« 韓国家庭料理 まだん スンドゥブチゲ (銀座/日比谷) | トップページ | 舟勝 (御宿) »

2011年1月28日

ニューキャッスル 辛来飯・大森 (銀座)

20110128
銀座には、カレーを出す店も多いし、旨い店も多い。それらのほどんどは、インド系であったり、洋食系であったりとカテゴライズできるものだが、ここのカレーは、何処のとも違う。「辛来飯」と呼ぶこのカレーは、家庭的な、誰しもが通ってきたような懐かしさ漂うカレーだが、真似はできないと容易に思う。

どろっとしたルーは、野菜と果物の凝縮された甘さの後に、ノスタルジックな見た目とは裏腹なスパイシーさ。そして、あの独特の深みとコクは、それらを支える豚骨スープのおかげだろう。半熟の玉子を崩して食べると、まろやかさが増し、思わずニンマリする味わいだ。

食物メニューは「辛来飯」のみ。カレーだけでなく、店自体にも、品川、大井(多い)、大森(大盛り)、蒲田(その先)というメニュー名を始め、そこかしこに洒落と時を重ねてきた独特の味わいがある。大森(630円)とはいっても、飽食の昨今では、普通よりもやや軽いくらいだ。

スタイリッシュなビルが立ち並ぶ界隈に、紛れるように佇む古びた建物。半分しか開かない扉、「くせにしちゃってゴメン」の看板、猫のポンちゃんも、これからもここに長くあってほしいと願う。

【お店情報】
ニューキャッスル 銀座2-3-1  地図

|

« 韓国家庭料理 まだん スンドゥブチゲ (銀座/日比谷) | トップページ | 舟勝 (御宿) »

コメント

ここは大森でも他店の普通くらいですよね

おお にゃんこはぽんちゃんと言うのかー
あの子は店内には入れないようにしてるんでしょうか

投稿: ぶひ | 2011年1月28日 20:57

●ぶひさん
それほど食が太くない人でも、蒲田は行けそうですよね

そういえば、ポンちゃんはいつも外にいますねぇ
店前に限らず、周辺をうろうろしている時も
会うとついつい声をかけてしまいます(笑)


投稿: のむのむ | 2011年1月30日 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/50709280

この記事へのトラックバック一覧です: ニューキャッスル 辛来飯・大森 (銀座):

« 韓国家庭料理 まだん スンドゥブチゲ (銀座/日比谷) | トップページ | 舟勝 (御宿) »