絶対に半田そうめんで、ツルツルっと行こうと決めていた。先日改装のために食べ損ねた、鯖缶トマトつけ麺とか愉しみだなぁと思って家を出る。

ところが、外に出ると日は陰っているし、風も吹いていて少し涼しい。これなら、温かい麺もいいかもなぁ。前に美味しくいただいた温かい田舎ぶっかけ。あの椎茸の煮たの旨かったなぁ…なんて考えていると、俄然、温かいそうめん熱が高まって来る。

やって来ると、カウンターのみの小さな店だが、ほとんどの席が埋まっている。最近、認知されてきたという店の方の話を聞いたが、なるほどなぁと実感する。半田そうめんが認知されてきたことは、ファンとしてとてもうれしい。

お願いしたのは、やっぱり田舎ぶっかけの温かいもの。調子に乗って、椎茸のトッピング。店の方から、「初めから乗っていますが?」と聞かれるが、たっぷりと愉しみたいのだ。

さて、届いた田舎ぶっかけ。オーナーのお母さんが食卓に出していたものを再現したもので、そうめんの上に、錦糸卵に鳴門わかめ、かにかま、椎茸、青ネギが乗ったもの。先ずは、出汁を頂くと、温かくて旨味とさっぱりさとの塩梅が好い。そして、ズズズッとそうめんを啜り上げれば、つるつるでモチモチの存在感が口いっぱい。

結局、トッピングの注文は飛んでしまったのだが、甘い椎茸はやはりツボ。椎茸の味わいと甘さがとても好きだ。次こそ倍に。そうだ、他のそうめんに、椎茸トッピングもありかもしれない。どんどん深みにはまりそう。

【お店情報】
阿波や壱兆 バイパス店 阿佐谷南3-2-3 ローレルビル 1F 地図

| | コメント (0)

2021年7月21日

ビフトロ バイ ラ コクシネル 鴨胸肉のロースト (京橋)

R0016502001

出社する予定を立てて、ランチをどうしようかと一悩み。ふと閃いてコクシネルのFacebookのページを見ると、ランチメニューに鴨のローストがあると書いてある。営業の時短や酒類の提供がなくなって、一番飢えているのが、こういう料理だ。これは逃す手はないと足を運ぶ。

人気店だからなぁ、入れるだろうかと少し心配して来ると、カウンターは埋まっているが、空いていたテーブル席を案内してくれた。自分の後にも続々と客がやって来て、店内は満席。けれども、この時期ならテラス席もいいだろう。

「お待たせしました」とやって来た皿は、相変わらずのボリュームと彩り。そして、香りからしてもう旨い。ローズピンクに焼き上げられた肉は、しっとりやわらか。それに脂の軽やかなこと。マスタードを利かせたソースも好い。あゝ、ワインがあれば云うことないのに。

それにとても印象的だったのが、付け合わせのメイクイーン。2年間熟成させたものだそうで、上等の焼き芋のような甘さと滑らかさ、奥深さ。こんな味は初めて。ジロール茸も添えられていて、もうそんな季節かと思う。

食後には、マドレーヌとコーヒーをいただいて、毎度のことながら大満足。飲めるようになったら、絶対夜に伺うんだ。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (2)

2021年7月20日

くーたん スン豆腐チゲ (荻窪)

R0016498003

なんだか辛いものを食べてスカッとしたい気分。それなら、スンドゥブチゲやユッケジャン。そうだ、荻窪のくーたんのスンドゥブチゲは、まだ宿題のままだから、都合がいいぞと考える。

けれども、ライチタイムには、何度か振られたことのある人気店。ダメならしょうがないと思ってやって来ると、珍しいこともあるもので、なんと一番のり。思わず、営業時間が変わったんじゃないかと、焦ってしまった。

まず、サラダにキムチ、韓国のりが運ばれてきて、その後、チゲが届く。濛々と立つ湯気にグツグツと沸くスープ。それに中々の赤み。おーおー、これこれ。先ずは一口とスープを飲むと、辛さもあるが濃い旨味。もう一口と食べ進むと、海鮮系の具がたっぷりで、それらの旨味だと気付く。こういうチゲ初めてだ。もちろん玉子は半熟で、残しておいたご飯を入れて、玉子たっぷりのおじやにして〆。

それほど辛くないと思っていたが、熱さもあって、食べ終わるころには気分もスッキリ。器はやや小ぶりだが、美味しさの情報量がふんだんで、まさに口福。夏限定の冷麺も始まっているが、参鶏湯も気になるなぁ。

【お店情報】
くーたん 荻窪5-29-11 地図

| | コメント (0)

2021年7月19日

アンペア オムレツのサンドイッチ (荻窪)

R0016493001

先日、久しぶりに杉並区の中央図書館へ出向いた。すっかり改装されて綺麗になっているし、窓から緑がたくさん目に飛び込んでくる気持ち良さ。そして、カフェが併設されていることにも驚いた。渋谷などに店舗を構えるサンドイッチとコーヒーの店。

サンドイッチは、季節のフルーツを挟んだフルーツサンドやツナサンド、ハムとチーズなどがあるが、気になったのは、もちろんオムレツサンド。鮮やかな黄色は厚みがあって、目に眩しい。今度はアレを目当てに来ようと、それで今日。

カフェスペースは、ゆったりとした造り。本を読んでいる人の他、お子さん連れの方や、パソコン作業をしている人。明るくて静かで、自分のペースで時間が過ごせる好い空間。テラス席もあって好い季節ならば、とても気持ちが良さそうだ。食事を注文するカウンターに向かうと、サンドイッチにドリンク、スープがセットになったランチセットを見つけて、それをお願い。

オムレツサンドは、実際に手にしてみると、その重さにびっくりする。大げさではなく、本当にずっしり。オムレツだけでも1.5cmはありそうな存在感。一方で、口当たりはとても滑らか。パンは、パーラー江古田のものだとか。

日替わりのスープ(今日はチャウダー)やコーヒーも美味しい。ちなみに、図書館併設のカフェらしく、サンドイッチには、作中にサンドイッチが登場する本から名前が付けられているというのも面白い。オムレツサンドは、森見登美彦「聖なる怠け者の冒険」から。調べてみると、長いこと憧れている京都の玉子サンドが出てくるそうだ。サンドイッチを通して、本にも興味が湧いてくるというのも素敵だ。

【お店情報】
ampere 杉並 荻窪3-40-23 杉並区立中央図書館 1F 地図

| | コメント (0)

«フォーハノイ ブンチャージョー (阿佐ヶ谷)