2020年9月18日

RANGETSU of TOKYO ラムタンのポトフ (銀座)

R0012538001

なんだか夏が戻って来たような蒸し暑さだが、今日はポトフと決めていたのだ。昨日のランチの帰り道、RANGETSU of TOKYOの前を通りがかったところ、週替わりのメニュー(1,430円)が目に留まった。なんと、ラムタンのポトフ。ラムのタン。薄切りにして焼いたものは食べた記憶があるが、塊のタン。食べたことないなぁ。羊肉好きとしては、これを逃す手はない。しかもチャンスは今日のみだ。

週替わりは、メイン料理に、サラダとスープは3種類から。ピクルスとミネストローネを選択する。今日みたいな天気なら、ビシソワーズを選びたいところだが、冷房が良く効いた席で温かいものを。ポトフのためにはとても好い席。

しばらくしてやってきたポトフは、タンも野菜もゴロゴロと。目当てのラムのタンは、驚くほどに柔らかい。ジューシーで、噛むほどに仄かにラムの香りがふわり。これはいいなぁ。いろんな煮込みに使ってみたくなる。スープにもしっかりと味が染みて、パンにしっかり染み込ませて。

半個室で、静かに過ごせるというのも、この店の好いところ。次こそ定番のバンバーグと思うが、ついつい他のメニューが気になってしまうのは、たぶん、天邪鬼気質ゆえ。

【お店情報】
RANGETSU of TOKYO 銀座3-5-8 地図

| | コメント (0)

2020年9月17日

EIKO スンドゥブチゲ (銀座)

R0012535001

どうしたってスンドゥブチゲだ。汁もので辛いもの。けれども、最近嵌っているユッケジャンではなく、今日はスンドゥブ。何故だろう。自分のことだが、よく分からない。何となく肉より豆腐なのかもしれない。

やってきたのはEIKO。好きなスンドゥブチゲを出してくれる店の一つだ。食べたいものは決まっているから、メニューも確認せずに即注文。待っている間に改めてメニューを見ると思い出した。そうだ、メニューが少し変わって、新たなメニューカムジャタンが気になっていたんだった。でも今日はスンドゥブなのだ。次来るとき、覚えておこう。

さて、スドゥブチゲ(900円)は、相変わらず、威勢よくグツグツと湧いてやって来る。写真を撮っている間だって、冷めないくらいだ。どう見たって熱いから、火傷をしないように、ふうふうしながら口にする。辛くて熱くて、けれども透明感のあるスープ。それに、熱々でふるふるの豆腐に浅利。それに何より好物の玉子。

今日は玉子がいつもより固まっていて、これはご飯を入れておじやにするより、そのまま玉子を食べたほうが旨いだろうと考える。スプーンを入れると、やはりとろり半熟ではなく、8割くらい黄身が固まっている好みの感じ。パクッと頬張ると、スープの辛味が玉子の旨味をふくよかにして、思わず、ふふっと笑みがこぼれる。

まだ蒸し暑いとはいえ、少しずつ秋の匂いがしてきた。次伺う頃は、カムジャタンが旨い季節になっているかもしれないなぁ。

【お店情報】
Korean Dining EIKO 銀座1-5-2 西勢ビル B1 地図

| | コメント (0)

2020年9月16日

8base 前沖鯖塩焼き定食 (日比谷)

R0012513001

先週オープンした日比谷OKUROJI。始めはそれほど興味がなかったが、八戸圏域のアンテナショップ、八戸都市圏交流プラザ「8base(エイトベース)」が出来ると知って、俄然興味が湧いてきた。今年は、毎年の愉しみである青森旅行もキャンセル。青森熱をどこかにぶつけたいと思っていたところだ。

店内には、特産品の販売の他、レストランが併設されていて、ランチも提供されている。シャモロックを使った親子丼や、せんべい汁、バラ焼き、前沖鯖、八戸圏域の郷土料理の盛り合わせ等、特長を捉えた料理が並ぶ。具沢山の汁好きとしては、せんべい汁にも惹かれたが、今日は鯖。前沖鯖の塩焼き定食(1,200円)を。

これがまた、立派な鯖。八戸前沖鯖といえば、脂肪をたっぷりと蓄えたブランド鯖。30cm近い大きさも見事だし、脂のりのり。しかも、大抵さば塩といえば半身だが、丸々一尾。鯖欲が満たされるというものだ。

アピオスや長芋など、青森県産の野菜を使ったサラダに、小鉢が2つ、ご飯、漬物、味噌汁と脇も充実。鯖味噌(1,100円)もメニューにあって、こちらは刺身(たぶん〆鯖)付きらしい。鯖好きとしては、こちらも気になる。

OKUROJIでは、すっかりお気に入りのランチになったJSレネップも、かなりの繁盛ぶりだし、気になっていた素麺専門店の支店が出来たようで、こちらもそのうちに。

【お店情報】
八戸都市圏交流プラザ8base 内幸町1-7-1 地図

| | コメント (0)

2020年9月15日

ヤナギ 目玉付きハンバーグ・コロッケ (築地)

R0012502002

気分は、目玉焼きがのったハンバーグ。どこにあっただろうかと幾つか思い出して、そういえば、こちらも久しぶりとやって来たのは、レストランヤナギ。中央区役所近くの路地にある洋食店。

12時少し前。客席の半分ほどが埋まっていて、オムライスにハンバーグをトッピングしたものやら、ナポリタンにカボチャのはさみ揚げを乗せたものやらを、美味しそうに召し上がっている。

目当てのメニューは、目玉付きハンバーグ。単品もあるが、やはりここに来たら、盛り合わせをお願いしたくなるというのが食いしん坊。目玉付きハンバーグとコロッケ(950円)をお願いする。

こういう盛り合わせは、自然と頬が緩んでしまうというものだ。デミグラスソースがたっぷりとかかったハンバーグに、サクサクとした音が聞こえてきそうな小ぶりのコロッケ。脇にはケチャップ味のスパゲティと、千切りキャベツにレタス。それに、やっぱり味噌汁。うん、完璧。

ハンバーグは、細やかなミンチに玉葱がふんだんに入って、旨味たっぷりで柔らかくてジューシー。口にすると、もうニッコリしてしまうやつ。玉子も一緒に頬張って、黄身をソースにして頂くのも好い。コロッケは、サクサクの衣の中に、クリーム状のアツアツトロトロ。

客が皆、好き好きに食べたい組み合わせをお願いして、愉し気に、美味しそうに頬張っている空気がとても好い。そして、フル回転にも関わらず、帰り際にはニコニコと挨拶してくれる店の方の温かさ。店の雰囲気も料理に似て、とても優しい。好きな店。

【お店情報】
レストランヤナギ 築地2-1-12 地図

| | コメント (3)

2020年9月14日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0012498001

どうしたって、今日は、はまの屋パーラーの玉子サンド。はまの屋の玉子サンドも久しぶりだ。前に伺ったときはスペシャルをお願いしたし、玉子サンドは、セントルなど、他のところで食べていた。気が付いてしまったら、食べずにはいられない。

この辺りにお勤めの方は、在宅勤務やテイクアウトがすっかり定着したのだろう。以前は行列が出来ていた店も、並ばずに入れることが多くなった。こちらもそう。けれども、多くのテーブルが埋まっているというのは、さすがだ。

玉子・サンドゥイッチは、今日も半分だけトースト。それにブレンドを(1,000円)。やって来たサンドゥイッチを見て、ほほぅと思った。たっぷり厚みのある部分と僅かに薄い部分。こういうのも珍しい。

薄いのはトーストしてある方の一部。どんな感じだろうと手に取ってみると、カサカサとしたパンと薄い玉子で、軽くスナック的。一方の厚いほうを手にすると、玉子がジュッと溢れる感じ。同じ素材なのに、ちょっとしたことで、随分と印象が変わる面白さ。どちらも個性があって好い。

それに、パンを通しても伝わる焼き立ての玉子の温かさ。トーストしていないパンの指が沈みこむやわらかさ。一つ一つにドキドキわくわく。この玉子・サンドゥイッチ、何度食べても愛おしい。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町店 有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1 地図

| | コメント (0)

«アフーネ アジフライ定食 (銀座)