« 雲楼 五目肉焼きそば (京橋) | トップページ | Tete Dining&Gallery 里芋入りキーマカレー (東銀座) »

2007年5月 4日

山菜祭り その2

*この記事は、こちらの続きとなっております。

さて、いよいよ、山菜祭りの本番。
まずは、憧れだった山菜の天ぷら。塩で頂きました。

タカノツメとこごみ。

Imgp5490

タカノツメは、春らしい苦味がある。特に、芽先と反対側をぐっとかむと、ぐわんと苦味がやってくる。

コシアブラ(手前)とウドの葉。

Imgp5508

コシアブラは、タラノメよりもおいしいと、最近人気の山菜だそうなのだけど、噂はほんと。これ、うまいっ!
クセも控えめだが、風味豊か。

Imgp54951

でっかい椎茸とタラノメも天ぷらに。椎茸が肉厚でうま~でした。

天ぷらのほかには、お浸しにしたり、

Imgp55091 Imgp5619

ウドの茎の部分は、お味噌汁にしたり。

Imgp5523

送ってくださったなおなまさんのところで拝見して、是非とも食べたかったキムチワラビ。

Imgp5516

これ、ご飯にも、お酒にもあうの。送っていただいたワラビを、これ全部に使いたいくらい嵌りました。
送ってくださったキムチの素。これがまた、おいしい!
これまた福島の内池醸造のもの。密度が濃くて、これだと、漬けてもしっかり旨みが乗るのも納得。

そして、山菜たっぷりのおろし山菜そば。

Imgp5608

お蕎麦も送っていただいたもの。
地元で作られた乾蕎麦。太めの田舎そばで、これがとってもおいしかった。
大根おろしとワラビ。これに冷やしたそば汁をかけて。
薬味は、わさびやネギよりも、大根おろしはホント! ウマウマでした。

山菜は、福島のほうの道の駅でも販売されているとのこと。
コシアブラやタカノツメは、まだメジャーじゃなくて、買って行く人が少ないそう。
もし、行かれる方がいらっしゃいましたら、是非お買い求めを。

なおなまさん、ほんと、ありがとうございました!

|

« 雲楼 五目肉焼きそば (京橋) | トップページ | Tete Dining&Gallery 里芋入りキーマカレー (東銀座) »

コメント

これ!、これ!、凛々しく瑞々しい、この山菜!

ドラム缶で輸入された、ヘタヘタのくせにスジが固い
という、忌まわしい立ち食い蕎麦店の山菜とは
雲泥の差じゃぁ~ございませんか!!
まさにゼイタク。「山の幸」という言葉を、これほど
思い知らされる経験は無いだろうと・・・☆

コシアブラ、初めて拝見して興味シンシンです♪

投稿: つきじろう | 2007年5月 4日 19:20

のむのむサン、こんばんわ!
山菜、私も大好きで以前は店頭で見かけると よく買っていました。
こちらでも フキ&ワラビなどが自生しているらしいんですけど。。。お店で売られてるのしか見たことがない私にとっては、道端に生えてる「あれ、ひょっとしてフキ(ワラビ)かな。。?」と思うものを見かけても、それを採って自分で調理する勇気がでません。
見掛けは似ていても実際には違う場合もありますしね。。

投稿: ジャスミン | 2007年5月 4日 22:41

のむのむさん、ただいまです~~~!
今回は、2日泊まり、母が下関にいる叔父に
会いに行きたいと言って、私たちと一緒に、
ことらへ来ましたので、なかなか忙しい(苦笑
お酒を叔父から頂いたので、それならやっぱり
お刺身でしょう~と・・・、3人で飲みました。
4年ぶりくらいにこちらへ来たので、たまには、
ゆっくりしてもらいたいなと。
と言っても、何も出来ないのですけどね。
以前、のむのむさんのお母様がいらっしゃった
って記事に書かれていましたよね。
本題の山菜の天ぷら、塩で頂かれたのですね。
素材を十分に活かされて美味しかったでしょう。

投稿: うさうさ | 2007年5月 6日 22:27

でました〜!!山菜祭り!!
うわぁぁぁ、美味しそう。
のむのむさん、この記事でなんかいうまうまと言っているでしょうか?(笑)
山菜をこんなにたくさん食べることはないな〜。うらやましい。山の幸全快ですよね〜。
自生しているものを採りに行きたいです!
見分けつかないけど。
天ぷらも引かれましたが蕎麦もすごい!
キムチなんか最高に食べてみたいです!!
のむのむさん、良かったですね〜♪
今年はタケノコを多くいただき、今日は天ぷらにする予定です。

投稿: mine | 2007年5月 7日 09:45

>つきじろうさん
色の鮮やかさと瑞々しさは、すばらしかったです。
まさに、「山の幸」「山の恵み」。
そして、つきじろうさんも書いていらっしゃいますが、
「命を頂く」って感じでした。

コシアブラ、ほんとおいしいですよ。
見かけたら是非、食べていただきたいデス。

投稿: のむのむ | 2007年5月 7日 10:06

>ジャスミンさん
へぇ~、フキやワラビって、ものすごく日本的なイメージがあるから、
そちらで自生してるって不思議。
でも、たしかに、怖いですよねぇ~。
山菜とかキノコとかのちょっとした差ってわからないですもん。
そちらでは、フキやワラビを食べる習慣ってないのかな?

投稿: のむのむ | 2007年5月 7日 10:09

>うさうささん
お帰りなさ~い。
お母様がいらっしゃって、叔父さまのところへいらしたんですね。
短い移動でも、結構大変だったでしょう?

でも、お酒にお刺身はうらやましいなぁ。
いつも、うさうささんのところのお刺身は、おいしそうですもん。

天ぷらは塩が正解でした。山菜それぞれの苦味や風味がしっかり判りますからね。
初めて目と口にするものもあり、美味しく感謝のひと時でした。

投稿: のむのむ | 2007年5月 7日 10:26

>mineさん
だっておいしかったんだもん(笑)

ほんとに、たっくさん送って頂いたのだけど、
せっかくの山の幸!と思って、存分に満喫しました。
こうやって改めてみると、ほんと贅沢ですよねぇ。

ワラビキムチ、いいでしょう?
これ、ほんとおいしいの。
もし、八百屋さんでワラビを見っけたら、
絶対、もう一回食べたい!と思うほど。
mineさんも、もし見つけたら、是非やってみて。

投稿: のむのむ | 2007年5月 7日 10:33

うわぁ。。。同じものを使って料理しているのに・・・。
うちとの差は、どういうこと???笑。
のむのむさんとこのは、美しいぞ。汗。

てんこ盛りの天ぷらの写真をブログのほうに載せました。やっと我が家も山菜祭りしましたよ♪

喜んで貰えて良かったです!
ワラビキムチが、たぶん一番喜んでもらえるだろうと
予感していました。ふふふ。
あれは、まさに酒の肴ですよね。簡単で美味い。

コシアブラの和え用に、ジュウネン入れるの忘れてたの。涙。これは来年にしときますです。
それと、宅配した翌日に天王山のにごり原酒が販売に。
あぁー、もう一日遅らせればよかったと後悔。

うちの天ぷら祭りも、また来年。。。
次は・・・鰹の季節ですね!!!!笑。

投稿: なおなま | 2007年5月 7日 18:08

>なおなまさん
ほんとにありがとうございましたm(_ _)m
なおなまさんちの天ぷら祭りも拝見しましたよぉ~。
どどん♪と乗ってるところが魅力的♪

コシアブラ、あまりに嵌ったので、自分の行動エリアでないか探したら、
あったんです♪
早速買って、昨日食べました。

ジュウネン和え!ヒョウ~、うっまそう。
これまた、探さないとなぁ。

ワラビも素のものはないので、水煮のを買ってきて、キムチの素に漬けましたわん。
しばらく、山菜祭りは続きそうです。。笑

投稿: のむのむ | 2007年5月 8日 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/14948582

この記事へのトラックバック一覧です: 山菜祭り その2:

« 雲楼 五目肉焼きそば (京橋) | トップページ | Tete Dining&Gallery 里芋入りキーマカレー (東銀座) »