« 青梗菜と人参のお浸し | トップページ | 茄子とトマトの炒め物 »

2007年2月 5日

きむら ロールキャベツ定食 (京橋)

369

ごはんがすすむ洋食が食べたい。ということで、思い浮かんだ2、3店の中から、きむら。
この店でご飯がすすむといえば、お久しぶりのロールキャベツ。ワシワシご飯の基である。

12時50分ごろ、店に入ると、珍しく半分くらいの入り。カウンターに座り、即ロールキャベツ定食(1,000円)を注文。
ほどなくして、ロールキャベツの登場。

368

好きなものは最後に取っておく派なので、まずは、結構な盛りのあるサラダに手をつける。
とんかつも出してる店なので、このサラダのキャベツもとんかつに添えられるキャベツと同じ。細くてたっぷり。
ごぼうのマヨネーズ和えも食べ終わり、さてさてのロールキャベツ。

耐熱皿でグツグツとした状態で運ばれてくるロールキャベツ。いつもながら結構ボリューミー。

ロールキャベツのソースは、トマトベースのソースに、クリームがかけられているものであるが、これが洋食なのに、不思議とご飯にあう。中には、クルミの実が入っており、食感のアクセントと独特のコク、香りを加えている。

そしてロールキャベツの最後のほうは、ソースと崩れたキャベツや肉片をご飯にかけてワシワシ。
毎度おなじみのワシワシご飯。行儀わるいけど、これがほんとに旨いのだ。

【お店情報】
和洋料理 きむら 京橋3-6-2

|

« 青梗菜と人参のお浸し | トップページ | 茄子とトマトの炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/13798098

この記事へのトラックバック一覧です: きむら ロールキャベツ定食 (京橋):

« 青梗菜と人参のお浸し | トップページ | 茄子とトマトの炒め物 »