« MAISON de SAWA ドライカレー with ポーチドエッグ (東銀座) | トップページ | 印度風カリーライス (三越前) »

2007年6月 6日

塩らっきょ

Imgp6467

らっきょの季節です。らっきょを漬けるのは、今年5回目。

のんべぇの私は、一般的な甘酢漬けじゃなく塩漬けが好みなので、今年も塩漬け。
といっても、お酒の肴としてだけではなく、カレーのお供や、ピクルスの代わりにタルタルソースに入れたり、キュウリと和えてみたり、使い道はいろいろ。

らっきょ漬けは、荒漬けのあと、甘酢や塩で本漬けをする。

とにかく、泥つきで、芽が出て青くなっていないらっきょを探す。これが大事(1)。
そして、探して購入したら、その日に漬けてしまうのが、大事(2)。
泥を洗って、薄皮を取って、塩を振りかけながら、保存容器に入れ、ひたひたになるまで水を加える。

1週間から10日くらいすると、泡が出てきて、水が濁ってくる。これが、次の作業の合図。

荒漬けしたらっきょをよく洗い、水気を切る。根と頭の部分を切り、らっきょの型を成型する。
粗漬けの前に根や茎を切り落とすより、本漬け前に切り落としたほうが、コリコリ感が残るような気がするんだよね。
3%の塩水に漬ける。これで、1ヶ月くらいたてば、塩らっきょのできあがり。

今年は、どんな塩らっきょができあがるかな?

|

« MAISON de SAWA ドライカレー with ポーチドエッグ (東銀座) | トップページ | 印度風カリーライス (三越前) »

コメント

らっきょの季節ですね!
塩らっきょ、こりゃぁ、酒のアテにピッタリです。
我が家は、飲兵衛のクセにお酢に漬けた方が好きらしいので
いつも甘酢漬けです。お砂糖はかなり控えめですけど。
お料理用には、塩らっきょが便利そうですね。
今年は、両方漬けようかなぁ〜。

投稿: まゆみ | 2007年6月 6日 09:03

>まゆみさん
ぜひぜひぃ~。今年は塩らっきょも。
料理への使い勝手もいいんですよ、ほんと。
とくに、夏野菜との和え物がおすすめです。

投稿: のむのむ | 2007年6月 6日 23:07

なるほど、こうやってつけるのですね〜。
覚えておきます。
柔らかい、新鮮なものを選ぶといいのかな。
らっきょうのタルタルソースというのにとてもひかれてしまった‥‥‥。
私も甘酢漬けより、塩漬けの方が好きなのですけど
作ったことがなかったので、助かりました。
見つかるかな?らっきょうのきれいなの。
見つかったら作ってみますね!

投稿: mine | 2007年6月 9日 00:08

>mineさん
ぜひぜひ~。mineさんなら絶対気に入るはず(笑)
アテとしても、料理の材料としても。
応用がきくところも、とってもおすすめなんです。
年に一度切りですから、是非探してみてくださいね。

投稿: のむのむ | 2007年6月10日 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/15331440

この記事へのトラックバック一覧です: 塩らっきょ:

« MAISON de SAWA ドライカレー with ポーチドエッグ (東銀座) | トップページ | 印度風カリーライス (三越前) »