« 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り (銀座) | トップページ | PAUL オムレット・フロマージュ (丸の内・八重洲) »

2010年10月28日

桃園 チャンポン (有楽町)

20101028
昭和な雰囲気が残る東京交通会館の中でも、一際色濃く残る一店がこの桃園。創業は昭和25年、チャンポンと皿うどんの店。太い麺が特徴のここのチャンポンは、何故か時々思い出したように吸い寄せられてしまう。

チャンポンというよりも、タンメンのイメージに近いチャンポン。炒め野菜や、なぜかのから揚げほか、食べ進めると、下からチャーシューや団子、練り物のが現れ、なんとなく宝探しのような気分。鶏がらのベースにあさりの風味が効いたスープに、この太くもっさりした麺が、実は程好いバランスを保ってるような気がする今日此の頃。上等でも上品でもないが、長く勤め人の胃袋を支えてきた「らしさ」が好ましい。

【お店情報】
桃園 有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F 地図

|

« 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り (銀座) | トップページ | PAUL オムレット・フロマージュ (丸の内・八重洲) »

コメント

こんばんは

「実は程好いバランスを保ってるような気がする今日此の頃。上等でも上品でもないが、長く勤め人の胃袋を支えてきた「らしさ」が好ましい。」

秀逸な文章ですね、脱帽。

そうそう、この頃の男性テレビタレントが帽子を被って出てきます。
だいたいはお化け屋敷から逃げ出した無宿人態みたいに思えて…
やはり紳士は室内では脱帽と思う爺です。
あはっ、余計な事でご無礼致しました。

投稿: よろ~よれ爺 | 2010年10月28日 18:47

●よろ~よれ爺さん
何十年か前も、同じようにちゃんぽんを食べて
午後の仕事に向かっていたかと思うと、感ずるものがあります。

確かに室内、特に飲食店などでは、
帽子を被ったままの人が気になりますね。

投稿: のむのむ | 2010年10月29日 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/49868870

この記事へのトラックバック一覧です: 桃園 チャンポン (有楽町):

« 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り (銀座) | トップページ | PAUL オムレット・フロマージュ (丸の内・八重洲) »