2020年4月 1日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

来てみると、席が埋まっているのは半分ほど。しかも、多くがお一人様か二人連れ。静かでゆったりとしたムードが漂っている。

最近ご無沙汰しているツナやハム、スペシャルサンドゥイッチも、ちらちらと頭を過ぎるが、やっぱり玉子を、半分だけトーストだ。それにコーヒーのセット(1,000円)。

今日は厨房が良く見える席。フライパンに玉子を流し入れると、ジュッと音が立つ。そこから、かき回しながら玉子の具合を窺っている様子が見える。こうやって、愛しの玉子サンドが出来るのかと、ついつい頻りと見てしまう。

そして届いた玉子・サンドゥイッチ。先ず、どちらから食べようかと、いつも悩む。今日は、トーストした方からにした。カサカサと芳ばしいパンと、薄いパンに対するどっしりとした玉子の存在感。そして、そのままの方は、パンの柔らかさと甘さ、温かい玉子とのバランスの良さの見事なこと。

厚い玉子の黄色と、焼き立てで持つ手にも伝わる温かさ。このサンドウィッチに、度々春を想う。明るく暖かで、穏やかな日が来ますよう。

*写真は後程追加
【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1 地図

| | コメント (0)

2020年3月31日

ドブロ 牛ほほ肉の赤ワイン煮 (京橋)

R0010911002_20200331215501

昼を食べた後、最近何度かサカキの前を通ったが、行列がない。ここまでもそうかと、今日来てみれば、いつもよりやや短いが、行列があって、なんだかホッとする。その流れで、やって来たのは、ドブロ。クロアチア料理店で、ランチタイムは、ボリューム満点の洋風メニューがズラリと並ぶ。メカジキのステーキや、鮪のレアカツ&エビフライ、サーモンソテー、若鶏のコンフィなど。

今日は、これまで頂いていないものをと、10種類ほどあるメニューの中から、牛ほほ肉の赤ワイン煮(1,200円)を。肉料理の定番で人気のメニューだそうだ。

スープに続いて、彩りも賑やかな皿が届いた。つやつやとしたソースを纏った牛ほほ肉に、黄色いガーリックライス、ポテトサラダに葉野菜のサラダ。それにしても、牛ほほ肉の立派なこと。けれども、ナイフを入れると、ほろほろと簡単にほぐれる柔らかさ。コックリとした味わいに、ガーリックライスの芳ばしさと風味がよく合うこと。

まだまだ食べたいメニューはあるし、もう一度食べたいメニューもある。そして、一人ビールからの白ワインを召し上がっていた方が羨ましくて仕方がない。

【お店情報】
ドブロ 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2020年3月30日

三州屋 かきフライ定食 (銀座)

R0010907001

そろそろ牡蠣の食べ納めと、やって来たのは三州屋。朝から電車も街にも人が少なく、先週よりも増して、テレワークへ移行した企業が増えたような気がする。

三州屋もそうだ。ガラリと引き戸を開けて暖簾をくぐると、半分も人がいないかという程。お姐さん方も余裕があって、マスク越しに、いつもより、一言二言多めの会話が進んでいく。まだあるだろうと思って来たが、念のため、ホワイドボードを確認すると、よかった、あるある、かきフライ定食(1,350円)。

それにしても、何度見ても、心が躍る。衣を纏っても、ぷっくりと肥ったフォルムが分かる牡蠣フライ。頬張れば、衣に守られていた成熟した旨みがドッと溢れて、今年も良く育ってくれましたと思わず感謝。そして、咀嚼するたび、その旨みが衣や油と混じり合って昇華する。う~ん、これこそ牡蠣フライの醍醐味。

もう一口、もう一個。終えてしまうのが勿体ないと思いつつ、それでも夢中で箸が動いてしまう。無理な話だが、欲を云えば、後1、2個追加してみたいところだ。3月も明日で終わり。来シーズンも美味しく頂けますことを。

【お店情報】
三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0)

2020年3月27日

魚久 本さわら酒粕白味噌漬け (銀座)

R0010888001_20200327223101

焼魚。しかも西京漬けとか、漬けた魚。幾つか頭に思い浮かべて、もしかしたら空いているかもしれないと、魚久へ足を向ける。大正時代から続く粕漬の有名店。銀座の店には、2階で、自慢の粕漬を頂くことができる。

いつもは行列が出来ているが、6割ほどの入りだろうか。心配したが、12時を過ぎた頃から、絶え間なく客がやって来て、あっという間にほぼ満席。

ランチは4種類。本さわらの酒粕白味噌漬け、鮭京粕漬、銀鱈京粕漬と、3種類を少しずつ盛り合わせたあじみせ。前回は、たしか鮭を頂いたから、今日は本さわら(990円)をお願いする。

中々家で上手く焼くのは難しいが、さすがは専門店。つやつやと綺麗で旨そうな焼き色。淡白で繊細な身にぐっと旨みが乗って、口の中で柔らかい身がほどけると、仄甘い香りがふわりと抜ける。竹の子の煮物に塩辛、漬物と、ご飯を進める脇役たちも勢揃いで、箸が止まる暇がない。

切り落としが残っていたら、買っていきたいと思っていたが、やはり12時前に既に売り切れていた。

【お店情報】
京粕漬 魚久 銀座店 銀座3-10-15 東銀ビル 1,2F 地図

| | コメント (0)

2020年3月26日

十勝屋 十勝屋特製ハンバーグ (銀座)

R0010878001

先日、コリドー街を歩いていたら、十勝屋でランチの営業が始まったことを知る。もう10年以上前になるだろうか。一度、何かの2次会でやって来た記憶がある。北海道・十勝の食材をメインに扱う店。ランチメニューには、十勝名物の豚丼や、牛トロフレークを使った牛トロ丼などが並ぶ。

メニューを見て、一番気になったのがハンバーグ(1,380円)。コロンと丸くて、つやつやのデミグラスソースがかかって蠱惑的。ハンバーグが食べたくなったら、来てみようと思っていたのだ。

セットのサラダとスープに続いて、ハンバーグがやって来た。小判型ではなく、写真でみたとおりのたっぷりと厚みのあるハンバーグ。ナイフを入れると、ジュワリと肉汁が出るが、口にしてみると、みっちりとして肉々しい食べ応えのあるハンバーグ。付け合わせは、さやえんどうに、人参のグラッセ、バターの風味豊かなマッシュポテト。

他には、ビーフシチューや、日替わりのパスタ、素揚げ野菜とザンギが乗る丼と計6種類(980円~)。全品、サラダ、スープ付き。

【お店情報】
十勝屋 銀座6-2先コリドー街 地図

| | コメント (0)

«泰明庵 せりそば (銀座)