« 秋元屋 (野方) | トップページ | 芝蘭 酸辣麺 (銀座) »

2008年10月13日

舟勝 (御宿)

遠いけれど、わざわざ行きたいお店、そのためにその街に行きたいという店がある。この舟勝もそう。南房総の御宿にあるここは、東京駅から特急を使って約1時間半。御宿の駅を降りて、小高い丘のほうへ向かって歩くこと暫く。民家の中に紛れるようにある居酒屋。

とりあえず魚が凄い。メニューは入荷しだいのおまかせ。最初に「食べられないものとかある?」とかいろいろ聞いてくれる。この日は、台風の影響で船が出てないから、あんまりものがねぇーんだよなぁ」といいつつ、「生姜とかニンニクは大丈夫?」とか、「イカの沖漬けとか食べたことある?」とか。そんなやり取りの中で、ご主人の頭の中では献立が作られていくようだ。

      Funakatsu1

とりあえずだとビールなのだけれど、既に一杯やっちゃってたので、初っ端から日本酒。カウンター横の冷蔵庫には一升瓶が20本くらい。「好きなの出していいよ」と気さくなのもこの店の魅力。一杯めに選んだのは上喜元のにごり。お通しは、山芋のすりおろしと砕いたのを寄せた山芋豆腐と、焼きナスを寄せたもの。焼けたナスの風味がたまらない。

      Funakatsu2

おかませながら、こちらでの定番といっていい『酢なめろう』。一般的によく知られているなめろうを、酢で〆たもので、こちらも郷土料理。酢の酸で表面が少し白くなってきたところが食べごろ。こちらの店では、青唐辛子を混ぜ込むのが特徴で、酸味にピリっとした辛味が加わって、酒の肴に最高。

      Funakatsu3

続いては刺身の盛り合わせ。かつお、アジ、イカ。戻りカツオも、脂ののったアジも旨かったが、この日の秀逸はイカの肝。これほどダレていない肝は見たことがない。酒に合うのは言うまでもなく。

Funakatsu4 『魚は切り方によっても味わいが違うんだよ』とご主人が手渡してくれたのが、アジの片身そのまま。『このまま手で食べるのが一番うまいと思うんだよね』と教えられたように、醤油をつけて、そのままガブリ。もっちもっちと歯を跳ね返すような弾力の後、旨みの塊がやってくる。


         
      

      Funakatsu5

箸休め的な野菜の煮物。柚子の皮が仕込まれていたりして、単なる家庭料理ではない。この辺りで熱燗に。

      Funakatsu6_2

続いては、サザエの壺焼、なめろうハンバーグ、先ほどの刺身のイカの下足を炙ったもの。アジはいろんな食べ方があるんだよとご主人。酢なめろう、なめろう、さんが焼き、刺身、塩焼き、フライ・・・。確かにそうだねぇ。そして、どう料理してもうまい。サザエは食べやすいように、身を予め切って提供してくれる。

      Funakatsu7

イカの沖漬け。ホタルイカの沖漬けは食べたことがあったけど、このサイズは初めて。溶けてきたところが美味。

      Funakatsu10

最後にまご茶。この日は、かつおをニンニクと生姜、醤油に漬けたものにアツアツの出汁をかけて。これ以上お腹には入らないくらい一杯だったけれど、スルスルっと収まってしまった。

他にも常連さんが持ってきてくれた魚を頂いたり、栗羊羹を頂いたり。お酒6合で二人で1万円くらい。帰りは電車の時間ぴったりに駅まで送迎してくれるサービス付き。

値段だけみると安いものではないけれど、交通費をかけてでも、ここで食べて飲むと絶対的な満足感があるし、すごぶる心地がいい。安くおいしくお客さんに食べてもらいたいということで、自らも漁に出るご主人。海の男らしく豪快な人柄と、自称「めんどくさがり」といいながら、細部に気を配った料理は、わざわざ行って本当によかったと思うのだ。今度はいつ行こうか。実は、次の訪問予定も確定済み。

【お店情報】
舟勝 千葉県夷隅郡御宿町六軒町157-31
tel: 0470-68-5966 地図

|

« 秋元屋 (野方) | トップページ | 芝蘭 酸辣麺 (銀座) »

コメント

むむぅー、、、おいしそうなお料理の数々。
本当にうらやましい限りです。
のむのむさんは、こういったお店を一体どんな風に探し当てていらっしゃるのでしょうか。

このお店のご主人がお客さんと対話しつつ、
細やかに作業をしていらっしゃる様子が浮かぶようでした。

投稿: Sandy | 2008年10月13日 16:42

むぅ、酢のなめろうは未体験。
ここまで行くと泊まってさらに飲み食べの誘惑が出ますね。
ちょっと行って見たいかも

投稿: たかはし | 2008年10月13日 17:21

●Sandyさま
詳しい人や食の好みのあう人に教えて頂いたり、
本やインターネットを参考にしたり、
特に特別なことはしていません。
ただ、歩くのが好きで、旅先でもよく歩きます。
そんな風にして自分の好きそうな店に出会えると、
うれしさ倍増です。

こちらのご主人、とても大らかでにこやかな方で、
料理も大枠としてはそのイメージなのですが、
細かい気配りがあって「おっ」と唸るところがあります。
近くにあればなぁとも思いますが、
あの地にあってこそのこの料理なのだと思っています。

投稿: のむのむ | 2008年10月14日 18:31

●たかはしさん
なにしろ民家の中にあるので、
この夜はここだけ!ってな感じです。
どちらかというと、午前中~午後にかけて、他の予定を組んで、
夜はここで食べて、日帰りってのがいいかも。
私の場合は、ゴルフですが(笑)

投稿: のむのむ | 2008年10月14日 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/42771558

この記事へのトラックバック一覧です: 舟勝 (御宿):

« 秋元屋 (野方) | トップページ | 芝蘭 酸辣麺 (銀座) »