« 諸葛亭 麻婆豆腐のセット (東銀座) | トップページ | ちょい旅・会津若松 (その1) »

2007年8月29日

新日本料理 うち田 ちらし膳 (東銀座)

昭和通りを越えた銀座1~2丁目あたりには、喧騒から逃れるようにちょいと高級な和食の店がいくつかある。何かの理由がないと足を踏み入れないだろうなぁという雰囲気なのだが、お気軽なランチがある店もあったり。

こちらのうち田は、以前は普段使いのランチではないメニュー構成だったのだけれど、先日メニューを見てみたところ、低い価格帯のメニューが新しく増えていた。
「新」とか「創作」とかつく店にはあまり惹かれないのだけれど、せっかく機会だしということで入店。

ランチメニューは、手軽なところから、薬膳粥(900円)、ちらし膳(1,200円)~3,500円のコースまで。粥も気になったが、先日食べたばかりなので、ちらし膳を注文。

Imgp93941
まず、運ばれてきたのが梅そうめん。梅を練りこんだそうめんで、出汁と共に頂く。
ひんやりとして、梅の酸味が心地よく、暑い日にはとてもよい清涼剤。この一皿で、俄然料理へ向かう気持ちが高まる。

Imgp9397_2
続いては茶碗蒸し。かつおの出汁のしっかりしたもの。

Imgp9398
お造りは、石鰈をサラダ仕立てにしたもの。ソースはブルーベリーソース。
鰈にブルーベリーソースの甘さはちょっと。。ピンクペッパーなどのスパイスが振りかけられており、それだけで十分。
ミックスリーフとソースの相性はいい。

Imgp9401
続いての煮物。茄子、かぼちゃ、里芋、こぼう、インゲンの煮物。

Imgp9409
そして、いよいよのちらし寿司。表のメニューに「生ものを使わないちらし」と書いてあったので、何が入るのか気になっていたのだけど、出てきたのがコレ。
でんぶや錦糸玉子、レンコンは分かるけど、このまぐろやイカ、イクラに見えるのはなんだろう?

食べてみると、まぐろは赤いパプリカ、イカは刺身こんにゃく。
イクラは食べてもなんだか分からなくて、女将さんに聞いてみるとタピオカとのこと。
味的には、かまぼこと梅干がおいしかったのだけど、なかなか面白い創作。

Imgp9412
最後はデザート。白いシャーベットなので、梨とかかな?と想像していたら、なんと「トマトのシャーベット」。食べると、想像以上にしっかりトマトの味。

これだけお皿を頂いて、1,200円は満足な内容。
ちなみに、薬膳粥でも、小鉢から煮物、デザートは同じ様子。こちらも900円とは思えない充実の内容と予想できる。

一皿一皿運ばれてくるため、なんかだこのまま仕事に戻るのがもったいない、落ち着いたいい気持ちになれる。たまには、こういうお昼もいいなぁ。

【お店情報】
新日本料理 うち田 銀座1-20-5 清和ビルB1 ぐるなび

|

« 諸葛亭 麻婆豆腐のセット (東銀座) | トップページ | ちょい旅・会津若松 (その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/16275615

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本料理 うち田 ちらし膳 (東銀座):

« 諸葛亭 麻婆豆腐のセット (東銀座) | トップページ | ちょい旅・会津若松 (その1) »