2019年12月16日

伊萬里 ユッケジャンスープとライス (銀座)

久しぶりに伊萬里。温まるもの――、それならユッケジャンだと思ったことと、それと焼肉。こちらは、高級焼肉店で、担々麺やチゲ、麻婆豆腐などのランチを頼むと、焼肉が付いてくるというサービスが人気。それも、カルビやロース、ハラミと選べるところが素敵。今日はロースをお願いしたが、サービスとは思えない綺麗なサシの入ったもの。

さて、目当てのユッケジャン。ユッケジャンスープはメニューにはないが、ユッケジャンクッパ(980円)を、「スープとご飯を別に」とお願いすると出してくれると知ってから、お気に入りのユッケジュンの一つ。

色は赤いが、辛いだけでなく、品良く旨味も備えたスープ。タマゴスキーとしては、玉子が他に具にふんわりと絡まりながら、たっぷりと入っているのも好きだ。それに、今日は記憶にある以上に具がたっぷり。嬉しいなぁ。

それにしても、個室を独り占めして、焼肉も愉しみながら、メインの料理も頂いて、1,000円でお釣りが来るというのだから、こちらが心配になって来ると云うものだ(しかも、増税後も値段据え置き)。だから、今日も大盛況。

*写真は後程追加
【お店情報】
wagyu 焼肉 伊萬里 GINZA 銀座2-8-12 ユニデン銀座ビル7F 地図

| | コメント (0)

2019年12月13日

朔月 もち豚蒸籠蒸し (銀座)

Img_20191213_121012001

夜は美味しい魚と飯だから、軽めの肉系をと、朔月へやって来る。鉄板焼きの店だが、ランチタイムには、ハンバーグなどの肉を使った料理が並ぶ店で、目当てはもち豚蒸籠蒸し(1,000円)。

満席で断られることもある人気店。今日は年末近い金曜日だし、予約で一杯かもしれないなぁとやって来ると、意外や意外。空いている。

食べたいものは決まっているが、とりあえずとメニューを見ると、増税もあってか変更あり。価格が変わったもの、新しく加わったもの等々、次の宿題も見つかった。

さて、蒸籠蒸し。蓋を取ると、大きな蒸籠の中にびっしりと豚肉が敷かれてあって、その下には、葱や水菜、えのきやしめじなどがたっぷりと。豚肉をそのまま、おろしだれや柚子胡椒で食べてもいいが、これらの野菜を巻いて食べるのがお気に入り。特に、葱。豚肉の旨味を吸って、しんなりと甘くなった葱、最高。さっぱりしているが、旨味があって、お腹いっぱい。他のメニュー同様に、小鉢や汁物も、気が利いているところも好い。

さて、次に来るときは、どういう気分だろう。人気のハンバーグか、はたまた新しいメニューか。愉しみだ。

【お店情報】
銀座 朔月 銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 9F 地図

| | コメント (0)

2019年12月12日

北野 しゃけの柚庵焼き (銀座)

R0009544001_20191212202701

今日は焼魚。中でも今日の気分は、そうだなぁ、鰤か鮭。出しているところはどこだっけ?と、北野のInstagramをチェックすると、今日の焼魚(1,200円)に「しゃけの柚庵焼き」がある。今日はコレだ!

最近特に人気で、ギリギリ席を確保できたという日もしばしば。今日も恐る恐る引戸を開けると、カウンターに数席空きを見つけてホッとする。けれども、テーブル席は満席。空いていたカウンター席も直に埋まって、相変わらずの人気ぶり。

焼いているのを待つ間が愉しいところも、この店の好きなところだ。カウンターから見渡せる厨房に焼き台。手際よく料理を焼き、仕上げていく様を、齧り付きで見られるというのも一つのご馳走。あれが自分のところに届くのだろうか、なんて思いながら待つのは、愉しい時間だ。

さて、やって来たしゃけの柚庵焼き。身は艶々として、皮にはしっかりと焼き色があって、うん、これは旨そうだ。箸を入れて、一口。鮭と漬汁の旨味に続いて、瑞々しい柚子の香り。見ると、仕上げに柚子の皮の擦りおろしがあしらわれている。なるほどなぁ。こういうところが好きなんだ。

それに、小鉢(今日はひじきの煮付け)に漬物、美味しいご飯に蜆の味噌汁。店の活気も好い。今年もお世話になりました。来年も無事に席にありつけますよう。

【お店情報】
炭割烹 北野 銀座7-2先 地図

| | コメント (2)

2019年12月11日

ふじむら カキフライ (築地)


R0009535001_20191211201601

少し遠くまで足を延ばすことができそうな予定の変更。行きたいところは幾つかあるが、気分はカキフライ。それなら、築地のふじむらだ。

12時前に到着したが、自分の前には、既に7人ほどの行列。今日は待つつもりで来たが、ちょうど入れ替わりの頃合いだったのか、3分ほどで席を案内して頂けた。

「まだ、生鮪となかおちのハーフもありますよ」と声をかけて頂いたが、今日はどうしたって、カキフライなのだ。とはいえ、こちらも限定20食。聞けばまだあるそうだ。

あゝ、このカキフライ、久しぶり。12月ともなると、さすがに丸々として立派なサイズ。堪らず齧り付くと、エキスがジュッと溢れ出して、潮の香りがふわり。そして、身は張って肉厚。牡蠣の旨味が口いっぱい。噛むほどに、サクサクと香ばしい衣が散らかって、身と混じって、さらに増すコク味。やっぱり、牡蠣はフライ。好きだなぁ。

小鉢が2つに、卓上には漬物と梅干。旨いご飯に味噌汁がついて1,100円はお見事。それに、店やお店の方の活気が、大変に気持ちがいい。店を出てもなお、途絶えることのない行列。それも納得。

【お店情報】
築地 ふじむら 築地2-14-12 地図

| | コメント (0)

2019年12月10日

舞桜 玉子焼御膳 (銀座)

R0009533002

山形のアンテナショップが入るビルの6F。お弁当や、天ぷらや刺身などがあれこれ入るランチが人気と聞いていた店。これまで足を運んだことがなかったが、玉子焼御膳(950円)というのがあると知って、いそいそとやって来た。

人気というだけあって、12時前だというのに、広い店内に客が一杯。大きなテーブルに相席でしたらと通して頂けた。相席になった方々は、皆さん人気のお弁当。けれども、こちらは玉子焼き。出し巻きと甘い玉子焼きがあるようで、ちょっと悩んで、出し巻きでお願いする。

届いたのは、10cm四方くらいの存在感ある玉子焼き。つやつやとして、見るからに柔らかそうだ。先ずはと一口大に切ってパクリ。するとほどける玉子と共に、たっぷりと巻き込んだ出汁がジュッと広がるやさしい味。これは玉子欲を満たすのにいいなぁ。それに、甘い玉子焼きも気になる。

玉子焼きの他、刺身に金平牛蒡、野菜の煮物、ちりめんじゃこなど、副菜がふんだんにつくところが、この店らしい人気の理由だろう。次は、甘い玉子焼きを頂いてみたいなぁ。子供の頃、玉子焼きといえば、甘いのが好きだったんだ。

【お店情報】
舞桜 銀座1-5-10 銀座ファーストファイブビル 6F 地図

| | コメント (0)

«沁馥園 熱々土鍋麻婆豆腐 (銀座)