« LE CURRY DE PAUL  ポールのカレー (銀座) | トップページ | まにわ (阿佐ヶ谷) »

2010年10月 1日

リストランテ フィオレンツァ 生クリームもベーコンも使わない、本当のスパゲッティ・カルボナーラ (京橋)

2010100101
久しぶりに温石へ伺ったところ、ただいま満席でございまして...と丁重に頭を下げられた。この近くでと思うも、行列ができる人気店の多い界隈。最近入れないと聞いていたため、すっかりご無沙汰しているフィオレンツァの扉を駄目もとで押し開けると、運よくカウンターに空席あり。

ランチは、1,050円、2,100円、2,500円の3通りあるが、自分は専ら1,050円のパスタとカフェのセット。パスタは5種類からの選択。今日はずっと気になっていたカルボナーラを。

玉子のコクに、豚脂と塩気、黒胡椒とシンプルな要素が織り成す多重層。重くなりがちなソースを引き上げる頃胡椒が好印象。食後のドリンクは、エスプレッソ・アメリカン・マッキャート・紅茶・カプチーノから。

時間が過ぎるほどに、断られる人、待つ人が増えていく。入れたのは偶々タイミングがよかったからのようだ。短い時間のランチには勿体無いような上質な空間。ぜひとも、時間を気にしなくてもいい折に訪ねてみたいものだ。別の日のランチは、過去記事1をご参考に。

【お店情報】
リストランテ フィオレンツァ 京橋3-3-11 京橋サウス1F 地図

【今日のひとりごと】
10月といえばの三州屋のカキフライ。今年は猛暑による牡蠣の育成不良のため、出足が遅れているとのこと。登場が待ち遠しいです。追記→土曜日(10/2)に訪ねたところ、来週からとのこと。いよいよです。

|

« LE CURRY DE PAUL  ポールのカレー (銀座) | トップページ | まにわ (阿佐ヶ谷) »

コメント

確かにイタリア一般家庭のカルボはそうらしいですね
玉子も白身と黄身
生クリームも入れず
塩胡椒した玉子をといたボールに
茹でたパスタ、別のフライパンでニンニクと玉ねぎを炒めて
この三者を一気に混ぜ合わすのが正当らしいです

投稿: ぶひ | 2010年10月 2日 21:36

●ぶひさん
元々は、本来も気になる一方で、
イタリアにも生クリームを入れるところがあるなど
色々うるさくいうよりも、美味しければいいじゃないと思ったり。
個人的には、昔は生クリームが入ったパスタが好きだったのですが、
年とともに胃に重く感じるようになりまして...(笑)

投稿: のむのむ | 2010年10月 3日 17:45

生クリームのないタイプ食べてみたいけど
やってるとこないんですよねぇ (´・ω・`)ショボーン

投稿: ほぴほる | 2010年10月 4日 22:18

●ほぴほるさん
都内だとずいぶん増えてきたようですけどねぇ..
うちの実家のほうも、まだっぽいな
ほぴほるさんなら、ご自分で作られたほうが、早いかも?

投稿: のむのむ | 2010年10月 5日 07:45

そう思ってるんですけど
1度どんな味か見てからじゃないと
私の感覚だととってもチーズまみれになりそうでw

投稿: ほぴほる | 2010年10月 5日 18:40

●ほぴほるさん
たしかに、シンプルな造りだけに
目標がないと大ブレするかもねぇ
でも、それも楽しいじゃない?w

投稿: のむのむ | 2010年10月 6日 07:43

フィオレンツァはお金を用意していって
ディナーのコースかな、と考えていたものの、
のむのむさんのこちらの記事を読ませて貰い、
ランチのお気楽利用もいいな、と思ったのです。

東京駅周辺や銀座辺りの千円台イタリアンですと
おすすめはありますか。
最近質問を受けたもので、
参考までに何軒か挙げて頂けると幸いです。

投稿: 岡崎宏一郎 | 2011年1月30日 03:12

●岡崎宏一郎様
フィオレンツァも人気のお店ですよね。
パスタのみだと予約ができませんので、
ピークタイムをはずした方がいいかもしれません。
私は、いつもカウンターでサクっとばかりですので、
夜やお昼のいいコースに興味があります。

ご質問につきましては、ここでは長くなりますので、
失礼ながらメールをお送りさせて頂きました。
よろしくご確認下さい。

投稿: のむのむ | 2011年1月30日 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/49613699

この記事へのトラックバック一覧です: リストランテ フィオレンツァ 生クリームもベーコンも使わない、本当のスパゲッティ・カルボナーラ (京橋):

« LE CURRY DE PAUL  ポールのカレー (銀座) | トップページ | まにわ (阿佐ヶ谷) »