« Bistroぺるしぃ ランチコース (東銀座) | トップページ | まる伊寿司 づけあなちらし (銀座) »

2010年3月22日

南部せんべいでイタリアン@Cucina Italiana La Fenice  (日本橋)

Senbei5「まるごと青森」さんから、「南部せんべいでイタリアン」となんとも奇妙で面白そうなお誘いを頂戴しての試食会。以前、八戸へ行ったときに、せんべいを使ったピザを頂いたことはあったが、他に何ができるんだろう?と興味津々で出かけたところ、出るは出るはの見事なせんべいイタリアン。

いわゆる南部せんべいの他、パンやナンのような「てんぽせんべい」、薄くてクリスピーな三戸タイプのせんべいという、せんべいのラインアップにも驚いたが、部位によって、調理法によって、変幻自在に様子を変える南部せんべいの懐の深さを見せつけられた一夜。自分でも真似できそうなところが、また楽しいんだ。

Senbei1青森産ホットアップルサイダー
1月に表参道で催されたイベント「とことん青森」でも出された「ホットアップルサイダー」。今日のはちょっとお洒落に、生クリームのホイップをかぶったスタイル。温めて一層甘みの増したりんごに、空気を抱き込んでほんわりとしたホイップの優しい感触が、気持ちをも温かくさせてくれる。

Senbei2自家製てんぽせんべい
パンやナンのようなもっちりとした食感が魅力のてんぽせんべい。この日は、シェフがせんべい焼き器で一枚一枚焼いてくれたそう。中には、黒胡麻、ドライイチヂク、松の実入り。軽めのパンのようであり、お茶うけのようであり、ちょっとしたつまみのようであり、食卓にのっていると、ついつい手が伸びてしまいそう。

Senbei3イタリア前菜の盛り合わせ
アピオスなどの青森野菜のバーニャカウダソース、帆立貝のサラダなど、青森産の食材を豊富に使った盛り合わせ。個人的なツボは、シャモロックの自家製スモーク。しっかりとした肉質と噛むと香る薫香に飲み心誘われる。

Senbei4南部せんべいのブルスケッタ3種
ウエハースのようなサクっとかる~い食感の三戸タイプのせんべいの上に、シャモロックのレバーペースト、八戸前銀鯖の青森ニンニクソテー、同じ鯖のタルタルをのせたもの。鯖缶のせんべいのっけ」を思い出す鯖の2種類のブルスケッタ。肥えた銀鯖の脂が、ソテーはダイレクトに、ルイベ状のタルタルはゆっくりと楽しめる。レバーペーストは、レバーのこっくりとしたコクは存分にあるものの、どこか透明感のあり、サクサクと軽いタッチのせんべいと好相性。

Senbei6南部せんべいのピッツァ3種
マルゲリータ、青森りんごとゴルゴンゾーラ、あるなろ卵のビスマルクの3品。ピッツァとして定番のマルゲリータで、改めてその馴染み具合に嬉しくなる。サイズもいいし、家飲みでも重宝。りんごとゴルゴンゾーラの組み合わせには、嵌りそう。

Senbei8南部せんべいのみみとシャモロック、青森野菜のミネスロトーネ
野菜の甘さ、シャモロックの旨みがじんわりとした、美味しいミネストローネ。これに、もっちもっちとしたてんぽせんべいのみみの噛み心地が楽しさを加えて。実は、噛む作業を加えることで、ミネストローネの旨みを存分に引き出すんじゃないかという気がする。カリカリしたみみも旨いけど、これは新たな魅力。

Senbei9南部せんべいのラザニア
写真の「ボロネーゼソース」と「八戸産ヤリイカと陸奥湾帆立貝」の2種類。
まぁ、そのアルデンテな食感のすばらしいこと。ひき肉や魚介、ソースを上手く抱き込んで、幸せな一品。

Senbei11南部せんべいを纏った奥入瀬ガーリックポークのコトレッタ
コトレッタとかカツレツのこと。細かく砕いたせんべいの衣が芳しく繊細で、カツレツよりも、コトレット的なイメージ。この皿でなんといっても驚いたのが、南部せんべいを使ったピュレ(写真右奥)とソース(写真左手前)。粒々としたせんべいらしさを残したピュレと、ガーリックの風味の効いたなめらかなソース。これが想像を一番超えていたかも。

Senbei12南部せんべいで挟んだ自家製ジェラートの盛り合わせ
ジェラートは、目にも鮮やかなフランボワーズに、バニラ、有機レモンの3種類。

南部せんべいの可能性を存分に見せられた一夜。郷土料理というだけでなく、一家に一袋常備というのもアリなんじゃないかという気もしてくる。試食会では何度もお世話になっているが、その度に様々な驚きを見せてくれる、青森ご出身のシェフ、スタッフの皆様、まるごと青森の皆様、楽しい機会を下さってありがとうございました。

【お店情報】
Cucina Italiana La Fenice
 日本橋小舟町15-17 協栄ビル1F ぐるなび

|

« Bistroぺるしぃ ランチコース (東銀座) | トップページ | まる伊寿司 づけあなちらし (銀座) »

コメント

むう
その昔 ミスター味っ子と言うマンガに
南部せんべいを味噌汁の具にするというのがありましたが
当時はゲゲっと思ってましたが
こうしてみると案外時代を先取りしていたのかもw

ペルちゃんは味と雰囲気はのむのむさんお墨付きですけど
お財布にも優しいんですねー

投稿: ぶひ | 2010年3月22日 20:44

先日はご一緒させていただきありがとうございました!
本当にびっくり美味しい企画で楽しめましたよね☆
また近いうちにご一緒しましょー!!!

投稿: あな | 2010年3月23日 10:27

先日はありがとうございました。
ミネストローネ、ラザニア、コトレッタと想像を絶する度数がエスカレートしていくのが、面白かったですね。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: Kuu@まるごと青森 | 2010年3月23日 12:34

●ぶひさん
不思議なことに、何かの代替え品というよりも、
それとして成り立ってしまう不思議さがあります。
とりあえず、鯖缶のっけとか手軽でおすすめですよー。

ぺるしぃは、夜も普通にお酒を楽しむ方なら、
いつも頂くコースだと、6,000円くらいじゃないでしょうか。
ほんとは、懐にも優しいんですよ~。

投稿: のむのむ | 2010年3月23日 21:18

●あなちゃん
久しぶりにあなちゃんに会えてうれしかったです。
それにしても、楽しい企画でしたよね。
とりあえず、身近なところから洗脳しようかと(笑)
落ち着いたら、ご飯食べに行こうね。

投稿: のむのむ | 2010年3月24日 07:30

●Kuu@まるごと青森さん
こちらこそ、ありがとうございました。
これまでで一番突飛な?企画でしたが、
その分の驚きと感動はすごかったです。
今後とも、よろしくお願い致します。

投稿: のむのむ | 2010年3月24日 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/47867550

この記事へのトラックバック一覧です: 南部せんべいでイタリアン@Cucina Italiana La Fenice  (日本橋):

« Bistroぺるしぃ ランチコース (東銀座) | トップページ | まる伊寿司 づけあなちらし (銀座) »