« 友せき 鳥照焼丼 (東銀座) | トップページ | 笹吟 (代々木上原) »

2007年4月27日

割烹おさき 焼魚(明太子入りさんま)定食 (東銀座)

     Imgp5358

歌舞伎座の真裏。こんな雰囲気のあるお店がある。
ずいぶん前から気にはなっていたのだが、この雰囲気に気安く入れずにいた。だが、表門にかかっているランチメニューによると、焼魚定食(900円)~というので、入ってみることに。

打ち水がしてある石畳を通り、ガラガラっと引戸をあけると、いらっしゃいませ~と迎えてくれた。
1Fは、カウンターが8席。2階には座敷が1部屋あるそうだが、小さいお店。

席に座ると、おしぼりを袋から出して渡してくれ、きちんと茶托に湯のみを乗せて、お茶を出してくれた。

焼魚を注文すると、さんまの腹に明太を詰めたものと、銀むつの味噌漬けが選べるとのこと。
いわし明太は好物だし、明太子入りのさんまを出してくれるところも珍しいので、こちらをお願いした。

待つことしばし。焼魚とご飯、お味噌汁、漬物が運ばれてきた。

              Imgp53601_1

たっぷりと詰まった明太。さんまと明太子。ご飯がススむ王道の組み合わせたこれが、ご飯がすすまないわけがない。

      Imgp53631_3

ご飯もお味噌汁も、特別なものではないし、量も多いわけではないのだが、食べ終わった後の満足度は、なぜか高い。
まさに「満ち足りた」感じ。満足は直接食べるものだけで得られるものではないということだ。きっと、また来る。

この立地であれば、演目によっては、太鼓やお囃子が聞こえてきそうだ。夜は、またいい雰囲気なのだろうなぁ。

*歌舞伎座の立替とともに閉店?(2010.6追記)

【お店情報】
割烹おさき 銀座4-12-4

|

« 友せき 鳥照焼丼 (東銀座) | トップページ | 笹吟 (代々木上原) »

コメント

近くで気になっていたので、参考になります。
アルコール系カロリー過多の私には、ちょうどよいボリウムなのかなあ。
まず昼、行ってみます。(^^ゞ

投稿: T.JACK | 2007年4月27日 16:05

>やはり気になりましたか。
メニュー表が出てなければ、ずっと入れなかったかも(笑)
物理的な量は少ないと思います。
ただ、ご飯がすすむことは間違いないです。

投稿: のむのむ | 2007年4月28日 17:02

さんまに明太!最高の組み合わせかも。
先日、またもや日本酒を飲みました。
そのときは「鰺の琉球」をつまみに。
このイワシ明太はよく見かけるけど、
サンマとなると豪快だなぁ!
食べたい、今日も魚にひかれちゃいそうです。

投稿: mine | 2007年5月 2日 07:49

>mineさん
「鯵の琉球」って何?でした。
思わず、検索かけちゃいましたよぉ。
あまり引っかからないのですが、
九州のほうの食べ方みたいですね。
写真を見ましたが、これは日本酒がすすみそう(笑)

イワシ明太が好きなのですが、サンマだと、
どどん!と豪快ですよね。
これだと、さすがに、ご飯のお供という感じです。

投稿: のむのむ | 2007年5月 2日 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/14861839

この記事へのトラックバック一覧です: 割烹おさき 焼魚(明太子入りさんま)定食 (東銀座):

« 友せき 鳥照焼丼 (東銀座) | トップページ | 笹吟 (代々木上原) »