« 茄子と厚揚げの山椒炒め煮 | トップページ | 肉団子と春雨のスープ »

2006年10月17日

京橋 上総屋 新さんま焼き定食

20061017_1158_00011 タルタルソース気分だったので、サカキに向かったところ、おばさま方の行列のため断念。
そこで、宿題にしていた店に行くも、満席。はて、どうしよう?と思いついたのが、ここ。

カストールの向かいの小さい路地に面した、古そうで、小さい店にも係わらず、サラリーマンが絶えず出たり入ったりする店。店の外壁には、ベタベタとメニューが張られているが、入り口の雰囲気がちょっといい感じで、何かひっかかる。

店に入ってみると、小さい卓が5卓ほど。ランチメニューは、魚only。今日は、鯖、赤魚鯛、秋刀魚、カレイの塩焼きの4種類。750円~。
やっぱり秋はさんまかな、ということで、新さんま定食(750円)。

しばし待つと、定食が運ばれてくる。さんまと、ご飯、お味噌汁、ポテトサラダ、お漬物。
絶品!というわけではないが、おいしくいただいた。銀座であれば、+100円~150円くらいだろうか。ご飯、お味噌汁の盛りが多く、お腹が満たされることに間違いはなし。
個人的にうれしかったのは、お味噌汁が赤だしだったこと。

調理場に男性一人、接客の男性が一人、飾り気はないが実直な感じがする。固定客がいるんだろうなぁと思わせるお店。

気になったのが、「再開!豚汁 150円」と赤字で書かれた札。この豚汁をちょっと見てみたい。

【お店情報】
京橋 上総屋 京橋2-6-5

|

« 茄子と厚揚げの山椒炒め煮 | トップページ | 肉団子と春雨のスープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/12318273

この記事へのトラックバック一覧です: 京橋 上総屋 新さんま焼き定食:

« 茄子と厚揚げの山椒炒め煮 | トップページ | 肉団子と春雨のスープ »