« 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り  (銀座) | トップページ | Bistroぺるしぃ ブイヤベースの会 (東銀座) »

2007年2月28日

蜂の家 チキンカレー (東銀座)

Imgp3887_2 歌舞伎座の裏あたりを徘徊していたら、どうやらお昼のメニューが書いてありそうなボードを発見。
「蜂の家(はちのや)」とあり、長崎・佐世保のカレーを出しているらしい。

ビルの地下にある店に入ると、白い壁と真新しい木のカウンター。先客が一人。
メニューを見ると、ビーフカレー(中辛)、チキンカレー(辛口)、野菜カレー、ハヤシライス。いずれも700円(大盛り100円増し)。サイド&ドリンクのメニューとして、ビールや、佐世保でしか販売されていない「クールソフト」なる乳酸菌飲料(150円)がある。
辛いの好きなので、とりあえず「チキンカレー」を注文。

店内の黒板を見ると、「蜂の家」は、1951年から続くカレーが人気の洋食屋らしい。で、カレーのキャッチとしては、「一口目は甘く、二口目は辛く、三口目が旨さが広がるカレー」とある。
店員さんによると、こちらのオーナーが佐世保の出身らしく、子供のころに食べたこのカレーが忘れられず、長崎「蜂の家」の協力を得て、店を開いたそうな。

Imgp3880

そうこうしているうちに、カレーの登場。なんだか懐かしい家カレーのようなビジュアル。
一口食べると、ほんとに甘~い。で、二口目には、ちょいと辛さがくる。

甘くて、そして辛いというと、大阪のインデアンカレーを思い出す。
確かに、似ている。が、こちらのほうがより甘く、辛さ控えめといった感じだろうか。そして、よりもったりした感じ。
甘さや辛さの質も違うような気がするが、それが何のせいかは判明せず。。。思い起こしてみれば、インデアンカレーでは玉子入りしか食べたことないし。。。

だが、福神漬けがあう味だし、前出の乳酸菌飲料との相性もよさそうだ。注文しようとも思ったが、店員さんは他のお客さんとお取り込み中。。。
直球でうまい!という感じではないが、ナンだが妙にクセになるというか、ひっかかるカレー。はまる人がいるのもうなずける。

イートインだけでなく、テイクアウトや、忙しい時間でなければ配達もしてくれるそう。11:00~21:00までの通し営業なので、何かのときに飛び込んでもいいかも

【お店情報】
蜂の家 銀座4-12-7 B1 ぐるなび    

|

« 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り  (銀座) | トップページ | Bistroぺるしぃ ブイヤベースの会 (東銀座) »

コメント

意外とふつう、佐世保って何?、というコメントも多く、ちょいと躊躇しておりました。まーまーって感じなのでしょうねっ。

投稿: T.JACK | 2007年2月28日 23:37

>T.JACKさん
確かに、「意外」とふつうで、佐世保を彷彿させるものは
ありませんし、上等でもありません。
でも、ちょっと個性的なカレーという見方をすると、
アリだと思います。
後は好みの問題でしょうねぇ。
一食の価値はあると思いますよ。


投稿: のむのむ | 2007年3月 1日 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/14077524

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂の家 チキンカレー (東銀座):

« 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り  (銀座) | トップページ | Bistroぺるしぃ ブイヤベースの会 (東銀座) »