« 雲楼 セロリと肉の細切り炒飯(西芹肉糸炒飯) (京橋) | トップページ | 牛スジの塩煮込み  »

2008年11月 1日

はし本 天丼 (荻窪)

Hashimoto_2 お気に入りの店が荻窪に引っ越し、ランチを始めたと知って伺う途中、天ぷらを揚げるとてもいい香り。その香りの元に目をやると、これまたとても感じのいい外観。予定を変更して、吸い込まれるように入店。

荻窪の駅の南側。住んでいたことがあるため、この辺りはよく歩いたはずだが、全く気付いていなかった。年季は感じられるが清潔感のある店内。地元の方と思われる初老のご夫婦や男性が前客としていらっしゃる。昼は、天丼(1,000円)と、天ぷら定食(1,800円)や、やさいの小天丼(630円)など。

天ぷらは衣が非常に薄く、油も軽い。素材も想像以上に良く、しっかりと吟味されている様子。醤油辛い丼汁が得手ではないので、その黒さにビクッとしたのだが、危惧に終わる。量の塩梅が良いのかキレ良く美味しく頂いた。シジミの赤だしも、非常に旨い。この内容でこの値段は良心的。

遠くから足を運ぶ店というよりも、近くにあって嬉しい、誰かに自慢したくなる店。一人客が去ると、また一人やってくる。派手さはないが、実直で真っ当。地元の方に愛され、それに応えて、長く信頼関係を築いているのだろう。もっと早くに知りたかったなぁ。荻窪の『はしもと』といえば、フレンチの『ハシモト』を思い浮かべていたが、今日からは、こちらも思い出してしまうな。

【お店情報】
はし本 杉並区荻窪5-25-5 ロイヤルメゾン荻窪103  地図

|

« 雲楼 セロリと肉の細切り炒飯(西芹肉糸炒飯) (京橋) | トップページ | 牛スジの塩煮込み  »

コメント

最近天丼食べてないなぁ
実は丼モノで一番好きなのですが・・・

都内に行くと、てんやに絶対行きますw

天丼って赤だしがデフォなんでしょうかね?
赤だし苦手なので・・・

投稿: ほっぴーほるもん | 2008年11月 3日 20:30

●ほっぴーほるもんさん
私もえら~く久しぶりでした。
あまりのいい香りに誘われてです。

あー、思い返してみると、
赤だしのところ、多いですね。
家が赤だしだったんで大丈夫ですが、
家を出てずいぶん長くなってくると、
昔の味噌汁が飲めなくなりました ^^;

投稿: のむのむ | 2008年11月 4日 12:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/42972984

この記事へのトラックバック一覧です: はし本 天丼 (荻窪):

« 雲楼 セロリと肉の細切り炒飯(西芹肉糸炒飯) (京橋) | トップページ | 牛スジの塩煮込み  »