« Bistroぺるしぃ (東銀座) | トップページ | アニエスカフェ カフェランチ (銀座) »

2010年2月15日

鳳鳴春 激辛酸辣湯麺 (銀座)

Houmeishun
「酸っぱくて辛いもの」が食べたくて、食べたくて。こういうときはスーラーだと心に決め、この頃廉価なランチも出しているらしい趙楊へ行こうと思ったが、あまりの寒さに鳳鳴春。ここのスープは好みのタイプ。新規開拓しようと思っていたが、安心できるところに戻ってきたといったところ。普通の酸辣湯麺もあるが、ここではいつも激辛酸辣湯麺。ランチタイムは小ライスがついて1,050円。

運ばれてきた器の見ための穏やかさにあれ?と思ったが、レンゲを入れてみると湧き出る赤い辛さの素。厚みのあるとろみに、酢と胡椒を少しだけ足すと、熱さと辛味と酸味の幸せのトライアングル。フーフーハフハフしながら食べると、冷え切った指の先まで温まる。いつもはもったりした感じが否めない麺だが、今日はいい感じでうれしい。あまりに寒そうだったのか、水でなく温かいお茶を出してくれたり、心身ともに温まる接客にも感謝。

改めてメニューを見てみたら、鶏煮込みそばがあることに気づく。今度食べてみるかな?

【お店情報】
鳳鳴春 銀座本店 銀座5-1-8MSビル1~3F 地図

|

« Bistroぺるしぃ (東銀座) | トップページ | アニエスカフェ カフェランチ (銀座) »

コメント

うおっ
タイトルだけでビビッてしまいましたw
わたしゃ絶対に鶏煮込みそばにします~

ところで下世話な話で悪いんですが
ぺるちゃんですけど
あの内容でおいくらくらいなんですか?

投稿: ぶひ | 2010年2月15日 22:44

●ぶひさん
>タイトルだけでビビッてしまいましたw
漢字ばかりで強そうだからってわけではないですよねw

ぺるしぃですね、最近明細を確認してないので、アレですが、
二人でワイン1本で、合計12,000円でした。
たぶん、料理だけだと、4,000円で少しおつりがくると思います。

投稿: のむのむ | 2010年2月16日 04:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/47574542

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳鳴春 激辛酸辣湯麺 (銀座):

« Bistroぺるしぃ (東銀座) | トップページ | アニエスカフェ カフェランチ (銀座) »