« 三州屋 アジ叩き定食 (銀座) | トップページ | ボッカ・ルーポ (高円寺) »

2008年5月16日

bistrot Vivienne サーモンのフリッター (東銀座)

Viviennne1

宿題になっていたビビエンヌの新しくできた1,050円のランチを求めて再訪。今日の1,050円のランチは、ムサカor前回とクロック・ムッシュ。ということで、ムサカを注文しようと思ったそのとき、ちょうど自分の前に入ったお客さんでSOLDOUT。12時前だというのに、すごいね。そんなわけで、1,260円のランチから、宿題にしていた魚料理からサーモンのフリッター。肉料理は前回と違って、本日は鶏モモ肉とマッシュルームのフリカッセ。どうやら、日によって、多少内容が異なるらしい。

オープン当初よりも、ぐっと客足が増えている様子。やはり複数で連れ立ってくる女性が多いようだ。男性は一人客。そんな観察をしていると、メインが運ばれてきた。

厚みも幅もあるサーモンの切り身をサックリと揚げたもの。フリッターというと、ふわふわな衣を想像するけど、パン粉を塗して揚げたサクっとしたタイプ。ナイフを入れると、サクっという音とともに、湯気がモワっと揚がる。身の厚さと衣のおかげで旨味がじんわり感じられるサーモン。揚がりが軽いものいい。タルタルソースは、ケッパーの酸味かな?が印象的。

      Viviennne2 Viviennne3_2
パンとコーヒー付き。パンはおかわり可らしい。

いろんなメニューを食べてみたいと思わせてくれる店。もちろん夜もね。

【お店情報】
ビストロ ヴィヴィエンヌ 銀座4-13-9 地図

|

« 三州屋 アジ叩き定食 (銀座) | トップページ | ボッカ・ルーポ (高円寺) »

コメント

こんにちわ!
サーモンのフリッター、想像すると、ほんと
ふわっとしたイメージがありますね。
サクっとしたタイプだったのですね。
その音って、何だかたまらないですね。

投稿: うさうさ | 2008年5月16日 15:13

>うさうささん
エビやイカのフリッターとかね。
あのイメージが強いですよね。
サクっとしたあとでモワっとした湯気。
それだけでも、ごちそうです。

投稿: のむのむ | 2008年5月18日 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/41224260

この記事へのトラックバック一覧です: bistrot Vivienne サーモンのフリッター (東銀座):

» ■bisttor「Vivienne」で 帆立貝のフリットふくよかなその身の甘さ [馳走に屋号に意匠あり]
久し振りに歩く木挽町通り。 「樹庵」のあった場所には「赤井」と、別の名前が掛かっ... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 07:49

« 三州屋 アジ叩き定食 (銀座) | トップページ | ボッカ・ルーポ (高円寺) »