« 三州屋 アジ叩き定食 (銀座) | トップページ | TOKYO Mar Mare(マルマーレ) (八重洲) »

2012年8月19日

弐ノ十 (都立家政)

Dsc07925002_2
無性に味噌だれのやきとんが食べたくなった土曜日の午後。そんなとき、真っ先に思い浮かぶのは「秋元屋」だが、云わずと知れた超人気店。開店当時に比べて店が広くなったとはいえ、土曜日とあっては、恐らく満席に近いはず。そんなときは、増えている「秋元屋」で修業した方が開いた店を訪ねるに限る。この日訪ねたのは、都立家政の「弐ノ十」。キリリとした女性店主が切り盛りする店だ。


店の近くに到着したのが開店に少しばかり早い時間。ちょっとばかり時間を潰すかと思いつつ、なんとなく店へと向かう角を見遣ると、既に提灯には灯り。勢い込んで店に近づけば、ご常連らしい先客が一人。しかもホッピーは半分空いている。

Dsc07919001
こちらも負けずにおれまいと、早速、黒ホッピーにポテトサラダ。


Dsc07921001
やきとんは、かしら、しろ、れば、はつなど、その多くが100円。その値段も然ることながら、嬉しいのはその重量感。がぶりと齧り付くと、脂とピリっとした辛味が滲み出た味噌ダレのコクと香り。そこに、黒ホッピーをグイっと流し込むと、はぁ~、しあわせ。

Dsc07924001

味噌以外に「タレ」や「塩」も、串によればおすすめ。例えばタンなら、葱たっぷりの塩が旨い。

Dsc07933001
そして、煮込みと、中まで味の染みた豆腐煮は、溢れんばかりにたっぷりと。

Dsc07936001

揚げものもあれば、もつ系の刺身あり、一品料理もあり。この日はジャンボシュウマイを所望。蒸したてアツアツ、むっちりしたシュウマイを、何杯目かの黒ホッピーで流して。

Dsc07920001
威勢良くキリリと切り盛りするが、そこかしこに滲む女性らしい丁寧さや心配りが、またうれし。

少し気持ち良くなって外に出ても、まだ陽が沈む前。昼間の暑さは残っているけれども、出てきた風が心地よくて、もう一軒どっか寄ろうかなんて思いながら歩く帰り道。この時間がまた幸せなんだ。

【お店情報】
弐ノ十(にのじゅう) 中野区鷺宮3-6-2  地図

|

« 三州屋 アジ叩き定食 (銀座) | トップページ | TOKYO Mar Mare(マルマーレ) (八重洲) »

コメント

やきとん屋で
シュウマイが売りな店って多いのですか?

吉田類の酒場放浪記の
オープニングのお店
いせや(でしたっけ?)吉祥寺の
あそこもそうみたいですけどー

しゅうまい好きなので
気になりますですぅ

投稿: ほぴほる | 2012年8月19日 19:32

●ほぴほるさん
そういえば、いせやさんにも焼売ありますねー
今まで考えたことありませんでしたけど
何か理由があるんでしょうかねぇ

私も焼売好きですぅ

投稿: のむのむ | 2012年8月20日 08:02

のむのむさん,味噌ダレと聞いては,やきとんモード全快になってしまいました.

しょうがないので,蕨の喜よしに寄って帰ることにしますw

投稿: nobi | 2012年8月20日 11:48

●nobiさん
味噌だれのヤキトンって一度想像すると、無性に食べたくなりますよね!
でも、結局他所へ行かれたようでw

投稿: のむのむ | 2012年8月21日 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/55458691

この記事へのトラックバック一覧です: 弐ノ十 (都立家政):

« 三州屋 アジ叩き定食 (銀座) | トップページ | TOKYO Mar Mare(マルマーレ) (八重洲) »