2017年2月24日

おでん処 しおの (京橋・八重洲)

Gr004834002

刺身の盛り合わせがいいかなぁ――なんて外に出てみたら、想像以上に風が冷たくて、おでんなんかもいいなと思い出す。

さぁ、どうしたものかと一頻りあぐねていると、しおののランチ(1,000)を思い出した。メニューは1種類だが、おでんに刺身、煮魚付き。とろろやお茶漬けも楽しめるという、今欲しいものが勢揃いのランチ。

待っていると、先ずお櫃に入った麦ご飯、そしてお膳が届けられる。刺身が3種類に漬けが1種類。そして、小さいながらも煮魚はかれいの煮付けにおでんが3種。1膳目はそのままおかずとともに、2膳目はとろろをかけて、3膳目は、その漬けに出汁をかけて。

メイン料理をガッツリ食べるのが好きだと思っていたが、あれやこれやと食べ進めるのも、結構楽しいもので、調子に乗ってご飯を食べすぎてしまうのが怖いくらいだ。

【お店情報】

おでん処 しおの 八重洲2-10-7 SHIONO八重洲ビル2号館 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日

ニャーベトナム フォーボーコー (日比谷)

Gr004824003

先日、牡蠣のスンドゥブを食べた後、フロアの別の店の様子を探索していたところ、ニャーベトナムで「フォーボーコー」を出しているのを発見。

フォーボーコーとは、ベトナム風のビーフシチューと説明されることが多い「ボーコー」にフォーを入れたもので、アジアと西洋が合わさったベトナムらしい料理。好きなのに、あまり出している店がなくて、残念に思っていたから、近いうちにと思っていたところ。

フォーというとあっさりしたイメージを抱きがちだが、牛肉の強い風味を感じるスープ。シチューらしくゴロゴロと柔らかく似たすね肉も入るが、一方で、香草を入れ、ライムをギュッと絞っても、違和感を抱くどころかより美味しくなって、レモングラスや五香粉がふわっと香ったりもして、やっぱり西洋料理のシチューとは別もの。

パパイヤサラダと揚げ春巻がセット(1,380)。フォーのメニューが記憶にあるよりもずっと増えていて、例えば、パクチー入りハムにパクチースープのフォーなんてのも。それにしても、フォーボーコー。冬の間だけだろうか。

【お店情報】

ニャーベトナム 日比谷シャンテ店 有楽町1-2-2 日比谷シャンテB2 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日

宮下 国産牛ハンバーグ御膳 (銀座)

Gr004811001

久しぶりのマロニエゲート。最上階の12階で、新メニューとして加わった親子丼や、30g増量中の文字に惹かれたしゃぶしゃぶと迷った挙句、限定10食のハンバーグ御膳(950)

肉割烹とあって、ランチタイムでも牛鍋やすき焼き、牛ひつまぶしなど、立派な値段の料理も並ぶが、件のハンバーグや月替わり御膳(1,080)を求めてやってくるサラリーマングループもちらほら。かく云う自分にとって、銀座が一望できるこの景色は、猫に小判だが。

 

鉄皿でジュージューとハンバーグはやって来る。目を奪われるのはその大きさ。鉄皿にギリギリいっぱいの立派なサイズ。下にはオニオンスライス。鉄皿とハンバーグに挟まれてじっくり熱され、甘みが増して、個人的なツボ。面白いのが茶碗蒸し。中には牛肉。牛のスープの餡がかかって、かなりのこっくり味。

 

サラダに味噌汁。セルフサービスでドリンク付き。限定10食といっても、他の料理を召し上がっている方も多く、早い時間でなくても大丈夫というのも、面白いところ。

 

【お店情報】

江戸前肉割烹 宮下 銀座2-2-14 マロニエゲート12F ぐるなび

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日

いわた お楽しみ定食 (銀座)

Gr004791001

今日は絶対フライ。ホントなら、東京交通会館のキッチン大正軒か、あけぼのに伺いたいところだが、前を通るたびの大行列に、最近すっかり意気消沈。

 でも、今日はどうしてもうまいフライなのだ。それならとやって来たのは、いわた。750円という頗るお得な」サービス提供も魅力だが、この店は、何と言ってもフライの旨さだ。

 

大抵、お楽しみ定食(1,050)の一つが、フライの盛り合わせになっている。日によってアジフライにカキフライ、メンチカツ等々。今日はカニクリームコロッケにヒレカツだ。

 

脂身が少なく柔らかく、けれどもグッと旨味を感じるヒレカツが2枚に、もう一方のクリームコロッケは、とろとろのクリームがたっぷり。ザクザクの衣なのに軽い揚げ上がりで、いくらでも食べられてしまいそうなのが素晴らしく恐ろしい。

 

それに、アラメや、ちくわと野菜の煮物、漬物や手作りのふりかけまで付くというのだから、堪らない。元気で陽気な女将さんの下町っぽい客あしらいも、好きなところ。一軒家の食堂、気軽で下町的、家庭的な雰囲気も好きだ。今年こそ、夜にフライとビールにやって来なければ。

 

【お店情報】

銀座 いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日

菊亭 牡蠣の天ぷら定食 (丸の内)

Gr004762001

最初は、フライが食べたいなぁなんて思っていたんだ。コロッケがいいかな、久しぶりにアジフライなんてどうだ等と、あーでもない、こうでもないと考えていたら、食べたい味が思い浮かんだ。それが何故だか、牡蠣の天ぷら。

 

そうと決まったら、向かうのはTOKIAの菊亭。限定15食で出されている季節の天ぷら定食。秋から冬にかけては、広島は地御前の牡蠣を使った天ぷら定食が用意されている(1,296円)。

 

10月に伺った頃は、まばらだった牡蠣の大きさも、今はすっかり長さも太さも立派。箸で持ち上げるのが難しいくらいにずっしりとした重さに、2口食べてもまだ食べ切れない大きさ。よく育ってくれたもんだ。噛みしめると磯の香りと牡蠣のエキスが溢れ出すのもお愉しみ。

 

気が付けば、もう2月も半ば。そろそろ牡蠣の料理を下ろす店も出始める頃。気が急いてくる。

 

【お店情報】

てんぷら 菊亭 丸の内2-7-3 東京ビル TOKIA B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«チャオタイ ゲーンパネン (銀座)