« パクチーいっぱいの蒸し鶏 | トップページ | イカとキャベツのピリ辛炒め/さんまのさんが焼き風 »

2006年11月12日

北島亭 (四ツ谷)

Imgp03421
ほぼ2年ぶりの北島亭。今回は同僚とそのご家族と4人で。
アラカルトでお願いしたかったのだが、3人以上はコースになりますとのこと。ジビエを食べようとの趣旨の会だったので、事前にジビエをお願いした。前菜が3品と魚、肉、デザートのお任せフルコース(15,750円)。

アミューズ:卵とウニの小さなタルト、前菜:牡蠣のサラダ仕立て、雲丹のコンソメゼリー寄せ、白子のソテー
魚料理:黒むつの胡麻付け焼き

肉料理:鹿肉のロースト、デザート:ブラマンジェ、エスプレッソとプティフール

お任せのコースだったが、食べたかった雲丹のコンソメゼリー寄せ、黒むつをいただけたのがうれしい。
特に、黒むつは絶品。こちらの焼いた魚がおいしいとうかがっていたのだが、冬場に訪れることが多く、ついついジビエばかり頂いていたので、今回はとてもうれしかった。胡麻をたっぷりのせてパリッパリに焼かれた皮と、対照的にレアでやわらかく、しっとりした肉の部分。よくもまぁ、これだけ見事に火が入れられるものだ。

鹿は、前回アラカルトで頂いたものより、ポーションも脂部分も少なかったが(時期的なものもあるが)、口に入れて解ける旨みのある脂は、やはり絶品。肉の部分はやわらかく、深い薔薇にも似た色。この柔らかさは、この店でなければと思う。栗のソースとの相性がよい。

普段、アラカルトで頼むと、注文しないデザート。ということで、今回初めて頂いたが、これがおいしかった。
デザートは全員同じものではなく、ブラマンジェとクレームブリュレ。ともに、一口食べると自然に笑みが出た。

食事が終わって出てきた焼き栗。前回頂いた金柑にも感動したが、焼け焦げ皮とバリバリ剥いでいただく焼き栗のおいしいこと。

黒むつを頂いた段階ですでに満腹だったのに、出されるもの出されるもの、おいしくて食が進んでしまうとはこのこと。
ワインもたっぷりいただいて、幸せなひとときでした。

【お店情報】
北島亭 新宿区三栄町7 JHCビル1F

|

« パクチーいっぱいの蒸し鶏 | トップページ | イカとキャベツのピリ辛炒め/さんまのさんが焼き風 »

コメント

こんにちわ!
うわ~!凄く豪華なコースですね。
鹿肉のロースト、ボリュームありますね。
柔らかそうなお肉、たまらないなぁ。
黒むつの胡麻付け焼き、黒むつって、
食べた事ないけど、美味しいんだろうな。

投稿: うさうさ | 2006年11月12日 12:09

おはようございます。
豪華ですね~!
このお肉超レアですね。
鹿肉は未経験です。
口に入れたら溶けるんですね~。
一度食べてみたいです。

投稿: persian | 2006年11月13日 08:56

>うさうささん
だいぶ奮発しました(笑)
鹿は肉もおいしいですが、脂がほんとにおいしい。
焼き方がうまくないとおいしいと思えませんが、こちらは焼き方がほんとにすばらしいです。
黒むつ、もしかするとうさうささんの方では
違う名前で呼ばれてたりするのかな?

投稿: のむのむ | 2006年11月13日 09:36

>persianさん
それほどレアではないのですよ。
焼き方なんでしょうね。
やわらかくバラ色ですが、火はちゃんと通っています。
家では焼けない肉を焼くというのが、北島シェフの哲学だそうです。
まさにその信条が表れた料理だと思います。

投稿: のむのむ | 2006年11月13日 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/12654158

この記事へのトラックバック一覧です: 北島亭 (四ツ谷):

« パクチーいっぱいの蒸し鶏 | トップページ | イカとキャベツのピリ辛炒め/さんまのさんが焼き風 »