« Bistroぺるしぃ (東銀座) | トップページ | 菊川 ビーフシチュー (銀座) »

2009年12月 7日

小鼓 小鼓弁当 (銀座)

      Kotsuzumi

昭和通り沿いのもうすぐ京橋というところに佇む「酒肆 小鼓」。大きい通り沿いにあるが、通りすぎてしまいそうにひっそりとある。もう随分と前に一度伺ってから、とんとご無沙汰してしまっているが、昼にも関わらず、焼き置き、揚げ置きをしない姿に実直な印象を受けた記憶がある。

久しぶりに訪ねると、ランチメニューの看板が出来ている。昼のメニューは、店名をつけた小鼓弁当(1,050円)、うなぎの柳川定食(1,050円)、さばの焼魚定食(850円)の3種類。今日は小鼓定食を注文。

調理はお一人でされているが、焼物に注意しながら、弁当用に丁寧に盛り付け。先に書いたように、焼き置きなどではないため、多少の時間はかかるが、手仕事を眺めていると時間を忘れる。

どうぞとカウンター越しに手渡された弁当には、まぐろの漬け、鯖の味噌煮、アジフライにご飯。これに味噌汁と香の物が付く。アジフライはもちろん揚げたてだが、味噌汁の具の油揚げが炙ってあったり、漬けには菊の花びらがあしらってあったり、昼時というのに頭が下がる想い。

カウンターの奥の端には、「ここに美酒あり 名づけて小鼓という」との書が掛けられているが、こちらは丹波の酒蔵「西山酒造場」の直営店。店名でもある「小鼓」は、高浜虚子が命名したこちらの酒の名前だそうだ。小鼓の由来については、西山酒造場のホームページに詳しい。

カウンターが8席ほどと小上がりがあるだけの小さな店だが、よく繁盛している。これも、料理に対する心意気と「お気をつけていってらっしゃい」と見送ってくれるお母さんの気持ちの賜物なんだろうな。

【お店情報】
酒肆 小鼓 銀座1-20-17  ぐるなび

|

« Bistroぺるしぃ (東銀座) | トップページ | 菊川 ビーフシチュー (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/46958747

この記事へのトラックバック一覧です: 小鼓 小鼓弁当 (銀座):

« Bistroぺるしぃ (東銀座) | トップページ | 菊川 ビーフシチュー (銀座) »