« 井のなか (錦糸町) | トップページ | 喫茶アメリカン ビーフシチューセット »

2006年8月21日

釜めし むつみ (浅草)

週末、地元の友人が遊びにやってきた。
浅草に連れて行けとの指命があり、浅草で昼ごはんが食べられるところを探す。
夏休み中の日曜日、観光地だから絶対混んでるに違いない。20060820_1141_0001
あまり混雑はしなさそうで、おいしそうなところ。。。
と探したのが、裏浅草にある釜飯のむつみ。

店の開店が11:30とのことだったので、それに合わせて仲見世を抜けて裏浅草へ。
先ほどまでの人並が嘘のように静か。小さいお店があちこちに見える。
のれんが出ているのを確認し、店に入ると、どうやら一番客。
入り口で靴を脱ぎ、畳敷きの部屋に上がる。

注文が入ってから炊き上げるため、空いているときで20~30分、混雑時は40分~かかるとのことだったので、その間に一杯。
釜飯以外の料理もふんだんに用意されている。20060820_1146_000
悩みに悩んで、えびしんじょうと、煮物の盛り合わせ、五目釜飯を注文。

えびしんじょうは揚げたてアツアツを、塩でいただく。 ほわっとえびの香りと甘み。いや、うまいのなんの。
盛り合わせの煮物は、かぼちゃ、さといも、わらび、昆布、切干、しらたき。
醤油に頼らない味付けが好ましい。

そうこうしている間にお客が増えてくる。               
遠方からの客というより、地元の人っぽい人が多い。
となりの卓の幼顔の女子高生は、どうやら地元っこのようだ。

つまみがなくなりかけた頃、釜飯の登場。                      20060820_1205_0011
五目釜飯は、えび、鶏肉、アサリ、しいたけ、竹の子入り。
こちらの釜飯は、煮物同様、上品な薄味で具材の味を前面に出したもの。
友人が頼んだほたての釜飯は、ほたてがレアな状態で登場。
一口分けてもらったが、ほたてが甘くて、薄味に炊き上げる理由がよく分かる。

定番の釜飯のほか、季節の釜飯もあるらしい。冬場の牡蠣の釜飯なんてどうだろう?
つまみ類もまだまだ食べてみたいものがある。
再訪必至の予感がする。

【お店情報】
釜めし むつみ 台東区浅草3-32-4

|

« 井のなか (錦糸町) | トップページ | 喫茶アメリカン ビーフシチューセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/11539709

この記事へのトラックバック一覧です: 釜めし むつみ (浅草):

« 井のなか (錦糸町) | トップページ | 喫茶アメリカン ビーフシチューセット »