« 岩戸 豚汁定食 (銀座) | トップページ | ぶーみんVinum 京橋 ロールキャベツ (京橋) »

2013年6月 2日

ROMAN・ロマン (八王子)

R0012785001
西へ向かった先には、懐かしくも贅沢な玉子サンド。

玉子サンドが好きなのは、恐らく、母が玉子サンドが好きで、よく作ってくれていたからだと思う。それも、ゆで卵を潰して、マヨネーズで和えたものではなく、粗くかき混ぜて焼いたスクランブルエッグとオムレツの間のような玉子をマヨネーズでザックリ和えたものを挟んだやつだ。

だから、アメリカンのようなゆで卵を挟んだ玉子サンドも大好きだが、焼いたタイプの玉子サンドには格別の想いがある。

そんなわけで、焼いたタイプの玉子サンドがあるならば、ぜひとも食べてみたいと、この日向かったのは八王子。ROMANというジャズバーの玉子サンドが、焼きたてで厚みもたっぷりの玉子を挟んでくれると聞いてのことだ。

ROMANは、本当は、40年近く継ぎ足してタレで煮たカツを挟んだ煮カツサンドが有名な店。伺ったランチタイムのメニューも、煮カツサンドを主軸で、玉子サンドは、煮カツサンドと玉子サンドのハーフ&ハーフでの提供のみ。けれども、玉子サンドに浸りたくて、「全部玉子サンドってお願いできますか?」と聞いてみれば、「大丈夫ですよ」と美人の奥様がニッコリ。コーヒー等のドリンクがセットで850円だ。

R0012786002_2
現れたのは、パンよりも倍ほどの厚みのある玉子が挟まれた玉子サンドが6切れ。柔らかそうな様子に、そぉっと手に取ると、パンを通しても感じる焼きたてらしい温かさ。徐に口にすると、しっとりとしたパンに続いて、それよりも少し食感のある玉子。トロトロの半熟ではなく、とはいえ火を通し過ぎず、柔らかさと食感が共存する。パンには、バターではなくマヨネーズというところも、母が作ってくれたサンドイッチを思い起こさせる。玉子の熱で淡く立つ香りと酸味なんて、記憶と瓜二つだ。

懐かしさたっぷりだけれども、ずっと贅沢なハレの玉子サンドに魅了。実は八王子に降り立ったのは今回が初めて。けれども、この玉子サンドに会うために、出向く機会が増えそうだ。

【お店情報】
Jazz Bar ROMAN
 八王子市万町20-1 地下1F ぐるなび 

|

« 岩戸 豚汁定食 (銀座) | トップページ | ぶーみんVinum 京橋 ロールキャベツ (京橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/57510862

この記事へのトラックバック一覧です: ROMAN・ロマン (八王子):

« 岩戸 豚汁定食 (銀座) | トップページ | ぶーみんVinum 京橋 ロールキャベツ (京橋) »