« チョウベトナム フエ風ピリ辛ビーフン (銀座) | トップページ | 菊亭 牡蠣の天ぷら定食 (丸の内) »

2011年3月30日

いしだや あったか春菜御飯 (東銀座)

201103301
鰻の「登三松」が入るビルの地下1階、以前はdainojiのあった場所に真新しい行燈と外壁。「いしだや」は今月23日にオープンした日本料理店。屋号はご主人の苗字だそうだ。

地下へと伸びる階段を下りて扉を開けると、こちらも真新しいカウンターの清々しさが目を惹く。靴を脱いであがった先には、カウンター8席と、奥には座敷が1卓。小さいが、空間の造りのせいか、窮屈というよりも、むしろゆったりとした印象。

ランチメニューは、あったか春菜御飯(1,000円)、本日の煮付け(1,000円)、旬魚のお造盛合わせ(1,200円)の3通り。

春菜御飯の正体は、蒸し御飯。曲げわっぱごと蒸された御飯の上には、錦糸卵、穴子、海老、肉厚の椎茸、さやえんどう等が乗る。印象的なのは、口に運んだときの香り。混ぜられた葉山椒がふわりと心地よく香る。切干大根と味噌汁に漬物付き。

201103302

膳を下げて運ばれてくるデザートにはパンナコッタ。

この店のオープンを知らせてくれた方によれば、吉兆に始まり、赤坂、巣鴨で腕を磨いて独立したそうだ。世の中落ち着かない時期のオープン、落ち着かないところも見受けられるが、真摯で一所懸命でとても好感が持てる。これからに期待したい新店。

【お店情報】
いしだや 銀座3-13-2 登栄銀座ビル 地下1F 地図

|

« チョウベトナム フエ風ピリ辛ビーフン (銀座) | トップページ | 菊亭 牡蠣の天ぷら定食 (丸の内) »

コメント

早速お越しいただきまして
ありがとうございます。彼には縁もゆかりもない
銀座の地で、のむのむさんの目に留まるとは奇跡。

私は未食ですが、蒸しごはんは得意らしいですよ。
いま一生懸命でなくって、いつやるんだ!という
激励もしつつ、とまれ、店主になりかわりまして、
御礼申し上げます。m(_ _)m

投稿: T.JACK | 2011年3月30日 17:49

のむのむさん、こんばんは!
そしていつものように拝見してビックリ。。。
私も本日伺いました。
13時過ぎに入りましたが、もしかしてカウンター端に
いた方・・・?時間的に違うかな。
しかも同じもの食べました(^^)
小鉢や香のものまで丁寧な作りが分かるお料理でした。
パンナコッタも好み。
私は写真が赤く光が上手く入らなくてブログは断念。
(たまに暗くないのになります。鮨石島さんなんかもそうで・・・)写真掲載はまだのようなので楽しみにしていますね!

投稿: とも | 2011年3月30日 22:16

●T.JACKさん
早速伺ってしまいました(笑)

大変な時期の開店で、食材の調達や客の出足など
難しいことも多いでしょうけれど、
乗り越えてほしいですね。
また、伺います。

投稿: のむのむ | 2011年3月31日 09:16

●ともさん
さすがにチェックが早いですね~
煮付けとも迷ったんですけど、
こちらが看板っぽかったので、こちらにしてみましたが、
その辺りで悩んだのも一緒でしょうか?(笑)
昭和通りの向うは、若くてやる気のある方が開店される店が続いて
実に楽しみなエリアですよね。

ちなみに、13時には職場に戻ってましたよ~。

投稿: のむのむ | 2011年3月31日 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/51254608

この記事へのトラックバック一覧です: いしだや あったか春菜御飯 (東銀座):

« チョウベトナム フエ風ピリ辛ビーフン (銀座) | トップページ | 菊亭 牡蠣の天ぷら定食 (丸の内) »