« トラジカウンター 牛タンシチュー定食 (銀座) | トップページ | 鳥金 (東伏見) »

2012年1月13日

菊亭 牡蠣の天ぷら定食 (丸の内)

20120113_2
フライにグラタン、つゆそば、蕎麦、ご飯ものと、今シーズンもいろんな牡蠣料理を頂いてきたけれど、天麩羅は未だだったと、菊亭で牡蠣の天ぷら定食(1,200円)。

こちらで使われる牡蠣は、広島は地御前沖の大粒のもの。弾けんばかりの身振りは、薄黄色の衣を纏っていても隠せないほどグラマラス。堪らず口にすると、まるで慌てないでと窘められるように、じゅっとエキスが迸る。

薬味は、定番の天つゆの他、淡路島の藻塩や黄身酢ソースや黄身酢ソース。「薬味が足りなければおっしゃって下さいね」というさり気ない気遣いも嬉しい。創業は昭和26年。現在はTOKIAの中にあるが、場所を変えつつもずっと丸の内で営んできた天麩羅屋。忙しい中でも客の言動を逃さないさすがの安定感。この地で長らく営業しているのも成程と思わせる。

【お店情報】
菊亭 丸の内2-7-3 東京ビル TOKIA B1 地図

|

« トラジカウンター 牛タンシチュー定食 (銀座) | トップページ | 鳥金 (東伏見) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/53726070

この記事へのトラックバック一覧です: 菊亭 牡蠣の天ぷら定食 (丸の内):

« トラジカウンター 牛タンシチュー定食 (銀座) | トップページ | 鳥金 (東伏見) »