« 王朝 サンラータンメンセット (銀座) | トップページ | あろいなたべた 鶏バジル炒め飯 (有楽町) »

2011年4月12日

チョウシ屋 ハムカツサンド (東銀座)

20110412
行列は苦手だが、チョウシ屋の行列は嫌いではない。それは、一つには、何を注文するかという大問題を解決する時間稼ぎ。もう一つは、大の大人が子供みたいに、ちょっとそわそわしながら並んでいるのが、くすぐったく、どことなく幸せだからだ。

昭和通りの1本築地側の通り沿い、オレンジ色の看板が目印のチョウシ屋。創業は昭和2年、初めてジャガイモと挽肉のコロッケを作ったそうで、『元祖コロッケ』を名乗る。

手書きの品書きには、コロッケ、メンチカツ、ハムカツにとんカツ。それに、コッペパンか食パンに挟んでくれるサンドウィッチ。人気はコロッケサンド。コロッケを2つ挟んだダブルコロッケサンド(390円)なんていう強気なサンドもあり、これがまた旨いのだ。

コロッケか、はたまたハムカツか。コッペか、それとも食パンか。待っている間に、考えは二転三転。結局、ハムカツを食パンに挟んでもらった(250円)。

懐かしい包装紙に包れたハムカツサンドは、包装紙越しに温かさを伝えて、持って職場に戻る間も、小さな幸せは続く。

包みを解いて、やおら手に持ちバクリと喰ると、ふかっと柔らかい食感に続いて、サクっと軽やかな音。噛み締めると2枚重ねのハムやソースがじわりと存在感を増して、ムフフと頬が緩む。

どれだけ美味しいレストランが増えようと、こういう旨さを求める人はきっと絶えない。

【お店情報】
チョウシ屋 銀座3-11-6 地図 

【今日のおまけ】
日東コーナーで、通常メニューのほか、がんばれ日本応援メニューと銘打って、ひき肉の野菜カレーを500円、スープを150円で提供中。

|

« 王朝 サンラータンメンセット (銀座) | トップページ | あろいなたべた 鶏バジル炒め飯 (有楽町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/51369499

この記事へのトラックバック一覧です: チョウシ屋 ハムカツサンド (東銀座):

« 王朝 サンラータンメンセット (銀座) | トップページ | あろいなたべた 鶏バジル炒め飯 (有楽町) »