« バルピノーロ 小海老と茸のペンネグラタン (銀座) | トップページ | 京橋テラス 極粗挽きハンバーグランチ (京橋) »

2013年2月20日

豚児 かきフライ丼 (東銀座)

R0012105003
昨日読んでいた本の中に「丼」と「重」の器の違いについての件があって、それで思い出したのが豚児。豚児の丼メニューは、丼ではなく蓋付きの重で提供されているから。

そんなわけで、今日出向きお願いしたのは、冬季限定のかきフライ丼(700円)。パカッと蓋を空けると、湯気と玉子で綴じられたかきフライがお目見え。時節柄の大ぶりの牡蠣は、玉子で綴じて丁度いい塩梅に火が入ってぷっくりと。しんなりと頼りなくなった衣も正しい丼スタイルで、汁が染みたご飯も旨いこと。

何故、重に入っているのに丼なのだろうとずっと疑問に思っていたが、40年程前に書かれた件の本に、『昔の親子丼は大きな青と赤の模様の大きな丼に入っていて、今日のような重箱ではなかった...』 (「酒肴酒」吉田健一:光文社 219頁) とあることを考えると、丼が重に入って出てくることが普通だった時代があって、今もその様にしているのかもしれない。

豚児は、今日もおとうさんが一人切り盛り。豚児丼にかき玉子丼、シュウマイライスと、気になるものがありすぎるから、どうぞ元気で長く続けて下さい。

【お店情報】
豚児 銀座3-12-14 地図

|

« バルピノーロ 小海老と茸のペンネグラタン (銀座) | トップページ | 京橋テラス 極粗挽きハンバーグランチ (京橋) »

コメント

のむのむさん こんにちは♪
豚児さんって隣が肉屋の弁当屋さんっぽいお店ですよね。営業中でも扉を開けにくいような雰囲気を感じてしまって店名が美味しそうなので行ってみたいものの勇気が出ません(^_^;)
こちらのお店は隣の弁当屋と繋がってるのですか??弁当屋の評判はすごく良いみたいですよね。向かいのオロの上の美容師さんが量も味もで満足できるって推してました。
かきフライ丼って珍しいですね(゚▽゚*)

投稿: かおり | 2013年2月21日 09:20

●かおりさん
そうです!かなーり入りにくいオーラ出しまくりの店です。
中は、すごく昭和なお店で、あったかいお店ですが
おしゃれ女子はまず来ません(笑)

お隣のお弁当屋さんとは関係ないと思いますよ。
ちなみに、アジフライ丼なんてのもありまーす。

投稿: のむのむ | 2013年2月22日 07:19

店内が覗けないんですよね。昭和なお店惹かれます。
勇気が出たときに入ってみようかと思います。
アジフライ丼ってかなりレアですねー。

投稿: かおり | 2013年2月22日 09:13

●かおりさん
古くて質素ですが、手入れはされています。
店内の雰囲気は、食べログをご覧になるとよく分かると思います。
本当に女性のお客さんはいらっしゃらないので
おとうさん&お客さんは驚かれるかと思いますが
張り切って、料理してくれると思いますよ(笑)

投稿: のむのむ | 2013年2月24日 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/56804466

この記事へのトラックバック一覧です: 豚児 かきフライ丼 (東銀座):

« バルピノーロ 小海老と茸のペンネグラタン (銀座) | トップページ | 京橋テラス 極粗挽きハンバーグランチ (京橋) »