« 揖保乃糸 庵 秋刀魚の照焼と酢立ちの温そうめん (銀座) | トップページ | 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り (銀座) »

2008年9月18日

茶房 野の花  野山のごはんBセット (銀座)

      Nonohana_3

松屋銀座の裏、野花をを専門に取り扱う「野の花 司」という店があるのだが、その2Fに花器などを陳列したスペースと小さい喫茶スペースがある。ある日、外に出されていたメニューを見てみると、ごはんものも提供していることを知る。量は多くはなさそうだが、山菜等を使った「野山のごちそう」に興味があり、宿題にしていたところ。今日は、「少し食べたいなぁ」という気分だったので、うかがってみることに。

店舗を横へ回ると、2Fへと続く階段があって、空間の奥のほうに、2人卓が3つと大きなテーブルが一つ。壁やテーブルには、センスよく花が飾られているのは、とても「らしい」。

食事のメニューは、おにぎりに「野山のごちそう」がついたもの(800円)、これに小鉢がついたもの(1,000円)、さらにお菓子と抹茶が付くもの(1,500円)で、小鉢つきのものを注文。ちなみに、こちらで出されるお菓子は「空也」のものだそう。

      Nonohana1

今、15分ほど準備に時間がかかりますが、よろしいですか?と、大変物腰柔らかく伝えられていたのだが、店に漂うふんわりとした空気に、左程時間も感じなかった。運ばれてきたのは、炊き込みご飯のおにぎりと白いおにぎり。野山のごちそうが3種類と、野菜と車麩の炊き合わせ。お盆に花が添えられているのも愛らしい。この花は持ち帰りできるそう。

野山のごちそうは、自然にある草や実、漬けたりしたもの。今日は、蕗と、割り梅、ミズのお浸し。それぞれが持つ個性を出すため過剰な手は加えず、滋味深い味わい。炊き込みご飯にも、豆やシソの実などが入っていて、一口ごとに「あっ」と発見がある。全体的な量は控えめなものの、満足感や充実感がある料理。不摂生続きの体もリセットできそうだ。野山のごちそうや鉢の内容は、日・季節によって変わるそう。

【お店情報】
茶房 野の花  銀座3-7-21 地図 

|

« 揖保乃糸 庵 秋刀魚の照焼と酢立ちの温そうめん (銀座) | トップページ | 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り (銀座) »

コメント

野花を取り扱うこのお店、なかなか風情がありますよね。

2Fにそんなスペースがあったとは、気が付きませんでした。

美味しい野菜で身体をリセットしたい時なんかに、こういうお店はいいですね!
時間が取れたら、是非伺ってみたいです♪

投稿: さおぷー | 2008年9月18日 20:59

●さおぷーさん
あの一角だけ、空気が違いますよね。
派手さのない野花だけど、凛とした感じが結構好きです。
出される料理もそんなイメージです。
最近、ほんと外飲み続きで...汗

投稿: のむのむ | 2008年9月19日 12:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/42515034

この記事へのトラックバック一覧です: 茶房 野の花  野山のごはんBセット (銀座):

« 揖保乃糸 庵 秋刀魚の照焼と酢立ちの温そうめん (銀座) | トップページ | 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り (銀座) »