« Tw ginza ビーフシチュー (銀座) | トップページ | 千里浜 刺身定食 (銀座) »

2013年3月14日

小や満 軍鶏すき鍋 (東銀座)

R0012294004
このところの陽気に慣れた体には沁みる肌寒さに、温かいものが欲しくなる。鍋なんてどうだろうと思い浮かんだのは、小や満。歌舞伎座裏の路地に建つ軍鶏鍋屋だ。過日、昼に暖簾が出ていないことがあり気が気でなかったが、此の頃は営っているようで、ホッとしていたところだ。

昼には、軍鶏すき鍋や鶏玉とじ、もつがあれば軍鶏もつ鍋が定番どころ。今日は、「鴨サラダ」なんていうメニューがあり大層惹かれたが、「今日は鍋」と軍鶏すき鍋(900円)をお願い。

先客はなく、ラジオと調理をする音だけが耳に届く。こういう状況が気まずい店もあるが、ご主人の無駄のない動き、古いが整頓された店を眺めるのも佳い時間。

サラダと漬物が届き、旨い香りのするご飯と味噌汁が揃うと、そろそろ待ちかねの鍋が届く頃合い。軍鶏に豆腐、こんにゃく、葱に最後に落とした軍鶏の玉子。噛むほどに旨みが湧く軍鶏とやや濃口の味付け。だけれども尖りはなく、半熟に黄身に潜らせると、さらに丸みを帯びる。それは年を経て得たであろう店の丸みにも似て。

派手ではないが丁寧な造りのすき鍋。大量生産の顔の見えない商品や店が増えるばかりの昨今、永く続いて欲しいと願わずには居られない。

【お店情報】
小や満 銀座3-12-9 このあたり

*続きを読むでは、気になっていたVomeroの2軒隣に出来た店の話を。

Vomeroの2軒隣に出来たトリュフ専門店「Muccini」。少し時間があったため、ちょっと覗いてみた。店内は、暫くいるだけでも自分がいい香りになりそうな程のトリュフの香り。それだけでも、楽しめる非日常感。

左側に並ぶ棚には、トリュフのオイル漬けを始め、オイル、バター、ディップ、ソースなど、イタリアはマルケ州から直輸入のトリュフを使った加工品が並ぶ。「これは、こんな風にも使えますよ」なんていう話を伺っていると、料理好きとしては、あれやこれやと想像が広がって、実に楽しい。

また、カウンターでは、ランチやディナーの提供もあり。夜も昼も料理の値段は同じで、ランチタイムにはワインがサービスされるとのこと。パニーニ(1,500円くらい)、パスタ(2,500円くらい)、リゾット等。時間と財布にゆとりがあれば、是非頂いてみたいところだ。

【お店情報】
Muccini Itaria 銀座3-12-7 Facebook

|

« Tw ginza ビーフシチュー (銀座) | トップページ | 千里浜 刺身定食 (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/56953100

この記事へのトラックバック一覧です: 小や満 軍鶏すき鍋 (東銀座):

« Tw ginza ビーフシチュー (銀座) | トップページ | 千里浜 刺身定食 (銀座) »