« 築地ボンマルシェ (築地) | トップページ | 豊後の味 竹の子 だんご汁定食 (銀座) »

2010年10月17日

ピエモンテ (荻窪)

201010174_3
誰しもに忘れられない料理というのがあると思うが、以前この店で頂いた、髭の一本、甲羅の裏の薄い皮までも思い描けるような『オマール海老のスープ』や、翌日でも自分からいい香りがする『ポルチーニ茸と牛肉のピエモンテ風』は、私にとっての、一生忘れられない料理の一つだ。

当時料理を作って下さった革島宏男シェフは、戦後間もない頃、外国船のコック見習いとして乗船。以来、各所の料理長を歴任し、まだ日本に本格的なイタリア料理店がないに等しかった頃、このピエモンテを開店。奥様と二人三脚で店に立ち、料理を振舞ってきた。当時、既に結構な御年だったが、背筋の伸びた凛とした姿が、大変印象的だった。

ところが、暫く店が閉まっていることが続き心配していたところ、再開のニュースを聞いたのは今年初め。今、この店の厨房に立つのは、イタリア・銀座で腕を揮っていた御子息の宏一シェフだ。

店を訪ねると、コックコートを着た先代の姿も。カウンター10席弱、テーブル1卓のこじんまりとした店。完全予約制で、料理は10,000円のお任せのみ。さすれば、ワインを選んで、後は身を委ねるだけだ。

201010171
野菜の風味を鮮やかに描き出したマリネ、マデラ酒で煮たレバー、ハムなど、それぞれの味わいが引き立つ前菜の盛り合わせ。

201010172_2
少し寒くなってきましたのでと出されたのは、トリッパの煮込み。料理だけでなく、洒落た皿も楽しみの一つ。

201010173_2
エスカルゴ ピエモンテ風は、熱々のスープをパンに浸しても、エスカルゴをパンに乗せても美味。一人分陶器二つだが、もっと食べたいと思う。

201010175
舌に乗せ、噛むほどに旨みが現れる和牛。キノコをベースとした香り高いソースも良い。

201010176
コクと香りが豊かなイカスミのパスタ

   201010177_2 201010178_2

最後にデザートと、コーヒー、ビスコッティを頂いて。

食材に拘り、手間暇を惜しまない料理は、前菜を始めとして、しっかりと先代の料理が引き継がれている。着飾っただけのイタリアンとは一線を画する骨太の上質なイタリアン。家族と、気の置けない仲間と、穏やかに語らい、舌鼓を打つに相応しい。

【お店情報】
ピエモンテ 荻窪2-23-15
2012.7月に移転したそうです 新住所:荻窪5-30-12 グローリアビル B1 地図  

|

« 築地ボンマルシェ (築地) | トップページ | 豊後の味 竹の子 だんご汁定食 (銀座) »

コメント

たびたび書き込みすみません。ピエモンテの文字を見て、またまた書き込みに来てしまいました。私の住んでるところがピエモンテ州ということもあって、ここのお店の評判を聞くたびに、一度行ってみたいなと思っていたのです!日本のイタリアンのレベルってすごく高いですもんね。荻窪という場所もいいですね。それにしても牛肉のボリューム、すごい笑!

投稿: snbf | 2010年10月19日 03:45

●snbfさん
先日、築地ボンマルシェで「ピエモンテ」のことを
書かれてましたので、もしやと思いましたが、
ピエモンテ州にお住まいなんですね。
こちらは、日本のイタリアンの礎となった店といっても
過言ではないでしょう。
クラシックですが、いいものは色褪せませんね。
帰国された折には、ぜひ。

投稿: のむのむ | 2010年10月19日 07:16

ピエモンテ
素敵なレストランですね
お料理 オシャレで美味しそうです

投稿: ryuji_s1 | 2010年10月20日 10:32

●ryuji_s1さん
日本のイタリアンレストランの草分けのようなお店です。
シンプルでクラシックですが、筋の通った美味しい料理が頂けますよ。

投稿: のむのむ | 2010年10月21日 07:22

ああ、やっぱり老舗なんですね。これはやっぱりいかなくちゃ。ピエモンテはすっかり寒いです。手袋している私はちょっと大げさですが。

投稿: snbf | 2010年10月23日 04:42

●snbfさん
確か、お店を開いたのが1976年だとか。
ぜひ、お父様が御健在のうちに。

そちらは随分と寒いのですね。
こちらは、ようやく本格的に秋に入ったようです。

投稿: のむのむ | 2010年10月24日 16:52

いきなりのメールすみません。

荻窪のトラットリア ピエモンテのマネージャーをしています、下田と申します。

今年の7月に荻窪駅前に移転をいたしましたので報告をと思いメールいたしました。

新住所は
杉並区荻窪5-30-12グローリアビルB1Fでございます。

お忙しいとは思いますがブログ掲載の住所を訂正していただけると幸いです。

よろしくお願いします。

よろしければ新しい店舗にいらっしゃってください。

投稿: 下田 太一 | 2012年10月31日 10:41

●下田太一様
引っ越しされてたのですね。
ご連絡頂き、ありがとうございます。
記載住所を訂正させて頂きました。

貴店は、自分にとって、特別な時に伺う店という感覚でしたので
中々お伺いできず、失礼しております。
また、先代もお亡くなりになったと耳にしました。
駅前ですと、以前のお店より随分と便がよくなりましたね。
新しい店舗にも、ぜひお伺いさせて頂きます。

投稿: のむのむ | 2012年11月 1日 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/49767261

この記事へのトラックバック一覧です: ピエモンテ (荻窪):

« 築地ボンマルシェ (築地) | トップページ | 豊後の味 竹の子 だんご汁定食 (銀座) »