« セントル ザ・ベーカリー たまごサンドイッチ (銀座) | トップページ | タベルナ グスタヴィーノ 海の幸のトマトソース (銀座) »

2013年7月15日

Bistroぺるしぃ (東銀座)

R0013039001
6月中旬のぺるしぃ。今年にしては珍しく雨が続いた日だったけれども、それを吹き飛ばしてくれる初夏らしい爽やかさと瑞々しさ。

R0013026004
5皿で構成されるお馴染みのコースは、いつものとおり、ペーストの盛り合わせから。この日は、定番の茄子に、空豆、信州サーモンのリエットの盛り合わせ。特に印象的だったのは、口にすると、ホクホクとした様を思わせる空豆の香り。見た目は地味だが、口に活き活きとして鮮やか。

R0013031001
色鮮やかな2皿目の主役は、シェフ手作りの生ハム。厚切りに切り出されているけれども、舌に纏いつくような滑らかさ。塩気も柔らかく、いくらでも食べられそう。この生ハムを知ってから、これしか食べられないという方もいらっしゃるのも納得の逸品。青トマトや、ミズ、熊本のトマトなど、周りを彩る野菜たちも、引けを取らない存在感。

R0013034001
珍しく3皿目で肉料理。北海道の黒毛和牛のローストビーフと、ミートローフ。誘われるような薔薇色のローストビーフは、しなやかさに加えて、肉の旨さ。そしてグレイービー。熊本産のとうもろこし等、手でむしゃりむしゃりとやったりしてもいいところが素敵。
ナイフ&フォークよりも、その魅力が存分に伝わると思うんだ。

R0013045001
さて、次はどうするんだろうと思っていたら、青森の雲丹を使ったクリームパスタ。びっくりするほどの雲丹のフレッシュさ、透明感に、聞いてみれば、ミョウバンも、塩水も使っていないフレッシュな瓶詰が出来たんですよとの事らしい。
ぺるしぃの面白いところは、日本中のまだ知られていないのコレっというのを出てくるところ。

R0013049001
最後の5皿めは、レモン入りのチーズケーキと、山形のさくらんぼと、最後まで季節感と爽快感。
毎月訪ねても、何度訪れても、いつも新鮮な出会いのあるぺるしぃ。必ず美味しいものに出会える安心感とワクワク感に、また訪ねたくなるのだ。

【お店情報】
Bistroぺるしぃ 銀座3-11-8 第6丸嘉ビル1F 地図

|

« セントル ザ・ベーカリー たまごサンドイッチ (銀座) | トップページ | タベルナ グスタヴィーノ 海の幸のトマトソース (銀座) »

コメント

惹かれますね。美味しそう。
夜ひとりでもOKな感じでしょうか?
夫が月に10日くらいは出張でいないのです(笑)

投稿: にゃおにゃん | 2013年7月17日 11:52

●にゃおにゃんさん
お一人様、少ないですがいらっしゃいますよ!
私はいつもおまかせ5皿ですが、カルトでも大丈夫。
気軽な店なので、いろいろ相談されてみてもよろしいかと思います。

投稿: のむのむ | 2013年7月18日 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/57801046

この記事へのトラックバック一覧です: Bistroぺるしぃ (東銀座):

« セントル ザ・ベーカリー たまごサンドイッチ (銀座) | トップページ | タベルナ グスタヴィーノ 海の幸のトマトソース (銀座) »