2022年11月28日

釜めし 大統領 釜めし+スンドゥブ (銀座)

R0005132001

昨日スンドゥブチゲやチヂミが食べたいなぁと思ったが、明日出社して昼に食べようと思っての今日。銀座から足が遠のいている間に、韓国料理店がいくつか出来たことは知ってはいるが、やはり行きたいんのは好きな店と、王十里サランチェに向かったものの、既に店の前には、何があったのと思うほどの人だかり。中を覗いてみても、やはり待っている人の姿があって、これは断念せざるを得ない感じ。

そういえば、斜向かいに韓国料理店が出来たはず。韓国式の釜めしを出す大統領。たしか釜めしとスンドゥブのセットがあったなぁと来てみると、大正解。日替わりがソルロンタンと聞いて、少々気持ちが揺れたが、結局昨日からの思いが募って、スンドゥブをお願いする。

注文をすると、ずらりと並んだ一人分の釜のスイッチを入れて炊き始める。プシューっ大きな音を立てる様子に興味津々。そんな中、サラダと3種類のおかずが届いて、チゲもやって来た。

おー、これはグツグツ熱々。先ずは一口とスープを飲むと、程良い辛さ。ぷるぷるの豆腐に浅利や葱、もちろん好物の玉子などが入り。釜めしは、白米も選べるが雑穀米でお願い。もちもちプチプチとした食感で、スンドゥブに浸しても好い。釜めしはご飯を茶碗に装ったら、釜に熱いお茶を入れてもらって、やわらかくなったおこげスープで〆。

食べ終わる頃には、ほぼ満席。他、干しタラのスープや参鶏湯のランチなど。この辺りだけでも数軒の韓国料理店があるのに、どこも賑わっているところがすごいなぁ。

【お店情報】
釜めし 大統領 銀座3-8-13 銀座三丁目ビルディング1F 地図

| | コメント (0)

2022年11月25日

銀座スイス カキフライ (銀座)

R0005099001_20221125193901

今日は絶対牡蠣を食べようと、朝からあれこれ考える。カキフライは勿論、天ぷらも好いし、牡蠣が入った蕎麦だって好物だ。カキフライ一つにしたって、和食の店、居酒屋と、洋食屋と雰囲気が違うから悩ましい。

食べたいものの全体像を考えると、牡蠣の他には野菜が食べたい。それもサラダ的で、大振りの野菜というよりは、細かくカットされたもの。そこまで考えると、今日は銀座スイスでカキフライに決定だ。

人気店だし、旅行者も増えて来たし、混んでいるかと心配しながらやって来たが、無事にカウンターー席を確保。メニューを見ると、今週は、大好きなオムレツとフライの盛り合わせがある週でかなり悩んだが、初志貫徹。

定番のあさりとベーコンのポタージュに続いて、カキフライが届く。はぁ、この芳ばしい衣の香りが堪らない。カキフライは、俵状で、こんもりと立体的に盛り付けられているのが特長。高温でカラリと揚げられ、目にも、香りも食欲を誘うキツネ色。ナイフを入れると、牡蠣のエキスがジュルリと溢れる瑞々しさ。まだ、最盛期に比べると幾分小さいように思うが、待ちかねた海の香りに心が躍る。一方で、記憶にあるよりも、牡蠣の身の旨味の濃いこと。

もう一つの目的の添えられた野菜は、ふんわりやわらかく、自家製ドレッシングの酸味も美味い。あゝ、今日はここで大正解。牡蠣が大きくなってきた頃にまた来たいし、オムレツも食べに来なくては。

【お店情報】
銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (0)

2022年11月24日

フォーハノイ 激辛フォーガー (阿佐ヶ谷)

R0005098001

先日フォーハノイの店先で、新たに季節限定メニューが登場したことを知る。その名も「激辛フォーガー」。温まりたいときや、スカッとしたいときにいいかもなぁと記憶していたもの。サクッと短い時間でのランチの気分だし、少々刺激が欲しい気分。それなら、この新メニューがちょうどいいじゃないか。

フォーハノイは、セルフサービスのフォーの店。注文して、席を取ってできあがりを待って、自分で運ぶスタイル。提供までに時間が早いというところも魅力の一つだ。

席に座って一息つくと、フォーらしくない香りに気が付く。花椒と他にもスパイスが入っているのだろうか。オリエンタルな香りが印象的。先ずはスープを一口。酢漬けの唐辛子の他、粉末の唐辛子も入っていて、確かに唐辛子の辛さはあるものの、それは控えめ。むしろ、ピリピリとした痺れがやって来て、爽快な辛さ。辛いのは分かっているが、ついつい、もう一口、もう一口と進んでしまう。

フォーにもスープの赤味や香りが染みて、いつものフォーガーとは異なる新しい味。鶏肉の他、シャクシャクとしたタケノコ入り。これが辛いスープによく合う。

期間限定ということだが、この刺激は中々嵌る。夏にも向きそうだし。定番化してくれないだろうか。

【お店情報】
フォーハノイ 阿佐谷南3-2-3 地図

| | コメント (0)

2022年11月22日

ムスビ すずき塩焼定食 (阿佐ヶ谷)

R0005088002

明日祝日ということもあってか、朝から慌ただしい。久しぶりにユッケジャンやチゲなんかが食べたいと思ったけれど、近くには店がないんだよなぁ…。次の候補となると、最近ランチで食べていなかった魚。いくつか店はあるが、ムスビに行こうと思い立つ。

阿佐ヶ谷の人気酒場の姉妹店としてオープンした店。魚料理がウリで、ランチタイムも魚を使ったメニューが並ぶから、ここに来たら、美味い魚が食べられると思ってのこと。来てみると、以前いただいた、とろ鯖味噌煮や、とろ鰯まみれ定食に加えて、牡蠣の玉子とじ丼や、鰤の2色丼など、季節の魚料理もあって、流石だなと思う。

牡蠣にも惹かれたが、今日は、すずきの塩焼定食。ここの焼魚は、時間は少しかかるが、中から焼いてくれるところが好い。今日は焼き台近くのカウンター席に座れたこともあって、チリチリ焼かれていく姿を凝視。酒を飲みながらも楽しいが、こういう時間はランチタイムもご馳走だ。

「お待たせしました~」と届いたすずきは、厚みがある立派なサイズ。箸で割ると、ほわりと立ち上る湯気。堪らず口に運ぶと、炭の香りが芳ばしいし、身のしっとりとした艶やかさにグッとくる。ご飯にもこだわりがあって、今日は青森の晴天の霹靂。羽釜で炊かれて、ふっくらとしてつややか。程よい甘さとキレがあって、まぁ美味いこと。おかわり可というのもうれしい。

ほうれん草と人参の胡麻和えや、トマトのお浸しなどの副菜と、味噌汁がセット。夜の品書きを見れば。牡蠣の玉子とじの頭だけというのもある。燗酒の種類も増えているし、夜にまた。

【お店情報】
ムスビ サカナとメシとサケ 阿佐谷南1-11-2 麻生商会阿佐谷モト・ルーム 地図

| | コメント (0)

2022年11月21日

ル・ココ ロールキャベツ (荻窪)

R0005064002

いまいちすっきりしない天気に、温かいものが欲しくなる。今日は汁物ではないんだ。グラタンもいいけれど、そうだ、ロールキャベツなんてどうだろう。それならと向かったのは、ル・ココ。荻窪駅の西口、すずらん通りから横道に入ったところにあるカフェ。ご家族で営まれているそうで、品が良く温かい雰囲気も好きだ。

現在はカフェスタイルだが、以前は以前はカジュアルフレンチレストランを営まれていたそうで、本格派の料理も魅力。ランチメニューは4種類あるが、一番人気がロールキャベツ。トマトベースのソースで煮込まれた、ゲンコツよりも大きなロールキャベツが2つとボリューム満点。けれども、ナイフを当てると、スーッと入っていくほどに柔らかく煮込まれていて、やさしい口当たり。噛み締めると肉とキャベツの旨味に、トマトソースがギュッと溢れて混じっていく。口いっぱいに広がる幸せに、体だけでなく気持ちまで温まる。

サラダなら、ヨーグルトのような酸味のある自家製のドレッシングが美味しいし、食後には、ドリンクとアイスクリームで、ゆったりと寛げるところも好い。

テラス席もあって、陽が差す日なら気持ちがいいだろう。ランチセットのほか、ケーキセットなどもあり、散歩の途中で一息入れるにも好い。そうそう、ここのグラタンも気になっているのだ。

【お店情報】
ル・ココ 荻窪5-17-6 トーワビル 1F 地図

| | コメント (0)

«プラバート Bランチ (阿佐ヶ谷)