« Di PUNTO(ディプント)  (神田) | トップページ | ビストロ ヴィヴィエンヌ 真鯛のポワレ (東銀座) »

2010年3月 8日

楸 (ひさぎ) 真牡蛎フライのせカレー (銀座)

Hisagi天邪鬼でせっかちな性質ゆえ、「行列ができる」「話題の」という枕詞が似合う店には、ついつい及び腰になる。そのまま忘れてしまうことも多いのだが、覚えていて、そして落ち着いた頃に行ってみて、もっと早くに来ておけばと後悔することもある。今日は、間違いなく後者。知ってから今日までの数年間が歯がゆい。

久しぶりに松坂屋の裏辺り。宿題にしている店の日替わりを眺めたりしながら、ぶらぶらと彷徨っていると、楸のメニューボードが目に入る。店へ続く細い階段を上がってみたことはあるものの、続く行列を前に、何度か退散をしてきたところ。ダメなら引き下がればいいかという欲のない姿勢がよかったのか、今日は先客一人。すんなりと入ることができた。

楸は、銀座と麻布に店を構える牡蛎料理店。ランチでは、牡蛎やステーキを使ったカレーを出す。レストランというより、バーといったほうがしっくりくる造りで、このキャパなら行列が出来るのも理解出来る。

頂いたのは、真牡蛎フライのせカレー(1,090円)。美しい小判型に整えられたカキフライが2つと、照明に照らされて艶っぽく光る深い色合いのカレーの魅惑的なこと。口にすると、サラサラとしたソースの印象を裏切る欧風系のカレーのコクと膨らみ、そしてすっきりキレのいい引き際。カレーのソースとしてはもちろん、軽いサクサクの衣のカキフライにかかるソースとしても、個人的にはアリ。また、その大きさのため、食べる場所によって風味の異なるカキフライは流石。

他には、牡蛎と牛ロースのステーキがのったカレー(1,100円)や豚角煮カレー(950円)など。全品サラダとヨーグルト付き。過ぎた時間は戻らないから、その分これから埋め合わせしたい。

【お店情報】
楸(ひさぎ) 銀座店 銀座6-12-16 片桐ビルⅡ 2F 地図

|

« Di PUNTO(ディプント)  (神田) | トップページ | ビストロ ヴィヴィエンヌ 真鯛のポワレ (東銀座) »

コメント

結局まだ牡蠣の頃には行ってないよなー、と思っていたところです。
麻布にも行ってないしなー、と(笑)。

投稿: まさぴ。 | 2010年3月 9日 08:55

●まさぴ。さん
やっぱり、餅は餅やだなぁと思った次第。
麻布にほうにも行ってみたいです。

投稿: のむのむ | 2010年3月10日 07:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/47756453

この記事へのトラックバック一覧です: 楸 (ひさぎ) 真牡蛎フライのせカレー (銀座):

« Di PUNTO(ディプント)  (神田) | トップページ | ビストロ ヴィヴィエンヌ 真鯛のポワレ (東銀座) »