2020年2月20日

シャンティイ 鮮魚と帆立貝のポシェ (銀座)

裏銀座の方まで足を運べそうなスケジュール。昨年秋に伺った欧風料理の店を思い出してやって来る。虎ノ門から移転して来たシャンティイ。その後どうだろうと気になって。

間口の狭い入口から階段を降りる地下の店。静かだが、地下らしくなく、明るくて清潔感たっぷり。店に入ると、「いらっしゃいませ」と気持ちよく迎えてくれる。

以前頂いたのは肉料理。虎ノ門時代に好評だったというカレーは、なんとエゾ鹿のジビエカレーとすこぶる気になるものだったが、今日は軽めにしたい気分で、魚料理(1,100円)をお願いする。

魚料理は、2種類の鮮魚と帆立貝のポシェ(フランス風蒸し煮)。今日は鰈とサーモン。ふんわりしっとり。クリームソースも優しい味。今日欲しかったのは、こういうもの。添えられたスパゲティーはカレー風味。ちょっと懐かしく家庭的でグッと来る。

メイン料理に、スープとサラダ、パンがセット。スープはえんどう豆のポタージュ。淡い若苗色に春の気配を思う。それに、熱々で全粒粉が香る美味しいパン。だからこそ、たっぷりとあるのが嬉しい。

12時を過ぎると、近所にお勤めらしい方々が続々とやって来る。次こそカレーを頂きに。

*写真は後程追加
【お店情報】
欧風料理シャンティイ 銀座1-20-9 岡崎ビルB1 地図

| | コメント (0)

2020年2月19日

阿吽 はなれ 和牛すじ煮込みとサバ塩焼 (銀座)

R0010294001

先週、鶏の鍋を食べた後、辺りを歩いていると、真新しいビルの前でランチメニューを見つけた。見ると、煮込みや鶏肉の竜田揚げ、炭火焼きに、サバ塩焼きやブリの刺身がついた盛り沢山のランチメニュー。あれも食べたい、これも食べたいと悩んだ時にいいかもなぁと記憶していたところ。

そうしたら、あっという間に出番がやって来た。魚を食べたい気分だが、刺身か焼きか決め手に欠ける。それなら、刺身も焼きもセットになった店を幾つか思い浮かべてみたが、ふっとこの店のことを思い出した。

ランチメニューは6種類。刺身とサバ塩焼がつくのは、和牛すじ煮込みか、鶏もも肉の竜田揚げ。煮込み好きとしては、やっぱり煮込み。ちなみに、ランチは全て1,000円。

刺身もサバ塩も、想像していたよりも随分と立派なこと。それに、煮込みのすじは、口にすると歯がいらないほどに、ぷるぷるとろとろ。葉野菜のサラダにマカロニサラダ、ご飯に味噌汁、高菜漬けまでがセットで、中々のお得感。

ビルの10階で日当たりも眺めもいいし、提供も早く、昼休みを気持ちよく過ごすに好い。

【お店情報】
ぎんざ阿吽 はなれ 銀座8-2-16 FUNDES銀座 10F 地図

| | コメント (0)

2020年2月18日

中村屋(中村家) 牡蠣ちり鍋ライス (築地)

R0010266001

すき焼き的な肉豆腐に大感激した中村屋。他にも気になっている鍋メニューがあって、その筆頭は、牡蠣ちり鍋ライス(1,000円)。なぜって牡蠣。もう2月も中旬。メニューにあるうちに、どうしても食べておきたい。

まだ12時より少し前。お店もまだゆったりとしたムード。けれども、厨房からも「いらっしゃいませ~」と声をかけてくれる雰囲気がとても好きだ。注文するものは、もう決まっている。お茶を持ってきてくれたところで、透かさずお願いする。

お弁当など、早く出るメニューもあるが、鍋は少々時間がかかる。とは云っても5分程。肉豆腐と同じように、簡易コンロに火がついた状態で運ばれてくる。中には、ぷっくりとした牡蠣がズラリ。あゝ、これはうれしいなぁ。まさにほくほく。

段々と鍋が湧いてくると、牡蠣がキュッと少し縮んで白みが濃くなる。そこを透かさず、掬って、ポン酢に潜らせてパクリ。口いっぱいに広がるふんわりぷりぷり。仄かな潮の香りにポン酢が味をキュッと締めて、なんだか飲みたくなってきてしまう。

面白いのは、ごまダレも用意されているところ。初めてだったが、切れ味のいいごまダレで、中々牡蠣に合う。豆腐にしめじ、白菜に葱、つるつるの澱粉麺。立派な一揃え。

ちゃんこ鍋には何が入っているのかも気になるし、フライも食べてみたいなぁ。少し遠いが時間を見つけて。

【お店情報】
中村屋(中村家) 築地1-4-9 地図

| | コメント (4)

2020年2月17日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0010245004

朝から気分は、カレーそば。そうと来れば、どうしたって大好きな泰明庵だ。そして、カレーそばも好いが、この季節ならせりカレーそば(1,300円)。早いもので、もう2月も半ばを過ぎた。

店の前で、ちょうど店から出てきた人とすれ違う。これなら間違いなく入れそうだなぁと思いながらも、ついつい大丈夫かなぁなんて姿勢で引戸を開ける。すると、思っていたよりも空いていて、珍しく相席ではなく席を確保(とはいえ、やっぱり後に相席になるのだが)。

「おまたせしました」の声よりも早く、カレーと芹の香りが、そばが届くのを知らせてくれる。目の前に届いた器に目をやると、たっぷりのセリと、随分と太くなってきた根っこ。箸を入れて、そばをグッと引き上げると、カレーと芹の香りもグワリと強くなる。啜り込んで噛み締めると、更に膨らむ香り。それにシャクシャクとした食感が堪らない。

相席になった方々は、せりそば。お隣のテーブルの方々はせりカレー。品書きの多い店だが、この時期の人気はやっぱりせり。季節のうちに、もう一度か二度。

【お店情報】
泰明庵 銀座6-3-1 地図

| | コメント (0)

2020年2月16日

今成漬物店 山家漬 (魚沼市六日町)

R0009909003

年末のアンドラ・モンターニュの一皿、フォアグラのムースとブリオッシュの上に乗っていたわらびの粕漬けがとても印象的で、話を伺ってみると、六日町にある今成漬物店というところのものだと云う。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«焼肉トラジ ピビンBAR (京橋)