2018年7月22日

サカナとタナカ iriguchi (荻窪)

R0004324001

荻窪駅北口の線路と青梅街道の間の飲食店がゴチャっと並ぶあたり。小さい間口だが、とても清潔感のある店があって、気になっていた。店の名前は、サカナとタナカ iriguchi。西荻の繁盛店「しんぽ」で働いていた田中さんが開いた店だ。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日

宮下 牛たたき御膳 (銀座)

R0004359003

久しぶりのマロニエゲート。ひつまぶしの備長に出来る行列を見て、今日が土用の丑の日であることに気が付いたが、自分は肉を頂きに12階の宮下。肉割烹とあって、ランチタイムでも牛鍋やすき焼き、牛ひつまぶしなど、立派な値段の料理も並ぶが、10食限定のハンバーグや、月替わりのメニューは1,000円でおつりがくる価格で、近隣に勤める方々のグループも見える。

 

ハンバーグはまだ残っているようだったが、余りの暑さにをさっぱりしたものを欲して、それに気が付いたなら、「う」が付くものがやっぱり好いし、牛たたき御膳(900円)。


皿一面に花が咲いたように並べられてやって来る。玉葱に薄切りに、生姜、葱と薬味がたっぷり添えられているのがうれしいところ。牛肉で薬味を巻いて、タレをつけてパクリ。薬味と酸味の効いたタレが合わさって、肉の旨味の後に広がる爽快さ。

 

サラダにがんもどきの煮物、肉が入ってこっくり味の茶わん蒸し。ドリンクバーも付いていて、食後にゆっくりと出来るのも好い。

 

【お店情報】

江戸前肉割烹 宮下 銀座2-2-14 マロニエゲート12F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月19日

タベルナウオキン 厚切り豚肩ロースのステーキ (京橋)

R0004341001

「そうだ、エドグランの山茂登ですだちの冷やかけを頂こう」とやって来たが、この暑さにサラッとそばでもと思う人が多かったのだろう。見たこともない行列が出来ていて、回れ右。

 

このビルには、他にも飲食店は多くあるが、行列が出来ているところも多くて、ぐるりと見渡す。ウオキンに行列が見えないけれど――と近づいてみると、今週のランチメニューの「厚切り豚肩ロースのステーキ」を見つけた。これ絶対好きなやつ。店に入ってみると、1、2卓だけ空いていて、運よく滑り込めた格好だ。

 

それにしても、「厚切り」という言葉には、胸が躍る。ワクワクしながら待っていると、立派な厚切り肉がやって来た。それも、ソースがテラテラ、ニンニクチップが散らして合って、なんともワンパク。さらには、ポテチサラダに、ケチャップ味のスパゲティには粉チーズまで乗って、スタミナ満点。夏バテ知らず。

 

定番のランチメニューは、ミックスフライにハンバーグ、オムライス。それに、蟹クリームコロッケやアジフライのオプションあり。店自体や店員さんに活気があって、午後からの活力を得られるところが好い。

 

【お店情報】

タベルナウオキン 京橋 京橋2-2-1 京橋エドグラン 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日

松永牧場 焼肉定食 (銀座)

R0004340003

子供の頃、実家で焼肉といえば、切り落としやこま切れを、玉葱と人参の薄切りと一緒に炒めて、焼肉のタレで味をつけたものだった(ちなみに、一枚ずつ焼いて、タレや塩で食べる「焼肉」は、ホットプレートを使っていたから、「鉄板焼き」と呼んでいた)。 

ここのランチメニューに焼肉定食(1,000円)を見つけて、料理の写真を見たとき、野菜と切り落としのような肉を炒めたものだったから、ひどく懐かしくなって、そのうち一度食べようと思っていたもの。暑さのせいか、何のせいか分からないが、昨日の続きて今日も牛肉に野菜の気分で、これを思い出してやって来た次第。

 

これが、失礼ながら、写真よりもずっとそそる料理が運ばれてきた。確かに、薄切りの肉に野菜、玉葱やもやしを加えて、炒めてものだが、玉葱は甘いし、もやしはシャキシャキ、こんもりとボリュームもある。それを、ご飯の上にワンバウンドさせて、タレが染みたご飯も旨いやつ。サラダに牛肉入りの金平、香の物、味噌汁付きと、定食としても申し分ない。

 

エレベーターで一緒になったご婦人方が、景気よく「生ビール」なんて注文している声が聞こえてきて、羨ましくて仕方がない。

 

【お店情報】

松永牧場 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日

つばめや くまもと あか牛と野菜の陶板焼き (銀座)

R0004315005

食べたいのは肉と野菜。できれば肉は牛肉が好い。そうなると真っ先の思いつくのが、つばめやの陶板焼き(1,469円)だ。

 

何が好きかって、たっぷりとある柔らかくて旨味の強いあか牛と、その旨味をしっかりと纏わせた野菜たち。あか牛の薄切り肉の下には、キャベツや玉葱、人参、ピーマンが、こんもりと山のように盛られている。それらが、下から加熱され、上に敷いた牛肉で蒸されることによって、旨みと甘味、香ばしさを増して、さらにはあか牛の旨味まで加わって旨いこと。

 

それにあか牛は、塩胡椒の味そのままを楽しんだり、タレをつけてみたり、さらにはご飯を巻いたりと、何通りもの食べ方で楽しめて好い。ハンバーグやステーキ丼などが人気だが、自分は最近これ一択。

 

満席で入れないこともあるが、この暑さのせいか、店内にも余裕がある。しかし、夏は暑いものだけれど、毎年こんなにも暑かったっけ?

 

【お店情報】

つばめや 銀座1-2-1 紺屋ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«梟 (名古屋・新栄)