« ビア ヌォーバ ロンド スパテゲィランチ (銀座) | トップページ | グランドセントラルオイスターバー&レストラン 牡蠣フライ (丸の内) »

2011年10月30日

ジムトンプソンズム (銀座) ~マッコリセミナー~

2011103015
このところ、TVでよく見かけるマッコリのCM。自分としては、マッコリといえば、韓国料理に焼肉、そして「ヤカン」のイメージが強かっただけに、どことなく違和感を感じていたというのが正直なところ。

そんな折、サントリーさんから戴いたのが「マッコリセミナー」の案内。そのセミナーの場所は、銀座マロニエゲート、洗練されたタイ料理の印象のある「ジムトンプソンズ」。それを聞いただけでも、その違和感の謎が解けるヒントがありそうな気がするというものだ。

201110301

マッコリは、日本酒と同じように米を主原料とする酒だが、酸味と甘み、それに、どろりとした粘性のあるイメージが強い。そうして出来た原酒に、水や甘味料・酸味料を加えて、殺菌せず発酵されたまま市場に出すのが、生マッコリ。発酵由来の炭酸が効いた爽快な味わいが身上。ただ、「生き物」なだけに賞味期限が1週間程と短いのが難点。一方、日本で主に流通しているのが、殺菌マッコリ。賞味期間は長いが、殺菌しているために炭酸はなし。

そこで紹介されたのが「ソウルマッコリ」。これは、殺菌マッコリながらも、生マッコリのような爽やかな炭酸感がウリなのだそう。他社のマッコリと比べてみると、その味わいの差は明確。炭酸による爽やかさとキレの良さ、そして仄かな甘さ。どろりとしたイメージの元である小麦粉を混ぜず、米と麹だけを使っているだけに、さらりとした飲み心地。なるほど、これなら確かに、「ヤカン」よりも、チャン・グンソクがいるバーの設定が、間違いのないプレゼンテーションなんだ。

201110304_2
そんな「ソウルマッコリ」と合わせるのは、スープ・メイン・食事ものが選べるセレクトディーナーコース(4,800円)。前菜は、ソーフードと焼きナスのスパイシーサラダ、鶏ひき肉のクリスピー揚げ、スモークサーモンとマンゴーの生春巻。見た目とても洗練されているが、辛味はしっかりあって、そこにシュワっとした爽快感。なるほど、なるほど。

20111030_5   
温前菜は、空芯菜と川海老のガーリックチリソース炒め。

2011103013 201110307

ソウルマッコリが面白いと思ったところは、何かと割っても美味しいところ。ジムトンプソンズには、カシス、グレープフルーツ、マンゴー、ジンジャー、クランベリー、パイナップル、ライチの7種類のカクテルが用意。例えば、グレープフルーツなら、ソウルマッコリの仄甘さを生かしつつ、柑橘系の爽やかさが加わって、爽快で飲みやすいカクテル。

右は、ジムシンプトンズでは、「裏メニュー」のビールマッコリ。よく行く居酒屋にメニューとしてあるため、知ってはいたが、正直どうなの?と思っていたもの。でも、そんな心配は全く無用。ソウルマッコリが爽快で飲みやすいだけに、違和感は全くない。

201110308
スープは2種類からの選択。選んだのは、「有頭海老のトムヤムスープ」。思ったより辛味も穏やかで、苦手な方でも美味しく頂けそうだ。

2011103010
メインは、4種類の中から、ソフトシェルクラブと玉子のカレー炒め。

2011103011_2
ご飯ものは、若鶏のグリーンカレー。一つ一つは、控えめなポーションだが、これだけ食べると、お腹も一杯。

デザートは、ココナッツアイス入りタピオカミルク。食後のドリンク付き。定番どころを押さえながらも、自分が食べたいものが選べる使い勝手のいいコースという印象。辛いもの、辛くないものの両方が選択肢に入っているので、得意な人も、そうでない人と一緒でも受け入れられそうなところも良い。

マッコリは、想像していたよりも、ずっと幅広い愉しみ方があるような気がしてきた今日此の頃。というわけで、暫く、こんな料理とは?こんな飲み方は?という提案のあるお店をご紹介していきます。

【お店情報】
JIM THOMPSON’S Table Thailand (ジムトンプソンズテーブルタイランド) 銀座2-2-14 マロニエゲート10F  ぐるなび 

|

« ビア ヌォーバ ロンド スパテゲィランチ (銀座) | トップページ | グランドセントラルオイスターバー&レストラン 牡蠣フライ (丸の内) »

コメント

マッコリとトムヤム!思わず喉が鳴りました。。

投稿: hiball555 | 2011年11月 1日 11:14

●hiball555さん
初めての組み合わせでしたが、想像以上に合うんです!
置いてくれる店が増えるといいなぁー

投稿: のむのむ | 2011年11月 2日 09:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/53124088

この記事へのトラックバック一覧です: ジムトンプソンズム (銀座) ~マッコリセミナー~:

« ビア ヌォーバ ロンド スパテゲィランチ (銀座) | トップページ | グランドセントラルオイスターバー&レストラン 牡蠣フライ (丸の内) »