« 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り (銀座) | トップページ | サンムーン 牡蠣のスンドゥブチゲ (銀座) »

2013年1月20日

BISTRO ANDRA・ビストロアンドラ (渋谷)

R0011681001
満を持してのアンドラの源流。渋谷アンドラでアンドラモンターニュの再開を祈念。

毎年年末訪ねるほどに大好きな、南魚沼のオーベルジュ『アンドラ・モンターニュ』。そのオーナーである塩田光治さんが、元々料理を作っていたのが、この渋谷ビストロアンドラ。今もお兄さんの市治さんが守る店だ。場所は、渋谷区役所のすぐ近く。渋谷が苦手な自分だが、喧々した場所から少し離れた場所。横道を入ったビルの3Fに上ってしまえば、そんな喧噪を忘れてしまう。

R0011670001_2
出だしは、ランタンルージュでも見かけた代金がそのままモンターニュへの義援金になる梅酒(500円)。傍らには、お通しの具をたっぷりと混ぜ込んだミニオムレツ。片手にしたメニューには、前菜的なものから、モンターニュと同じく新潟は能生からとっている魚を使った料理、どっしりとした肉料理が並ぶ。キッチンの中には戸田シェフ一人。その日お願いする分を一度にお願いするのが、スムーズに食事を進めるためのコツだそうだ。

R0011674001_2
最初に運ばれてきたのは、その日入った鮮魚の刺身。刺身といっても、カルパッチョ的な仕上げのもの。むっちりっとした身に、マスタードの辛味とヴィネガーの酸味がほどよく効いたソース。たっぷりと添えた野菜が、目にも口にも嬉しい。

R0011679001
アンドラの定番といえば、健牡蠣。広島は地御前、川崎健さんが育てる牡蠣だ。この日の牡蠣メニューは、生、シャンパン蒸しと、以前モンターニュで頂いた牡蠣とイチゴの焦がしサラダの3種類。他のメニューとの取り合わせを考えて、選んだのはシャンパン蒸し。
隙間から覗く牡蠣の姿と漏れる香りが、誘うこと、誘うこと。

R0011682001
だけれども、中の美味しい汁を溢さないように、そぅっと丁寧に自分の皿に取り分けて。殻を外すと、もう堪らん。

聞けば、今年の牡蠣は生育がやや遅いそうだ。もう少しすれば、シャンパンを入れる隙間がなく、シャンパン蒸しができなくなるほどに身が肥えてくるのだそうだ。大きい牡蠣も食べたいが、シャンパン蒸しも捨てがたい。ううん、実に悩ましい。ちなみに、健牡蠣は5月中旬まで楽しめるそうだ。

R0011684001
玉ねぎのキッシュは、玉子料理というよりは、玉ねぎの蒸し焼きのような、玉ねぎの甘味を凝縮させた一品。ワインのお伴にぴったりでニッコリ。

R0011689001
続いて、テッドドフロマージュに

R0011705001
見るからに健康的な野菜がてんこ盛りの焼き野菜の盛り合わせ。添えられたアンショヤードの芳しい香りと塩気が、また食欲と飲み心を誘うんだ。

R0011711001
最後に、トリッパの煮込み。この日はメイン的な料理をお願いしなかったが、この季節ならではの鹿や、たっぷりとした鴨のコンフィなども。もちろん、アンドラの定番「フォアグラのサンドイッチ」も健在。

グループで、またはカウンターがあるため一人二人でも。時間を気にせず、のんびりとたっぷりと楽しむにぴったり。コンサートの後などにもおすすめだ。

【お知らせ】
渋谷アンドラにて、来月10日、アンドラ・モンターニュの塩田ご夫妻を励ます会が行われます(詳細はこちら)。また、モンターニュに関する情報は、Facebookページ(Facebookに登録されていない方もご覧頂けます)でも発信されていますので、ぜひご覧ください。

|

« 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り (銀座) | トップページ | サンムーン 牡蠣のスンドゥブチゲ (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/56583734

この記事へのトラックバック一覧です: BISTRO ANDRA・ビストロアンドラ (渋谷):

« 漢城軒 純豆腐チゲ・大盛り (銀座) | トップページ | サンムーン 牡蠣のスンドゥブチゲ (銀座) »