« 凰鳴春 激辛酸辛湯麺 (銀座) | トップページ | 茶房野の花 七草粥 (銀座) »

2013年1月 6日

ひで (西荻窪)

8230060998_3d955079dc_b003
昨年の終わりに出会った、今年通いたい店。

西荻窪の駅の南口を出てある店に向かうつもりだったが、通りを1本間違えてしまったらしく、目指した店が見当たらない。「あぁ、1本間違えたな」。今いる通りを突き抜けて、目指した道へ入ろうかと思ったが、先ほど通りすがりにちらりと目に入った店が、何だか気になる。店はビルの2階。少し急な階段を上がって、そこにあったのは、素っ気なくかなり重そうな扉。一瞬躊躇ったけれども、自分のカンを信じてエイッと押し開けると、温かい光と女性店員さんの柔らかい笑顔が迎えてくれた。

8230061336_815881ccfc_b001
折しも時期は、忘年会シーズンの走り。テーブルは満席で、カウンターも半分ほど埋まった状態。気持ちのいい活況と賑わいに、先ほどまでの不安は、あっという間にどこかへ行ってしまった。ほっとしたところに届いたお通しは、魚で作ったつみれ。ほわほわと淡い口どけと、出汁の香りに、今日はここで腰を落ち着けようと決意する。

8230059620_31afe04f71_b001_2
カウンターの目の前の黒板には、ずらりと書き記された品書き。刺身には産地が記されていたり、季節ものが豊富だったり。さらには、烏賊ならば、刺身・納豆和え・わた和え、青魚ならば、たたき・なめろう、〆鯖なら、普通のと炙りと、そのラインアップは実に悩ましい。ここはひとつとお願いした好物の「〆鯖」は、こんなにも艶めかしく、自分とを蕩けさせる。

日本酒は、地酒として、田酒、伯楽星、神亀、獺祭などよいところが10種類ほどと中々に魅力的。だが何より気に入ったのは、普通の日本酒としてラインアップされているのが豊盃ということ。しかも2合売りで950円。量を飲む自分には嬉しすぎる。

8230058494_d7a705801d_b001
野菜ものをと「小松菜とじゃこのおひたし」を頼んだところ、両手いっぱいの鉢にたっぷりと。

R0011351003_2
別の日に伺ったときに頂いた「おでん」も、一人ならば、これだけでも十分に飲める量。けれども、薄口の出汁の旨みを生かしたおでんは、燗酒とともにぺろりとなくなってしまった。

R0011355001
もちろん、たっぷりしたものばかりではない。ある日に頂いた「いかのわたあえ」は、刺身と腸を注文が入ってから和えたもの。臭みがないのは云うまでもなく、鮮度の良さを感じる食感と、舌に絡みつく烏賊のうま味に腸のコクが、酒をすすませる。

8228992273_568a366922_b001
またある日に、「もう少しだけ何か食べたいんですけど」と相談して出して頂いたのは、「梅チーズディップ」。困ったときに、ぴったりと嵌る助け舟を出してくれると、ついついもう一杯となってしまうんだ。

あの出汁を思うと鍋も旨そうだとか、焼いたり煮たりした魚も食べてみたいとか、想像は膨らむばかり。存分に食べ十分に飲んで、3,000円前後というのも嬉しいところ。思いがけない好い出会い。自分の運とカンも捨てたもんじゃない。

【お店情報】
炙りと旬菜 旨い酒 ひで 西荻南3-10-9 NSツインビル2F 地図

|

« 凰鳴春 激辛酸辛湯麺 (銀座) | トップページ | 茶房野の花 七草粥 (銀座) »

コメント

はじめまして!

これは衝撃的な。。 いや美味しそうな写真ですね。。

日本酒に合いそうです

投稿: いちろん | 2013年1月 6日 22:01

のむのむさま

明けましておめでとうございます。

うー。艶めかしすぎる〆鯖です。
最近めっきり日本酒LOVEになってしまったので
こういう日本酒がすすむ君系のアテはもう目の毒です。
お写真を拝見しながら呑めそうな勢いです(えええ(笑))

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: みゅうさ | 2013年1月 6日 23:44

●いちろん様
はじめまして。コメントありがとうございます!
もちろん、日本酒との相性もばっちり。
衝撃的な美味しさです(笑)

投稿: のむのむ | 2013年1月 7日 07:06

●みゅうささん
明けましておめでとうございます。
日本酒ラヴとは、なんと素敵な!!
いやいや~、写真でも飲めますよ(本気で/笑)
実物なら、見て飲んで、香りで呑んで、食べて飲んでと忙しいですよね(笑)
こちらこそ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: のむのむ | 2013年1月 7日 07:12

のむのむ様

はじめまして
いつも楽しみに拝見しています
我が家の近所で長いこと気になっていたお店を
ご紹介いただいてありがとうございます
早速行ってみたいです

投稿: hanachan | 2013年1月 7日 15:46

●hanachanさま
初めまして。ご覧下さっているとのこと、ありがとうございます。
ご近所にお住まいなんですね。
お近くなんだろうなと見受けられる方が、
たくさんいらっしゃってました。
地元の方に愛されているお店なんでしょうね。
それにしても、西荻はいいお店の宝庫ですね。うらやましいです!

投稿: のむのむ | 2013年1月 8日 07:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/56481646

この記事へのトラックバック一覧です: ひで (西荻窪):

« 凰鳴春 激辛酸辛湯麺 (銀座) | トップページ | 茶房野の花 七草粥 (銀座) »