2024年4月12日

カーザドルチェカーザ 本日の魚の香草パン粉焼き (浜田山)

R0010833001

桜並木が広がる善福寺川緑地。今年はまだ行けておらず、もう葉桜だろうけれど少し景色をみたい気がする。それならばと、すぐ裏手が善福寺川緑地の場所にあるカーザドルチェカーザへ行こう。

生憎小雨が降ってきたが、客席のある2階は、善福寺川緑地に向かって、広く窓が取られていて、新緑が目に眩しい。

ランチは、パスタが2種類と、魚料理と肉料理がそれぞれ1種類。肉料理はチキンのグリル。魚料理は、香草パン粉焼き。今日の魚を聞いてみるとワラサという。うん、間違いなくお願い美味いやつだ。

先ずはセットのスープとサラダが運ばれてくる。セットのサラダやスープというには申し訳ないくらい質も量もキチンとしたもの。サラダなら、野菜だけでなく、鶏ハムなども入ってボリュームもあるし、ドレッシングの香りも好い。スープは、今日はじゃがいもポタージュ。クリーミーだが、軽い仕上がり。小雨混じりに美味しい味わい。

そして、メインの香草パン粉焼きも中々のボリューム。それに香りからもう美味しい。サクサクのパン粉の下には、ワラサのしっとりとした身。噛み締めるとじんわりやさしく広がる旨味。そして、付け合わせのポテトが、相変わらず旨い。シュワッとしたアルコールを飲みながら、一皿独り占めしたいくらいだ。

食後にはコーヒーを頂いて大満足。帰る途中、自分の口から時折ほんのりとローズマリーの香りがして、あの美味しさが蘇る。久しぶりに夜にも来なくては。

【お店情報】
Casa dolce casa 杉並区成田西3-17-10 地図

| | コメント (0)

2024年4月11日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0010795003

昨晩は、美味しいフレンチとワインで満喫したから、今日の昼は和食の気分。和食のランチといって必ず思い浮かべるのは、岩戸の豚汁。大好物だが、最近は長い行列が出来ていたり、臨時休業だったりして、思うように食べられていない。

今日も難しいかもしれないけれど、とりあえず行ってみようと店の近くまで来ると、店の前に人影は見えるものの、長い行列はない様子。これなら待っても少しだし、この機会を逃す手はないと急ぎ足。

入口で食券を買うために並んでいる人はいるものの、ちょうど入れ替わりのタイミングで、左程待つことなく入店。お母さんも久しぶり。今日は何にしましょうと問われるけれど、今日は豚汁一択だ。

料理が程なくやって来るのも好きなところ。大きい器にたっぷり盛られた豚汁に、今日はいつもより景気よく盛られている気がするまぐろ漬け、ご飯とがり昆布がセット。

豚汁のごろごろと大振りの野菜たちに、負けない存在感の豚肉。ズズズッと汁を吸って、大振りの野菜を持ち上げては、はふはふと頬張るこのサイズが好きだ。同じ豚汁なのに、日によって個性があるのも面白いところで、今日は大根控えめの里芋多め。

まぐろの漬けは、ご飯に載せて頬張って、ガリ昆布を合いの手にして。最近は、漬けのタレの追加なんかも出来るらしい。確かにご飯が進みそうだ。

店を出ると、12時を回ったせいか、10人ほどの行列。春になると、新人さんを伴って自慢げにこの店を紹介する姿を見るのも、もはや自分の春の風物詩。長くその様子を見られますよう。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0)

2024年4月10日

輝咲 さわら塩焼 (有楽町)

R0010764001_20240411055501

食べたいのは和定食。岩戸で豚汁もいいし、三州屋でアジフライもいいなぁ。焼魚ならどこだろう。そうだ、久しぶりに有楽町の輝咲なんてどうだろう。

有楽町のJRの高架沿いにあるビルの6階。ビルのエレベーター前に小さな案内があるだけで、分かり難い店だが、焼き魚を目当てに客が集う店。今日も入ったときはカウンターに余裕もあったが、一人、また一人と客が続く。

ここの焼魚は炭火焼。鯖と黒むつ、さわらの3種類あって、今日は断然さわらの気分。好きなんだ、さわら。注文してから串を打って炭火で焼いてくれるから、少し時間はかかるが、美味しさが分かっているから、待っている時間も楽しみで仕方がない。

届いたさわらは、厚みもたっぷりとした立派な身。箸を入れると、炭火で焼いた香りがふわりとして、噛むほどに、やわらかい身から、じわりじわりと滲み出す繊細な旨み。そこへご飯を一口。そして赤出汁。胃と気持ちが落ち着いていくトライアングル。

脇には、サラダに豆と野菜の煮物、漬物と副菜も揃っているのも好きなところだ。派手ではないが、間違いなく幸せと思う昼餉。

【お店情報】
輝咲 有楽町1-2-9 有楽町小川ビル 6F 地図

| | コメント (0)

2024年4月 8日

もがめ食堂 鶏となすのおろし煮定食 (荻窪)

R0010760001

先日感激した特選銀鮭の定食に続いて、宿題にしていたメニューを食べようと荻窪のもがめ食堂にやって来た。吉祥寺や西荻で人気の食堂で、定食メニューが20数種類。今日はこんな感じでとイメージしていかないと、悩ましすぎて困ってしまう。

宿題にしていたのは、鶏となすのおろし煮定食。最初にこの店に来たとき、隣に座った吉祥寺か西荻の店のお馴染みさんが、召し上がっていたのがもの。彼の「いつもの」だそうだが、それがまた美味そうで、そのうちにと思っていたのだ。

そうそう、これこれ。つやっつやの茄子とゴロンと入る鶏肉が、大根おろしと出汁に浸っている。先ず茄子をと一つ持ち上げると、鶏だけでなくこちらもでかい。一口では無理かもと頬張ると、揚げ立て熱々で、しかも噛んだ傍から出汁がジュワッと溢れ出る。思わず「あふっ」と声が漏れるが、口に広がる美味しさに頬が緩む。

次は鶏肉。衣をつけて揚げたものを煮てあって、こちらも熱々。鶏肉を揚げただけでも美味いのに、衣が出汁を吸ってもうズルい。茄子からのジュワッ、鶏からのジュワッ、そして美味い白飯。そこに、マカロニサラダや、もずく酢など、4品ある小鉢が合いの手としていい仕事。定食としての素晴らしさ。

「鶏となす」の料理は、辛味噌や香味醤油和えの定食もあって、どれもご飯に合いそうというのが、また悩ましい。自分の定番を探す旅は、まだまだ続きそうだ。

【お店情報】
荻窪 もがめ食堂 荻窪5-17-6 トーワビル 地図

| | コメント (0)

2024年4月 7日

クボタストア (阿佐ヶ谷)

R0010462001_20240407105201

阿佐ヶ谷駅の南口を出て、パールセンターを横切って住宅街の方へ3分ほど。白地に黒文字のスタイリッシュな提灯が灯るのが目に入る。そこが、昨年12月にオープンしたクボタストア。その提灯には、「酒 焼売 肴」と書いてある。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«阿波や壱兆 鯛と薬味野菜のそうめん (阿佐ヶ谷)