« 星福 白身魚の沙茶醤炒め (銀座) | トップページ | 福よし (気仙沼) の近況と店主からのメッセージ »

2012年5月 2日

キッチン大正軒 スコッチエッグと海老フライ (有楽町)

Dsc07561003
なぜだか無性に食べたくなったのは、スコッチエッグ。そんなときは「キッチン大正軒」だ。ここは、巣鴨の精肉店が発祥の洋食店。交通会館のB1に店を構えたのは昭和38年。それを表すように外は昭和の雰囲気であるし、手狭なカウンター中心の店だが、清潔で女性客も多い。

目当てのスコッチエッグは、エビフライとのセットで950円。スコッチエッグは、パックリと真っ二つに割られた上に、たっぷりとソースをかけてお目見え。

サックリしっかり揚がった衣の中には、ふかふかの挽肉に玉子。色目は濃いながらスッキリとした旨みのあるソースを纏ったところを頬張ると、食べ進むほどに緩む頬。ご飯が進む正しい日本の洋食だ。エビフライも尻尾までさっくりと。写真には写っていないが、から揚げに、ナポリタン付き。洋食店らしいメニューの勢ぞろいでお腹いっぱいだ。

目の前にある自分のもので十分幸せだが、隣の人が食べる人気メニュー「生姜焼とポテトコロッケとアジフライ」の「サクッ」という音にやられて、隣の芝もまた青い。定番のセットメニューも多いが、穴子フライなど日替わりのセットもあり、いつになったら制覇できるだろうかと悩みはつきない。

【お店情報】
キッチン大正軒 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

|

« 星福 白身魚の沙茶醤炒め (銀座) | トップページ | 福よし (気仙沼) の近況と店主からのメッセージ »

コメント

おー 
食べごたえがありそうなスコッチエッグですね
たしかに生姜焼や穴子フライも誘惑ビームが強そう

ところでスコッチエッグって大衆的な洋食屋では見かけますが
高級な洋食店になると姿を消しますよね
なんでだろ?

投稿: ぶひ | 2012年5月 2日 23:36

●ぶひさん
ほんと、いろいろ誘惑されるものが多い魅惑のお店なんですよね~

スコッチエッグって、もともとは軽食的なメニューじゃなかったでしたっけ?
だから高級店にはないという予想。どうだろう?

投稿: のむのむ | 2012年5月 5日 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/54612435

この記事へのトラックバック一覧です: キッチン大正軒 スコッチエッグと海老フライ (有楽町):

« 星福 白身魚の沙茶醤炒め (銀座) | トップページ | 福よし (気仙沼) の近況と店主からのメッセージ »