« 竹の子 豊後膳 (銀座) | トップページ | バニュルス グラシアスランチ (銀座) »

2011年1月19日

長寿庵 牡蠣南蛮 (銀座)

20110119
銀座は、「発祥の店」といわれる店が多くある街だが、この長寿庵もその一つだ*1。ここは「元祖 鴨せいろ」の看板を上げる店。創業は昭和10年。昭和38年の春頃、現社長がまかないでざる蕎麦を食べていたところ、誤ってつゆをこぼしてしまったが、一緒に食べていた長女の「鴨南蛮」の汁が残っていたため、これにつけて食べたら旨かったというのがきっかけだそうだ。そばの若葉から精製したハイルチンを練りこんだ緑がかった、盛りの良い蕎麦も特徴的で、今も変わらぬ人気メニューだ。

その鴨せいろや、カレー味を欲する気持ちがぐるぐる回って、結局は季節ものだからと「牡蠣南蛮」(1,100円)を。やや小振りながらもぷりぷりと弾力のある牡蠣は、そばつゆにも良くあう安心の味わい。遠慮がちに乗った海苔の天麩羅付き。細めの喉越しの良い蕎麦で、小気味良く食べ進むと体も自然と温まる。

近隣にお勤めのサラリーマンはもちろん、OLさんや高齢のご夫婦と客層は意外に幅広く、昼時は、席に近い状態が続く。特別でないが、気さくで良い日常感に惹かれる人は少なくない。

【お店情報】
銀座 長寿庵 銀座1-21-15 地図

*1:発祥の~にはよくある話だが、鴨せいろの発祥を名乗る店は、湘南台にもあるらしい。

|

« 竹の子 豊後膳 (銀座) | トップページ | バニュルス グラシアスランチ (銀座) »

コメント

のむのむさま
遅れ馳せながら、明けましておめでとうございます。
さて、長寿庵さんとは全く無関係ですが、
平松洋子さんというエッセイストの方が、食にまつわる素敵なエッセイを出されました。
『サンドウィッチは銀座で』というタイトル。
表題は、収められた短篇の一タイトルです。
既にご存じかもしれませんが、
もしまだでしたら是非。

それでは、本年もよろしくお願いいたします。

投稿: dolphinkick | 2011年1月19日 18:42

●dolphinkickさん
明けましておめでとうございます。
こちらこそ、本年もよろしくお願い致します。

さて、平松洋子さんですか?
食べ物や調理道具や食器などのエッセイ、素敵ですよね。
『サンドウィッチは銀座で』では知りませんでしたので、
昨日、本屋へ行く用事があったので買ってきました。
これから楽しみに読みたいと思います。

投稿: のむのむ | 2011年1月20日 07:35

のむのむさん。。。

アレ?今年初めてでしたでしょうか。ご挨拶が遅くなり失礼を致しました~。今年もお体に気をつけてよろしくお願い致します!

長寿庵でいらしたんですね。。。私は月曜日に同じ牡蠣南の大盛を食しました。。。で、昨日は泰明庵のせりカレーそば(根無し)でした!

次回の長寿庵ではカレー丼を是非!(笑

投稿: Jun | 2011年1月20日 10:54

●Junさん
いえいえ、今年もよろしくお願いいたしまーす!

さて、年末から行こう行こうと思って、
ようやく行って参りました。
鴨せいろにしょうか、カレー南蛮か
それとも、カレー丼か!すごく悩みました(笑)
また、食べに行きますよ~

投稿: のむのむ | 2011年1月21日 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/50628326

この記事へのトラックバック一覧です: 長寿庵 牡蠣南蛮 (銀座):

« 竹の子 豊後膳 (銀座) | トップページ | バニュルス グラシアスランチ (銀座) »