« ビストロ ラ シブレット (浅草橋) | トップページ | あさがやえべす (阿佐ヶ谷) »

2006年10月 6日

過門香 重慶式麻婆豆腐セット

20061006_1159_0021雨振りなので、傘をささずにいけるところ。
気分的には豆腐チゲな気分だったのだけど、さすがに行きすぎだろうと、過門香で麻婆豆腐定食(1,300円)。
数年前、もう少し値段が安かったことはタマに来てたのだけど、最近はすっかりご無沙汰。

こちらの麻婆豆腐の特徴は、唐辛子系の辛さよりも、山椒系の辛味が強いこと。卓上にも、山椒がセットされているので、好きなだけ追加できるのが山椒好きとしてはうれしい。
また、全体的に洗練された味で、たとえば紅虎の麻婆豆腐のようなジャンクさはない。

セットは、麻婆豆腐のほか、白飯orお粥、和え物、玉子スープ。
ここのお粥に、和え物やザーサイをのっけて食べるのが好きで、いつもお粥ばかり頼んでしまう。

おいしいと思うけど、1,300円はちょっと高いかなぁ。以前くらいの価格であればもう少し来るのだけど。
でもまぁ、高級感を全面に押し出したブランド戦略は、私のようなしがない会社員ではなく、銀座に買い物に来るマダムを呼び込むことに成功しているようで、この店にとって吉と出てるように思う。

【お店情報】
過門香 銀座店  銀座1-10-6銀座ファーストビルB1

|

« ビストロ ラ シブレット (浅草橋) | トップページ | あさがやえべす (阿佐ヶ谷) »

コメント

こんばんわ!
麻婆豆腐定食、聞いただけで食べたくなります。
唐辛子系の辛さよりも、山椒系の辛味の方が、
お好きなんですね。
うちでは、あまり山椒系の辛味ってしないかも。
お料理って、色んな調味料を使いこなせると、
一段と腕があがりますね。
今週、お引越しでしたか?
うちは、昨日、急遽飲み会になったので、材料
買いに自転車で行ったり、準備にと忙しくて、
今日は、飲みすぎでお昼寝が長かったです(笑

投稿: うさうさ | 2006年10月 8日 19:17

おはようございます。
仕事の時のお昼としては、1300円は高いですよね。
でも銀座だったらそんなものかなと思っちゃいます。
写真から、やはり高級そうな麻婆豆腐に見えます。
お粥はヘルシーでいいですよね。
最近、新宿でお粥屋さんを教えてもらい、この前行きました。
新宿での仕事のお昼(一人で食べる時)には、しょっちゅう行ってしまいそうです。
でも、そんな軽すぎるお昼は慣れないので、すぐにお腹がすいたのでした~^_^;
やっぱり、この写真のようにちゃんとしたおかずも食べないとね・・・。(おかゆと杏仁豆腐のセットでした。しかも小(笑)

投稿: persian | 2006年10月 9日 09:37

>うさうささん
たしかに山椒ってあまり使いませんよね。
和山椒だと、うなぎの蒲焼とか、ブリの照り焼きに使う程度かな?
先日、あるある大辞典で、山椒を特集していましたが、
味噌に混ぜて調味料として使うと、
いいそうですよ。

引越しはすみました。
といってもまだ、片付けが終わってないんです。。。
突然の飲み会って大変ですよね。
うさうささんのお仲間の方って、
料理上手な方が多そうだし。
私も近くであれば、是非参加してしたいのにって、
いつも思って拝見していますよ。

投稿: のむのむ | 2006年10月10日 10:17

>persianさん
確か以前は1,000円だったんですよ。
量もたっぷりあるので、それならいいなぁと
思っていたのですが。
それを知ってるだけに、割高感があるんですよね。

お粥やさんが近くにあるといいですね。
以前は、職場近くにお粥やさんがあったのですが、ビルの立替に伴い
閉店してしまいました。
点心などのセットもあったので重宝してたので、残念です。

確かにお粥と杏仁だと、おなかすいちゃうかも。

投稿: のむのむ | 2006年10月10日 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/12172870

この記事へのトラックバック一覧です: 過門香 重慶式麻婆豆腐セット:

» 過門香 溜池山王店 [Manilog 〜 マニログ]
モダンなインテリアで高級感漂い店内には兵馬桶のミニチュアまである過門香 赤坂溜池山王店でランチを食べました。 ↑入り口。 ↑食べたランチは、フカヒレあんかけご飯。うん、掛け値なしに美味しかった。って1,500円だったかな?これで美味しくなかったら、店内�... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 23:50

« ビストロ ラ シブレット (浅草橋) | トップページ | あさがやえべす (阿佐ヶ谷) »