« GINZA 瑛舎夢 カレーランチセット (銀座) | トップページ | 今泉 カキ・アジフライ (日本橋) »

2007年10月 4日

粕漬けソーセージ

Imgp04051
「発酵」に興味をもってから、日本ってすごい漬物大国なんだぁとびっくり。
塩漬け、醤油漬け、酢漬け、粕漬け、ぬか漬けなど、漬け床の種類の多さは他の国にはないものだし、漬ける材料も野菜だけでなく、魚介類や肉類も漬け込んだり。日本全国津々浦々、ご当地漬物があるったりするもんね。

そんなこんなでいろんな漬け物を調べているうちに、おぉっ!と思ったのが粕漬けソーセージ。『美味しんぼ』にも掲載されているそうな。
ソーセージの粕漬けでしょう?絶対酒にあいそうだ!ということで、早速作ってみることにした。

といっても、生ソーセージを買ってきて漬けるだけ。
今回使った酒かすは、板粕じゃなくて生粕。なので、みりんなどを加えず、そのまま使用。で、一晩冷蔵庫で寝かせて。

フライパンの極少量の油を熱し、弱火でジリジリと焼く。この時点で、もういい香り。この時点で一杯飲めそう。
焦げつかないように気にしながら、ソーセージに火が通ったらできあがり。

一口かじると、酒の香りがふわんとして、次のソーセージの旨み。
ソーセージの脂の強さが少し丸くなって、なるほど酒に合う。もともと一緒だった酒かすの風味をまとったんだもの、合わないはずがない。
ぬる燗と粕漬けソーセージで秋の夜長かぁ。こりゃ、いいものを発見した。
酒かすの種類を変えたり、調味料を加えることで、味わいも変わりそうだしな。いろいろ試してみようっと。

ちなみに、わざわざ作らなくても、美味しんぼで紹介されていたソーセージは、お取り寄せ可能。「粕漬けソーセージ」で検索すると、たくさん出てきます。
銀座近くにお勤めの方には、東京交通会館内のむらからまちから館でも販売されているようです。

|

« GINZA 瑛舎夢 カレーランチセット (銀座) | トップページ | 今泉 カキ・アジフライ (日本橋) »

コメント

ふぅん。
生ソーセージを漬けるというのは、面白いですね。
しかも、売っているんだ。
燻製にしたことはあります。

投稿: ももパパ | 2007年10月 4日 17:29

>ももパパさん
売ってるんですよ、これ。
よく考えたなぁ~と思うけど、うまいです。
ホッピーにもあうかも。
ソーセージを燻製は王道だけど、うまいですよね♪

投稿: のむのむ | 2007年10月 5日 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/16656038

この記事へのトラックバック一覧です: 粕漬けソーセージ:

« GINZA 瑛舎夢 カレーランチセット (銀座) | トップページ | 今泉 カキ・アジフライ (日本橋) »