« VIA NUOVA RONDO スパテゲィランチ (銀座) | トップページ | にしみや商店 おでんとおにぎり (新富町) »

2011年2月15日

雪園 湖南牡蠣麺 (京橋)

201102151
牡蠣の季節が始まったと思ったのはつい先頃のことだと思っていたが、もう2月の中旬。早い店であれば、3月に入ると牡蠣が品書きから姿を消す。雪園も「牡蠣」が品書きから消えるのが早い店だ。毎年3月の2週目頃には姿を消すが、今年はまだ伺っておらず。うかうかしていると逃してしまうと、慌てて訪ねた。

季節の牡蠣メニューは、湖南牡蠣麺と石焼牡蠣飯(いずれも1,300円)。湖南料理は、唐辛子を多用した辛い料理らしいが、いずれもピリリとした辛さで、辛さよりも熱でぽかぽかと温まる料理だ。

大きな器にたっぷりの餡と、その下にはたっぷりと細麺が隠れたボリュームのある料理。色とりどりの野菜の餡には、ぽってりと太った牡蠣がごろごろと入る。とろみのある餡で熱せられた牡蠣は、トュルンと滑らかな口当りの後から、噛むとぷるんとエキスが迸る。デザートにはタピオカ。火照った口と体には冷たさと甘さが程好い。

今日は牡蠣を食べねばと思ってきたが、京橋店限定の「豪華海鮮焼きそば」(1,300円)が文字通りの豪華な具でそそられた(興味のある方はこちら)。日常のランチとしては少々高いが、その内容には納得。この価格帯でも満席になるのは、その証拠だろう。

【お店情報】
雪園 京橋店 京橋3-6-3 ぐるなび

|

« VIA NUOVA RONDO スパテゲィランチ (銀座) | トップページ | にしみや商店 おでんとおにぎり (新富町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/50878356

この記事へのトラックバック一覧です: 雪園 湖南牡蠣麺 (京橋):

« VIA NUOVA RONDO スパテゲィランチ (銀座) | トップページ | にしみや商店 おでんとおにぎり (新富町) »