« 夢吟坊 ごまねぎうどん (東銀座) | トップページ | ヤマガタ・サンダンデロ その1 (銀座) »

2009年9月18日

銀座 吉宗 茶碗蒸し定食 (銀座)

Yossou タマゴスキーである自分は、茶碗蒸しも大好物。鍋一杯の茶碗蒸しが食べたいと思うこともあるが、外で食べられる茶碗蒸しは可愛らしいサイズのものがほとんど。自分のランチエリアでは、酒の穴が大きい茶碗蒸しを出してくれるところだが、今日は足を伸ばして、銀座8丁目の吉宗(よっそう)。長崎料理のだが、茶碗蒸しが名物料理の一つ。ランチメニューにも、ちゃんぽんや皿うどんなどと茶碗蒸しをセットにしたメニューがあり、今日はその名も茶碗蒸し定食(1,200円)を頂く。

小ぶりの丼といったような器の蓋を取ると、ふるっふるの茶碗蒸し。巻かまぼこ、穴子、地鶏、麩など9種類の具と出汁の旨みをたっぷり含んだ茶碗蒸し。滑らかで口に心地いいが、気をつけないとアツいままをつるりと飲み込んでしまいそうになる。食べても食べても、まだある幸せ。茶碗蒸しのほかには、こちらも名物料理の一つの角煮と日替わりの秋刀魚の蒲焼。こちらはご飯が進むおかず。

美味しいこともさることながら、安定感のある接客など、大変心地いい。込み合っていたため相席となったが、会計の折には、「ご相席、ありがとうございました」と丁寧な礼を受けた。茶碗蒸しも美味しかったが、こちらも強く印象に残る。これが店の賑わいの秘訣なんだろうなぁ。

【お店情報】
銀座 吉宗 銀座8-9-16 長崎センタービルB1 地図

|

« 夢吟坊 ごまねぎうどん (東銀座) | トップページ | ヤマガタ・サンダンデロ その1 (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/46243525

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座 吉宗 茶碗蒸し定食 (銀座):

« 夢吟坊 ごまねぎうどん (東銀座) | トップページ | ヤマガタ・サンダンデロ その1 (銀座) »