2023年2月 8日

ツバキ亭 ハンバーグステーキ (荻窪)

R0006130002_20230208192901

今年1月に移転したツバキ亭の新しい店舗に初訪問。以前の店舗から徒歩3分ほどの近距離だが、店の大きさは倍以上。店員さんの数も増えているが、あの活気のある雰囲気は変わらないまま。これで行列はなくなったけれど、相変わらず続々と客がやって来る盛況ぶり。

日替わりにカキフライがあるといいなと思って来たが、今日は生憎別のもの。それならとお願いしたのがハンバーグステーキ。ここの定番で一番好きなメニューだ。

注文が入ると、パンパンとタネを成形し始める。こちらも大きくなった厨房とカウンターの間にガラスが入って、調理中の音などが聞こえにくくなったが、躍動感は変わらない。

お待たせしましたと届いたハンバーグステーキは、いかにも、ハンバーグステーキらしい焼き色と、たっぷりと敷かれた赤味のあるソースが印象的。しっかりした焼き色に硬派に見えるが、口にすると挽肉がほろりとやわらかい。流行りのような肉汁たっぷりではなく、よく練られた柔らかさというところが好い。

それに、このソース。添えられたスパゲティーに素晴らしく合う。ピリリとした辛味は、どことなく、あんかけスパゲティーを思わせる。もちろん、山盛りキャベツにも合うし、味噌汁にも。やっぱり、洋食と味噌汁の組み合わせって落ち着くなぁ。

会計をすると、ニッコリと「いってらっしゃい」と送ってくれて、気持ち良く店を出る。場所や大きさが変っても、変わらず好きな店。

【お店情報】
洋食ツバキ亭 上荻1-4-10 2F 地図

| | コメント (0)

2023年2月 7日

Spice & Co. スパイスサラダ (阿佐ヶ谷)

R0006124002

余裕がなくなると、ついつい玉子かカレーに引き込まれる。今日もそうで、カレーに生玉子か半熟玉子を入れて食べたい気分。けれども、在宅勤務のときには、それらしき店が浮かんでこない。はて、どうしたものか。

そんな中、ポッと浮かんできた来たのが、Spice&Co.の半熟玉子。見事な半熟加減とヒマラヤ岩塩の塩梅が頗る美味しい大好きな玉子。今日は予報以上に温かいし、スパイスが利いたサラダランチもいいんじゃないかとやって来た。

店に入るなり、マスク越しにも鮮やかなスパイスの香り。とはいえ、圧倒的ではなく、どこか嫋やかで心地いい。ゆったりとした雰囲気も、気分転換にはちょうどいい。

目立てのサラダは、彩り鮮やか。サラダだけでお腹いっぱいになると紹介されているが、大きな皿には盛り沢山の野菜に、カレーにも添えられるサイドディッシュがズラリと並ぶ。人参のアチャールに、ムング豆のスパイス和え、ナスのサブジ、ヨーグルト等々。チキンティッカや目当ての玉子、バナナも入って栄養満点。

ドレッシングの柔らかい酸味と、サイドディッシュの特に豆類のスパイス感と食感が好きだ。口にするたびに賑やかで、体がよろこぶような気がしてくる。それに、ブロッコリーのように茹で立てで温かいものもあれば、何度食べてもやっぱり美味いヒマラヤ岩塩玉子。質感や塩気、香りも最高。これだけ追加でトッピングしてもらえないかと思うくらいだ。

季節毎に野菜が違うところも素敵で、やっぱりこのサラダが好きだというのを再確認。カレーメニューに目をやると、冬季限定で、牡蠣のカレーが出ている。ランチでもいいし、ライスの代わりにミニビールという、おつまみセット的なメニューまであって、これは冬のうちに絶対来なくては。

【お店情報】
Spice&Co.  阿佐谷南1-14-6 クラレット南阿佐谷1F 地図

| | コメント (0)

2023年2月 6日

フクロウ 具沢山味噌汁ランチ (京橋)

R0006111004

気候もいいし、少し遠くまで足を伸ばしてみようと、久しぶりにフクロウに来る。首都高の宝町出入口に近いところにある食堂。大きな器にたっぷりと装われる具沢山の味噌汁とご飯がセットのランチが大好きで、少し遠いが、わざわざ出向きたくなる店。

味噌汁は週替わりで2種類。おかずは、自分で好きなものを選べるというのも好きなところだ。今週の味噌汁は、麦味噌豚汁と、柚子胡椒の鶏汁。今日は柚子胡椒の刺激よりも、ホッとする味わいと求めて豚汁を選択。

おかずは、20種類ほどあるものから好きなものを選んで取る。大好きなだし巻き玉子は必須として、今日はカキフライはないのか。おぉ、こちらも好きな卯の花がある。ご飯は、白米か玄米。選んで装って貰って、おかかを乗せたら会計をして、空いている席を探す。

先ずは、大きな味噌汁から、ズズズッーっと吸うと、まろやかな麦味噌の風味がふわり。ほっとする。箸を入れると、豚肉はもちろん、大根に人参、牛蒡に豆腐、椎茸などがゴロンと入る。具材の種類の多さはもちろん、一つ一つが大振りで、メイン料理といっても過言ではない充実感。

ちなみに味噌汁とご飯のセットで680円。今日の自分の定食なら、おかずを2つ付けて870円。リーズナブルで、健康的。揚げ物なんかを選べばボリュームも上げられるし、自分次第というのが何とも楽しい。やっぱり遠くても行きたくなる、そんな店。

【お店情報】
大衆食堂フクロウ 京橋1-19-8 京橋OMビル 地図

| | コメント (0)

2023年2月 5日

Capio (阿佐ヶ谷)

R0003954001

旅立ちのはなむけに。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2023年2月 3日

呉さんの台湾料理 日替わりランチ (荻窪)

R0006099001

呉さんの台湾料理の中華粥が食べたいなぁと、Instagramを覗いてみると、今日の日替わりのメニューに、豚の角煮とある。初めて見るし、好きだし、絶対に旨そうだし。これは逃す手はない。

ランチは日替わり1本だから、聞かれるのは、中華粥 or ライスのみ。自分もそうだが、中華粥をお願いする方がほとんど。しかも中華粥も日替わりというのが素敵。今日は、セロリとしらすの粥だ。

料理もあっという間に届くのもありがたいところ。運ばれてきた途端に八角の香りが届く。それに、艶やかで味が染みてそうな角煮と大根。あゝ、これは喉が鳴る。先ず、角煮に箸を入れると、ほろっとほどける柔らかさ。噛み締めるほどに広がる肉の旨みと、とろける脂身。添えられた大根にもこっくりと味が染みて、きっと誰もが好きな味。

中華粥は、しらすがセロリに負けてしまうんじゃないかと思っていたが、流石の一言。セロリの風味はあるが、その後に、しらすの旨みや程良い塩気がやってきて、旨味も温かさもじんわり来る。副菜には、トマトと玉子の炒めと好きなものばかりで大満足。幸せだ。

営業日が少ないため、中々タイミングが合わないが、ぜひ夜にまた伺いたいのだ。

【お店情報】
呉さんの台湾料理 天沼3-1-5 地図

| | コメント (0)

«Café Spile 車麩のフライ (阿佐ヶ谷)