« 三州屋 アナゴフライ定食 (銀座) | トップページ | 菊川 おさかな御膳 (銀座) »

2011年8月 8日

ル・シャボテ 鱸のムニエル ハジリコソース (銀座)

2011080801
軽く早く美味しいものと、出かけた「ルシャボテ」。3種類あるランチの中、一番軽いAランチ(1,000円)は、日替わりの魚or肉のメインに、パンと食後のドリンクがつくもの。今日は鱸のムニエルor三元豚の肩ロースの黒胡椒が用意。

注文をしてすぐに運ばれてくるパンとオリーブオイル。割ると湯気が立つバゲットは、粉の香りの豊かで、メインの料理が待ち遠しくなる。

バジリコソースとあるが、ブールブランの上にバジリコソースを敷いたもので、淡白で身に旨みと香りの好いアクセント。色鮮やかな付け合せの野菜も、いつも楽しみなものだ。食後はコーヒーor紅茶。

201108082

Aランチの他には、サラダorスープがつくBランチ(1,500円)、前菜、スープ、デザートまでのCランチ(2,700円)。メインの料理もAランチとは異なり、そそられるものも多い。

店名の「Le Chat Botte」とは、長靴を履いた猫の意。鉄のゲートで囲まれている外装のため入りにくい感もあるが、中は可愛らしくカジュアル。一人でふらりと気軽に入れるのがありがたい。

【お店情報】
Le Chat Botee(ル・シャボテ) 銀座1-15-8 耀ビル1F ぐるなび

【今日のつぶやき】
お知らせ欄(ブログ左上)にて、「東日本大地震被災者支援 チャリティーコンサート」のお知らせをしております。支援・音楽・シャンパン・牡蠣にご興味のある方、ぜひリンク先をご覧下さい。

|

« 三州屋 アナゴフライ定食 (銀座) | トップページ | 菊川 おさかな御膳 (銀座) »

コメント

ずいぶん昔になりますが、コリドー街の端に
「ル・シャボテ」というお店がありました。
1丁目のお店には行った事ないんですが、
雰囲気似てるな~って!
こちらのお店もおいしそうですね
今度いってみます・・・

投稿: なー | 2011年8月 9日 14:06

●なーさん
ビンゴです!!
コリドー街のお店は清月堂の系列だったと思いますが、
当時の料理長が独立する際に店の名前を譲り受けて、
開いた店が一丁目の「ル・シャボテ」なんだそうです。
ぜひ、どうぞ!

投稿: のむのむ | 2011年8月10日 00:43

えっ!ホントに!!
そうなんだ~懐かしい
うちの事務所が6丁目のその前の8丁目に(現在4丁目)あったとき良くいきました(どんだけ昔…?)
よく淀川長治さんとか小森のおばゃまとか
映画関係者が集っていました~
まだ若かった私(!)には華やかな世界でした
ではではぜひとも行かなくては
教えていただきありがとうございました♪

投稿: なー | 2011年8月10日 11:47

●なーさん
私は古い「ル・シャボテ」には、行ったことがなくて...
羨ましい~
ワインの揃えも中々らしいですよー♪

投稿: のむのむ | 2011年8月10日 22:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/52423841

この記事へのトラックバック一覧です: ル・シャボテ 鱸のムニエル ハジリコソース (銀座):

« 三州屋 アナゴフライ定食 (銀座) | トップページ | 菊川 おさかな御膳 (銀座) »