« コシアブラ 再び | トップページ | BOULANGERIE KOCHU ガーリックフィセル他 (阿佐ヶ谷) »

2007年5月 9日

ORIENTAL DINER GINZA  シンガポールチキンライス (銀座)

Imgp5706

昨日のランチの帰り、恒例の散歩をしていたら、新しいお店を発見。
新しいといっても、以前あった薩摩黒丸が業態変更したもの。
今回の店は、シンガポール料理を中心に、アジア料理を提供する店らしい。
ふぅ~んと思ってみていたら、100円割引クーポンをもらったので、せっかくだからと行ってみた。

以前の和風な店内とは違い、アジアに少しポップ感を加えた感じの店内。
ランチメニューは、6種類。一押しというシンガポールチキンライスを注文(定価980円、今日はクーポンで100円引き)。
水道橋にあるシンガポール料理店「海南鶏飯」のシェフ直伝だそう。

ほどなくして、運ばれてきた。意外にも、チキンとライスは別盛り。
ソースは、ブラックソイソース、フレッシュチリ、葱と生姜のソースの3種類。

Imgp5711

鶏は、くるんと丸まった形状。糸の跡があるので、おそらく丸めて調理していると思われる。
やわらかくて、ゼラチンのぷりぷりも見える。鶏自体の味は普通だが、いろんなソースがあるのが楽しいところ。葱と生姜のソースは、結構気に入った。
長粒米を鶏スープで炊いたご飯もなかなか。

Imgp5704

セットのスープとサラダ。

ただ、980円のパフォーマンスがあるかどうかは疑問。他のメニューも若干強気な価格設定に思う。店頭配布のクーポンは5月31日までらしいので、それ利用で来るならいいかなぁ。
ランチは17時までなので、時間をはずしてしまったときの利用にはよいかも。

【お店情報】
ORIENTAL DINER GINZA 銀座2-11-13 銀座歌茶屋ビル 1~2F ぐるなび

|

« コシアブラ 再び | トップページ | BOULANGERIE KOCHU ガーリックフィセル他 (阿佐ヶ谷) »

コメント

こんにちは。
水道橋の海南鶏飯にはたまに行きますが、銀座だとやはりお高くなるんですね。
ランチでは炊き込みご飯とスープがお代わり自由でしょうか。
(私はついお代わりしてしまいます……貧乏性だ)
のむのむさんは今回は蒸し鶏の方を召し上がったのかしら。
水道橋店では揚げ鶏も肉骨茶も美味しいですよ~。

投稿: ミケ | 2007年5月 9日 17:21

あら、あのおいしいうどん屋さんは無くなってしまったのですね。

昨日銀座4丁目のウラのほうで飲んでいましたが、ずいぶん変わってきているのですね。

投稿: ももパパ | 2007年5月 9日 22:27

>ミケさん
海南鶏飯には行ったことないんですよぉ~。
ネットでみましたが、やはり、高いですよねぇ。ココ。
スープは分かりませんが、
ご飯はおかわり自由のようですよ。

今回は蒸し鶏のほうです。揚げたのもあったので、食べてみようかな。
両方とも、ご飯と別盛りで、すごく違和感あるんですけどね。

投稿: のむのむ | 2007年5月10日 11:58

>ももパパさん
うどん屋さんの後に、なんだか黒い食物と焼酎のお店になって、
その後がコレです。

銀座にいらしてたのですねぇ。
私も京橋や東銀座のほうばかり行っていると、
知らない間に、店が変わっていてびっくりすることがあります。
キレイなビルばっかりになるのは、なんだかなぁと思うんですけどねぇ。

投稿: のむのむ | 2007年5月10日 12:07

あそこのお店、潰れちゃったのかな~と思ったら業態変更だったんですね。
チキンライスなのに、ライスが写ってない!?って思ったら別盛りなんですね。ホント、珍しい。
新規開拓って、外れたときの悔しさを、その日、一日中引きずっちゃうので、けっこう命がけです(笑)

投稿: tiki-tiki2005 | 2007年5月10日 12:40

>tiki-tikiさん
ライス別って珍しいですよねぇ。
ちなみに、トップの写真で右上に見切れてるのがライスです。

そうそう、新規開拓はある意味命がけ。
外してヘコむこともあるけど、いい出会いもあるから、
やめられないんですよねぇ。

投稿: のむのむ | 2007年5月10日 15:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/15010670

この記事へのトラックバック一覧です: ORIENTAL DINER GINZA  シンガポールチキンライス (銀座):

« コシアブラ 再び | トップページ | BOULANGERIE KOCHU ガーリックフィセル他 (阿佐ヶ谷) »