« 辰の字 親子丼 (築地) | トップページ | 長寿庵 牡蠣南蛮 (銀座) »

2011年1月18日

竹の子 豊後膳 (銀座)

201101181
*2011年1月20日をもって閉店

4種類あるランチはどれも魅力的で、制覇したいと思っていたところ、コメント欄で閉店情報を頂き、確認を兼ねて慌てて訪ねることになった。「竹の子」は、九州は大分を堪能できる店。夜ならばとらふぐ、豊後牛、関さば、関あじ、冬になればあらが楽しめるが、ランチでも、「だんご汁」鯛のりゅうきゅうがメインの「鯛めし」、「豊後膳」、さつま揚げがつく「煮魚膳」と大分らしさが楽しめるラインナップ。小鉢類も豊富で1,000円という内容も、自分が惹かれた理由だ。

今日の「豊後膳」も、焼魚に鯛の刺身、さらに、大根の辛味餡かけと魚のフライがつくという充実の内容。毎度、ご飯が美味しいのも魅力だった。

店内には、20日(木)で閉店するとの貼紙。移転などではないのですか?と聞いてみたが、閉店で店はなくなってしまいますとのこと。昔あった日本橋店と銀座店と、記憶にあるのは、美味しく満足した記憶ばかり。店を出るとき、丁度後輩を初めてここに連れてきた方を見かけたが、「迷っちゃうでしょう?どれでも1,000円なのよ。」と少し得意気に話していたが、この言葉がここのランチを頂いた人の総意だと思う。郷土を懐かしむ人、近隣に勤める人の楽しみであったこの店がなくなってしまうのは、本当に寂しい。

【追記】
偶然にも、竹の子の関係者のご家族の方から、閉店に際してコメントを頂戴しました(こちら)。こちらこそ、美味しい料理をありがとうございました。お店の皆様の今後に、ご多幸がありますよう。

【お店情報】
豊後料理 竹の子 銀座5-5-15 B1 地図 

【今日のつぶやき】
アジアンランチ銀座店は、本日から週2日(火・木)の営業に変更。

|

« 辰の字 親子丼 (築地) | トップページ | 長寿庵 牡蠣南蛮 (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/50620008

この記事へのトラックバック一覧です: 竹の子 豊後膳 (銀座):

« 辰の字 親子丼 (築地) | トップページ | 長寿庵 牡蠣南蛮 (銀座) »