« ふぐ いとう いわし刺身・フライ定食 (東銀座) | トップページ | サイゴン フォー・ガー Aセット (有楽町) »

2010年9月 2日

星福 生煎包と酢辛麺のセット (銀座)

Xingfu
刺激のあるものを欲して星福。前回、月曜日は出来ないのですと振られた「生煎包と酢辛麺のセット」(1,200円)。

Xingfu2
ポットで出されるお茶を頂きながら待っていると、まずはハーフの酸辛麺が運ばれてくる。ハーフといえど物足りない量ではない。辛さよりも黒酢の印象が強い味わい。だが、それは食べ進むほどに混ざり合い、丸くバランスが取れていく。季節によってか入っている具材のバランスが微妙に変わるのが、自分には好ましい。

Xingfu3_3
生煎包は、スープ入り肉饅頭を蒸し焼きにしたもの。注文が入ってから蒸して焼くのだろう。麺を食べ終えてしばらくしてからの登場。白くぷっくりした饅頭をひっくり返すと、食欲を誘う綺麗な焼き色がついている。

誘われるままに齧り付くと、まずはふかふかした皮の細やかさ、二口めには、スープがジュワ~と広がる。追って出てくる肉餡は品良く、全体に洗練された味わい。一人前4つだが、皮の重量もある饅頭で、量の自信のない人はグループでシェアしたほうが楽しめそうだ。食後には杏仁豆腐もついて十分な内容。ちなみに、生煎包のセットは、酢辛麺のほか、「牛肉春雨スープとライス」も選択可。こちらも気になるところ。

マイナーチェンジが続く星福のランチ。麻婆豆腐丼が700円から用意されているが、注文は麺類の単品や、酸辛麺と小籠包や生煎包、薬膳スープ付きの定食が多い。以前から変わらないゆったりとした雰囲気も、気に入っている。

【お店情報】
星福 銀座一丁目店 銀座1-6-2 山口興産AビルB1 ぐるなび

|

« ふぐ いとう いわし刺身・フライ定食 (東銀座) | トップページ | サイゴン フォー・ガー Aセット (有楽町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/49323612

この記事へのトラックバック一覧です: 星福 生煎包と酢辛麺のセット (銀座):

« ふぐ いとう いわし刺身・フライ定食 (東銀座) | トップページ | サイゴン フォー・ガー Aセット (有楽町) »