« 有薫酒蔵 だご汁定食 (銀座) | トップページ | 馬春楼 (西麻布)   »

2008年2月24日

味噌作り2008

Imgp31741
ぼやぼやしてたら、2月もあっという真に中旬もすぎ。そろそろ今年も仕込まなきゃ。味噌は年中作ることができるのですが、寒い時期に仕込みゆっくり発酵させるのがおいしいということで、寒い時期に仕込むことにしています。

これは去年仕込の味噌。この日仕込んだ味噌も、1年後にはこんな風になってるはず。

材料は、大豆・米麹・塩。分量は、2:2:1。米麹や大豆が200g売りが多いので、毎年大豆200g、米麹200g、塩100gで仕込みます。出来上がりは1kg弱。

Imgp31801_2 Imgp31811_2
1.まずは大豆をたっぷり水につけ、一晩おく。

2.大豆を戻した水ごと煮る。指でつぶれるくらいまでやわらかく。
茹で上がったら、大豆と茹で汁を分ける。(茹で汁は、後で使うのですてない)

Imgp31901_2 Imgp32011_2
3.茹で上がった大豆をすりつぶす。途中、茹で汁を加え、やわらかさを調節。
フードプロセッサがないので、毎年この作業が一番大変だったのだけれど、今年は圧力鍋で大豆を炊いたら、やわらかくふっくら炊き上がったせいか、この作業がものすごく楽。フープロやすり鉢がなくても、ビニール袋に大豆を入れて、上から潰してもできそう。って、あそっちのほうが簡単。大豆をふっくら炊き上げるのがポイントです。

4.大きいボールに塩と米麹を入れ、よく混ぜ合せ、すりつぶした大豆も加えて、よく混ぜ合わせる。

Imgp32081 Imgp32121_2
5.よく混ぜ合わせたものを団子状にして、消毒した漬け込む容器に、底に打ち付けるように詰める。打ち付けるようにするのは、余分な空気を抜くため。

Imgp32181_36.表面にぴっちりとラップをする。重しをして蓋をし、涼しいところで寝かせます。

ここまま秋くらいまで。ときどき上下を逆にするためかき混ぜたり、かびが生えてないかチェック。今年の味噌がどんな風に仕上がるか、楽しみです。

|

« 有薫酒蔵 だご汁定食 (銀座) | トップページ | 馬春楼 (西麻布)   »

コメント

こんばんわ!
のむのむさんは、寒い時期に仕込まれますよね。
ゆっくり発酵させるのがおいしいのですね。
去年仕込の味噌、いい色になっていますね。
今年の義母の味噌作り、初体験しようと思ってます。
手作り味噌が自分の手で出来たら、感激でしょうね。

投稿: うさうさ | 2008年2月24日 22:02

>うさうささん
季節に限らず、手塩にかけたものってやはりおいしいですよね。
お義母さま、毎年お味噌を仕込まれてましたよね。
うさうささんも、味噌作りを楽しめるといいですね。

投稿: のむのむ | 2008年2月25日 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/40240019

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌作り2008:

« 有薫酒蔵 だご汁定食 (銀座) | トップページ | 馬春楼 (西麻布)   »