« 百百川 麦とろと焼き魚定食 (銀座) | トップページ | 三州屋 金目鯛煮付けとライス (銀座) »

2011年9月 4日

オーベルジュ アンドラ モンターニュ (南魚沼)  その2

201109046

至福をたらふく

『至福をたらふく』とはよく云ったもので、一皿ごと作り出される料理をゆっくり頂き、ワイングラスを傾け語らい、その上帰る心配がないという、幸せに満ちた時間を過ごすことができる、オーベルジュ、アンドラ モンターニュ。今回は、二日目の夜の料理と、ワインを楽しみたい方へのおすすめを。(一日目はこちら

201109041
アミューズ:夏野菜のプロヴァンス風と能生のノドグロを生で

201109042
グランド アンショヤード

色々な野菜のポワレをアンチョビを使ったソース「アンショヤードソース」で。ポテトやズッキーニ、オレンジ色の人参など見慣れた野菜から、黒い人参やコールラビという、カブのような見た目のキャベツの仲間の野菜まで。それぞれの野菜の豊かな味わいと、それを引き立てる塩気は、まさにいい塩梅。

201109043
能生漁港のノドグロのポワレ

付け合わせは小松菜と胡瓜。舌に乗せると、皮目の芳しさに続いて、蕩ける上品で上質な脂。

201109044
大沢の極上コシヒカリのおかゆ

魚沼の中でもとりわけ旨い米ができるといわれる大沢地区の、通常流通していない極上のコシヒカリ。この日は、先のノドグロを出汁にした贅沢なおかゆ仕立てで。

201109045
阿倍仙人のカボチャで作った冷たいスープ

先日ご紹介した仙人作のカボチャのスープというから黄色いものを想像していたら、美しい鶸色。

201109047
フォアグラと桃のコンビネーション

相性の良さはテッパン、口溶けの様も似た心地好い組み合わせ。

201109048
長崎産 和牛サーロインのロティ

201109049

あんずを使ったクーヘン

甘さ控えめのシュトロイゼルクーヘン。混ぜ込まれたあんずは7年かけて作られたものだそう。

2011090410

アンドラの地下室には、ワインが貯蔵されていて、本当に「所狭し」。オーストリアワイン大使でもあるため、オーストリアワインも多いが、渋谷でシェフをしている頃から買い集めているため、地域は限らず、古いもの、今では手に入らないものも。

食事一皿毎に相性のいいワインを出してくれるプラン(ワイン込み:一泊21,000円)もあるが、おすすめは、合うものをボトルでお願いすること。グラスで提供するには限界があって、1本単位でお願いするほうが、ちょっといいワインや古いワイン、面白いワインなど、出てくるワインの幅が大幅に変わってくるのは当然のこと。大体、1本7000円~10,000円くらいだが、他で飲むと2倍で済むかなぁと思うこともしばしば。ちなみに、お酒が飲めない方向けに、お茶と料理とのマリアージュを楽しむプランもあるので、飲めない方と一緒に愉しむことも。

兎に角、自分にとっては至福の楽園。今から次に訪ねるのが、楽しみで仕方がない。

【お店情報】
AUBERGE-ANDRA-MONTAGNE 南魚沼市宮野下1191-1 

|

« 百百川 麦とろと焼き魚定食 (銀座) | トップページ | 三州屋 金目鯛煮付けとライス (銀座) »

コメント

わー、ステキ♪
どれもこれもとっても美味しそうね。
お野菜もバランスよく食べられそうでかなり気になるわ♪
そして何よりもこのおかゆ、絶対食べたい!(笑)
いつか機会を作って訪れなければ☆

投稿: あな | 2011年9月 6日 13:00

●あなちゃん
ここねー、野菜が美味しいのよ。
元気で濃くて、体調が悪いと負けそうなくらい(苦笑)
ほーんとオススメなので、是非行ってみてー!

投稿: のむのむ | 2011年9月 7日 09:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/52645563

この記事へのトラックバック一覧です: オーベルジュ アンドラ モンターニュ (南魚沼)  その2:

« 百百川 麦とろと焼き魚定食 (銀座) | トップページ | 三州屋 金目鯛煮付けとライス (銀座) »