« ル・グランブル 和牛挽肉のラザニア (東銀座) | トップページ | ル・ブルギニオン (西麻布) »

2007年1月20日

チキンソテー 油淋ソース

Imgp2504

油淋鶏みたいなのが食べたい気分なのだけど、夜の揚げ物は控えている我が家。
ということで、鶏の皮目をクリスピーに焼いて、揚げた鶏に少し近づけよう。

鶏肉は厚さを均一にして、フォークで数箇所突く。
醤油、酒、塩、胡椒とネギの青い部分、生姜のタレに漬け、下味をつける。
焼く前に、キッチンペーパーで水分を取り除く。
フライパンを良く焼き、皮のついている方を焼く。
このとき、皮全体が焼けるように、重し(水をはった鍋など)をする。
おいしそうな焼き色がつき、皮がバリバリに焼けたら、弱火にし、鶏をひっくり返して、蓋をして蒸し焼きにする。
油淋ソースは、みじん切りにしたにんにく、生姜、ねぎと、醤油、酢、砂糖、ごま油をよく混ぜて。
焼けた鶏肉に、ソースをかけて、白髪ネギを飾って、できあがり。

さっぱりめの油淋鶏といった感じ。下味をしっかりつけることで、物足りなさを防いで。
あとはこの皮め。パリパリ感ははずせません。

|

« ル・グランブル 和牛挽肉のラザニア (東銀座) | トップページ | ル・ブルギニオン (西麻布) »

コメント

こんにちわ!
チキンソテー・油淋ソース、美味しそう。
のむのむさんのお料理の写真、インパクトが
あって、作りたい気分にさせられちゃう(笑
腕とセンスを感じますよ。
重しとして、水をはった鍋を乗せられますか。
あれは、ほんと皮がぱりっと焼けますね。

投稿: うさうさ | 2007年1月20日 12:40

クリスピーに焼けた感じと油淋ソースに浸った感じがとても美味しそうです。
鶏があまり好物ではない私にとっては、皮がカリカリに焼けてるといいんです。
香ばしさで鶏独特の匂いがなくなるのかな。
鶏料理はあまりしないけど、油淋鶏は作った事あるんですよ。
写真が美味しそうで、作ってみたくなります。
揚げてないのもいいですね。

投稿: persian | 2007年1月20日 23:52

皮がパリパリの鶏肉、美味しそう〜!
結構、こういうのって
下味の美味しさがありますよね。
唐揚げとかもそうだし。
油少なめでも大満足です!というか、逆に
のむのむさんの方が美味しいかも。

早速、物産展行ってきました。
タルトすっごい美味しかったです。
ステキな情報ありがとうございました。
TBさせて頂きました〜。

投稿: まゆみ | 2007年1月21日 00:13

>うさうささん
おいしそうに見えますか?
お褒め頂き光栄です。
デジカメを買って3ヶ月くらい。大分慣れてきたからでしょうか。
うさうささんも、確か重しを乗せて焼きますよね。
昔はフライ返しで押さえてたのですが、こっちのほうがパリっと仕上がりますよね。

投稿: のむのむ | 2007年1月21日 08:37

>peresianさん
persianさんが鶏が苦手な理由って、匂いと皮の感じのかしら?
実は子供の頃、皮が苦手だったんですが、
揚げてパリパリにすると大丈夫だと分かったんです。
それと同じかなぁ。
オーブンで焼いてもいいかもしれませんね。

投稿: のむのむ | 2007年1月21日 08:44

>まゆみさん
さっそく行かれたのですね!
TBもありがとうございます。
あの魚屋さん、ほんとにびっくりするほどおまけしてくれるでしょう?(笑)

投稿: のむのむ | 2007年1月21日 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/13584163

この記事へのトラックバック一覧です: チキンソテー 油淋ソース:

« ル・グランブル 和牛挽肉のラザニア (東銀座) | トップページ | ル・ブルギニオン (西麻布) »