« ととりべ 山椒焼丼 (銀座) | トップページ | すし処 目羅 お昼のおまかせ (京橋) »

2007年7月 6日

梅酒いろいろ

Imgp7308

梅酒を漬ける季節ですね。我が家でも、梅酒を仕込みました。お取り寄せした梅は、梅酒の先輩である同僚の一押しのもの。完熟ギリギリまで待ってから発送とのことで、6月の最終週に届きました。柔らかくて、とってもいい香りの梅。

実は、昔は梅酒が苦手でした。ベタベタした甘さがね、どうしてもダメで。でも数年前、とある居酒屋で頂いた梅酒が、とてもおいしくて、おいしい梅酒もあるんだと開眼したというわけ。

ということで、我が家の梅酒は、かなり砂糖を少なめにして作ります。それも、量が少なくてもエキスが出やすいように、角砂糖ではなく、果糖を使用。

今年は、純米酒と麦焼酎で仕込みました。

Imgp7319

麦焼酎は、天盃。梅酒用のものを通常のものとは別に作られています。通常の飲む用のものはアルコール度数20度~25度のものが多いが、これは、35度と高め。これくらいの度数でないと、梅のエキスが抽出されにくいから。

Imgp7316

純米酒は、富久錦の純米原酒。こちらも、梅酒用の日本酒ということで売り出されています。こちらは、通常のアルコール度数。梅酒用にというのは、酒がもともと持つ旨みと酸味で、加糖が少なくてもすむそう。

漬けたはいいけど、すぐに飲めるものでもないので、すぐ飲むため用の梅酒も購入。杉勇の加糖があるものと、ないもの。

Imgp7591_1

杉勇は、辛口の酒だが、梅酒にしてもそれは健在。キリっとしたキレのある梅酒。

やはり、加糖がないもののほうが、梅エキスが少なく、日本酒的な感じ。加糖してあるものは、日本酒で漬けたとは思えないほど、しっかりとした梅酒になっている。好みは、この中間くらい。うちの梅酒の目安はここだな。

Imgp7339_1 Imgp7345

梅酒ではないけれど、5年ものの梅シロップ。これは、焼酎に入れて飲む用に作ったもの。焼酎にこの梅シロップを入れて、炭酸を加えると、さっぱりとした飲み心地の梅サワーができる。これもおいしいんだよね~。

今回漬けた梅酒の未来を思い描きつつ、今ある梅酒を楽しみますか。

|

« ととりべ 山椒焼丼 (銀座) | トップページ | すし処 目羅 お昼のおまかせ (京橋) »

コメント

先日、日本酒で漬けた梅酒をはじめて飲みました。僕も甘ったるいベタベタしたのはダメですが、少しずつ梅酒も飲むようになってきてます。出来たら水筒を持って伺います(笑)

投稿: くに | 2007年7月 6日 11:24

こんにちわ!
のむのむさんの漬けられる梅酒は本格的。
純米酒と麦焼酎で仕込まれるとは、流石。
角砂糖ではなく、果糖を使用されてるのですね。
完熟ギリギリまで待ってから発送のこの梅、
実に綺麗ですね。
やはり梅の質で、味も変わりますものね。
夏みかんも、そうでした。
5年ものの梅シロップ、頂きたいくらい(笑

投稿: うさうさ | 2007年7月 6日 11:48

ボクも2年前、富久錦ベースで作りました。エキス抽出に時間がかかるので、2割ほど焼酎と泡盛をブレンドしましたが。1年ではまだまだ、2年目もっともっと、てな感じで3年目突入。生きてるうちにおいしくなるかな♪

あ、別件。あの店の姉妹店はまだ未訪です。スタッフはローテで入れ替わっているみたいですけど、ボクはあのシェフが好きなもんでこちらばかりです。

投稿: T.JACK | 2007年7月 6日 12:20

>くにさん
日本酒でつけた梅酒、おいしいですよね♪
だから、出来上がりが、ほ~んと、待ち遠しいです。
できあがる前になくならないかが心配ではありますが。。。(苦笑)
水筒、持ってきてもいいけど、でっかいのは辞めてね(笑)

投稿: のむのむ | 2007年7月 6日 18:00

>うさうささん
この梅、ほんと綺麗でしょ?
このまま食べてもおいしいだろうなぁ~というものでした。
それを我慢して漬けてるのだから、おいしくないわけがないですよね。
う~ん、どこでもドアがあれば、お届けできるのに。。。

投稿: のむのむ | 2007年7月 6日 18:04

>T.JACKさん
記事にされてたのは富久錦でしたっけ?(うる覚え)
やはり時間がかかりますよね。
加糖したせいか、1週間ですが少しづつ色がつき始めました。
でも、少なくとも2年は我慢だろうなぁ~。

姉妹店へはいかれてないのですね。
案外近くにできたんだと気になっていたのです。
シェフがお好き。なるほどです(笑)

投稿: のむのむ | 2007年7月 6日 18:07

梅酒漬けられたんですね。
純米酒と麦焼酎でですか。
日本酒で漬けたものは飲んだ事がありません。
楽しみですね~。

私も甘いのは苦手なのでお店では飲んだ事がありません。

うちの床下には数年前に漬けた梅酒が入ってます。
実は、初めて梅酒を漬けた時(随分昔です)、嬉しくて夫に言ったんです。
そしたら、その夜にすっかりなくなってました。
がっかりでしたよ。
アルコールであれば、何でも飲んでしまう夫が飲んだのです。
それ以来、夫に内緒で漬け、内緒で飲んでます。
なので、なかなか減らないのです。
今年は漬けてません。

投稿: persian | 2007年7月 7日 01:22

>persianさん
その夜になくなってたってすごい!
ご主人は、かなりお飲みになるんですね。
それ以来、こっそり仕込んで、飲んでらっしゃる
persianさんもかわいらしい(^^)
すぐなくならなくても、益々漬かっていって、
おいしい梅酒が飲めますね。

投稿: のむのむ | 2007年7月 7日 10:23

もう今はありませんが、昔銀座3丁目に日本酒Barがあったのはご存知ですか?
そこでは厳選された日本酒の他、珍しい梅酒もあってそこで初めて梅酒って奥が深い、と思いました。
日本酒で作った梅酒も、美味しくってびっくりしたものです。

のむのむさんの梅酒も絶対美味しそう!!
こうして、自分の好みで作る梅酒も格別でしょうね〜。
お相伴にあずかれる旦那サマが羨ましい!

投稿: さおぷー | 2007年7月 7日 22:09

>さおぷーさん
そんな店があるという話は聞いたことがありましたが、いかぬままでした。
移転したという話を聞いた記憶があるのですが、その店でしょうか?
日本酒で仕込んだ梅酒は、それほどつい数年前に始めて飲みましたが、あれはいいですね。
最近、日本酒のいくつかの蔵元から出ているので、毎年楽しみでもあります。
今年仕込んだのがどうなるか、今から楽しみです。

投稿: のむのむ | 2007年7月 8日 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/15668344

この記事へのトラックバック一覧です: 梅酒いろいろ:

« ととりべ 山椒焼丼 (銀座) | トップページ | すし処 目羅 お昼のおまかせ (京橋) »