« KOKO 手作りサンドイッチ (丸の内) | トップページ | グルガオン 本日のカレーとチーズクルチャ (銀座) »

2011年4月24日

ばんや  (八戸)

13_2
長き間焦がれし店は、聞きしに勝る名酒場

1

繁華街の交差点には、少々不釣り合いな木造の一軒家。八戸は何度か訪ねた街。訪ねる度にここに来るのだが、さすがの繁盛店。入店することが儘ならず、木造家屋を撫でつつ何時かは思っていた店だ。

3_2 
今回は口開けを狙って訪ねたが、縄暖簾が下がって1分も経たずに数組。自分もL字のカウンターに陣取る。店名のとおり「番屋」風の天井から吊下がった魚や野菜の干物や、漁に使うガラス玉を利した照明。その灯は仄か。ぼんやりと浮かぶカウンターや梁は色佳い艶を見せ、何とも居心地がいい。ちびりと飲りつつ、壁と品書きを眺めるだけでも、満たされる心地だ。

7
お通しの蟹味噌の和え物を嘗めつつ、

5
カウンターにずらりと並んだ肴の大鉢に心が躍る。季節の山菜や肉魚を使った郷土料理も多く、どれも酒に合いそうで目移りする。

10_2

じんわりと脂が染み出るみがき鰊に

8_2
馬刺し、冒頭の立派なつぶ貝煮。噛みしめる程に風味が増し、そこへ温い酒を流し込むと、ほおうと幸せな息が漏れる。どれも見た目は素朴だが、味わいは滋味深く端整。酒は青森の地の酒はもちろん、全国各地の銘酒を扱うが、この日頂いた普通の燗酒の素晴らしいこと。

丁度連休の最中。自分のように遠方からの客も多く、もう一つの看板のご主人と話せる機会はなかったが、斜から漏れ聞こえる会話や立ち振る舞いは大層柔らかく穏やか。ご主人との会話も、楽しみの一つというのも納得だ。北東北へ来たならば、都合を遣り繰りして是非訪ねなければならぬ店。

東北新幹線が、4月29日に全面復旧。弘前の桜を始め、青森の春はこれからが酣。旅の予習には、ぜひこちらをご参考に。

【お店情報】
ばんや 八戸市朔日町4 地図

|

« KOKO 手作りサンドイッチ (丸の内) | トップページ | グルガオン 本日のカレーとチーズクルチャ (銀座) »

コメント

ああ、ばんや。
結局外から縄暖簾を眺めただけになってたので、八戸ではまず真っ先に行きたいお店でっす。
いいなぁ。

投稿: まさぴ。 | 2011年4月28日 20:35

●まさぴ。さん
ようやく念願叶いました。
狙っていかないと、八戸に行っても、暖簾やら外壁やらを見るだけに
なっちゃうんですよねぇ...
今回行ってみて、確かに遠方からも人が来ることに納得しました。
次回の八戸行きの折には是非に。

投稿: のむのむ | 2011年4月29日 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/51481408

この記事へのトラックバック一覧です: ばんや  (八戸):

« KOKO 手作りサンドイッチ (丸の内) | トップページ | グルガオン 本日のカレーとチーズクルチャ (銀座) »