2019年5月20日

やぶ久 名物黒豚カレー南ばん (銀座)

R0007653001

先週金曜日のラサに伺った帰り、そういえば、同じビルの地下1階に、日本橋やぶ久の姉妹店が出来たのを思い出した。天候もいまいちの今日、名物のカレー南ばんを頂くには、丁度いいんじゃなかろうかと、早速やって来た次第。

地下に降りていく階段も、入口も、楚々として気持ちがいい。店内もそう広くはないが、一人客でもテーブルを占領して、ゆったりと寛げる。

ランチタイムには、そばに天丼やそば米穴子寿司がつくセットもあるが、今日は名物黒豚カレー南ばん(1,296円)を単品で。カレー南ばんには、辛口、大辛口なんていうメニューも用意されているが、こちらも普通のものを頂くことに。

テーブルに届いた途端に鼻を擽るカレーの香りの鮮やかなこと。木の蓮華で、汁を掬って口にすると、蕎麦屋のそれらしい出汁の風味と共に、想像以上のスパイシーさがやって来る。汁はとろみのないサラッとしたもので、細くたおやかな蕎麦との相性も良く、ツルツルと小気味の好い食べ心地。そして食べ終わる頃には、じんわりと額に汗。

もう少し暑くなってきたら、カレーせいろというのも好いだろう。それにしても、品書きの一品料理の感じが良くて、呑みに来たくなっている。

【お店情報】
日本ばし やぶ久 銀座店 銀座3-3-6 銀座モリタビル B1 地図

| | コメント (0)

2019年5月19日

黒兵衛 (宮崎)

R0007347004

混雑が苦手だから、毎年GWは自宅周り、徒歩圏内をウロウロするくらいだが、今年は10連休。さすがに家に閉じ籠り切りというのもどうだろうかという気になって、久しぶりの宮崎、鹿児島。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月17日

ラサ チキンボクシング (銀座)

R0007638002

夏が近づいてくる感じがする陽気に、暖かいエリアの料理熱が高まってくる。甘くて酸っぱい味もいいし、揚げたり蒸したりした春巻も好いなぁ。ふむ、そういえば、マレーシア料理店のラサが銀座3丁目に移転してから、1度伺ったきりだった。しかも今日は金曜日。気になっていたチキンボクシングが登場する日。

グランドメニューでも人気のメニューだそうで、懐かしの鶏のチューリップを油で揚げてから特製ソースとバターで炒めたもの。カリカリに上がった鶏肉に、甘くて濃厚なソースがたっぷりと絡む。香りも豊かでとても丁寧。そしてご飯が進むこと。

鶏肉のチューリップと云えば、思い出がある。小さい頃、記憶にはないが、鶏肉が苦手だったらしい(恐らく皮の見た目が苦手な食わず嫌い)。けれども、幼馴染の家で、チューリップの唐揚げをご馳走になった時にとても美味しくて、母に「なんで、家ではあれを作らへんの?」とせがんだところ、母は「あんたが鶏肉嫌いやからやん」とあきれたそうだ。それ以来、家でもチューリップの唐揚げが登場し、すっかり鶏肉嫌いは解消されたという話(今は皮も大好きだ)。

それはさておき、久しぶりに来てみたら、ランチメニューが増えている。特に気になるのは、チクテー(薬膳鍋)のランチセット。冷房が厳しくなった頃に好いかもしれない。

【お店情報】
ラサ 銀座3-3-6 モリタビル5F 地図

| | コメント (0)

2019年5月15日

トラジ ピビンBAR (京橋)

R0007622001

コクシネルのランチに、ハンバーグが出ていると知って、そういえば初めてかもと急いで向かったものの、流石は人気店。同じようなことを思ったファンが沢山いらっしゃったのだろう。カウンターは一杯で、テーブルも予約席以外は空いていない様子。

やっぱりそうかぁ。そして、さてどうするか。好きだったぶーみんは閉店してしまったし。行列でこちらも最近伺えていないトラジを思い出して、ダメ元で伺ってみたところ、繁盛はしているものの、こちらは都合よく席を戴くことが出来た。無欲の勝利というやつか。

こちらのランチは、焼肉もあるが、人気は、ブッフェスタイルで、自分で好みのピビンバを作ることができるピビンBAR(1,200円)。

これの嬉しいところは、ナムルの種類の多いこと。定番のもやしや人参の他、レンコンや枝豆、ブロッコリーやカリフラワー、筍、ミニトマト等。キムチなども併せると20種類程。その他にも、トッポギやプルコギ、スープにカレー、デザートまで60分食べ放題。

食べたいものを好きなように食べられるというのも好いし、手を加えた野菜がたっぷり摂れるから、何だか身体にいいことをしているような気がして気分がいい。

それにしてもコクシネルのハンバーグ。いつまでランチで出ているだろうか。

【お店情報】
焼肉トラジ 京橋店 京橋3-1 東京スクエアガーデン 2F 地図

| | コメント (0)

2019年5月14日

レバンテ カニコロッケ (丸の内・有楽町)

R0007608001_1

久しぶりに肌寒いせいか、カニクリームコロッケが頭に浮かんで離れない。午後の予定を考えると、ちょっと遠くには行きづらいけれど、どこかにカニクリームコロッケがあっただろうか。そういえば、先日、ランチメニューが少し変わったことに気付いたレバンテに、カニコロッケ(1,296円)があったはず。

牡蠣の時期ではないからか、それともこんな天気だからか、ゆったりとした雰囲気。カニコロッケの他には、ハンバーグと新メニューの鶏のから揚げが人気だろうか。セットのスープは、今日はトマトベース。それから程なく、カニコロッケが届く。

美しい小判状に成型されたカニコロッケが2つ。サクサクと軽やかな衣にナイフを入れると、クリームがとろりとろりと溢れ出る。クリームを落とさないように、慎重に口に運ぶと、ふわりと香る蟹の風味と滑らかなクリームに、サクサクの衣の香りと食感がいいアクセント。それに、コロッケの下に敷かれたトマトの旨味と仄かな酸味が、スッと後味を纏めてくれる。

ここに来ると、必ずお見掛けするビール片手の人生の先輩方が、今日はいらっしゃらず。羨ましくはならない一方で、なんだか寂しい。

【お店情報】
レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム(地下コンコース)  地図

| | コメント (0)

«三州屋 アジ叩きとライス (銀座)